オフショア開発とは?すぐ役に立つIT用語辞典

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとオフショア開発

  • 海外でソフトウェアを開発
  • コスト削減と効率向上
  • コミュニケーションが重要

オフショア開発(Offshore development)= 海外の開発

オフショア開発とは海外で開発を行うことです。

オフショア開発とは

オフショア開発とは海外でソフトウェア開発を行うこと。 なぜならば人件費の削減や時間差を利用した24時間開発が可能になるからだ。

例えば、日本企業がインドやフィリピンのエンジニアを活用することが多い。 そして、オフショア開発を成功させるには適切なコミュニケーションが必要だ。

つまり、グローバルな視野で事業を行いたい企業には選択肢の一つと言える。 だから、オフショア開発は今後もますます重要性を増していくであろう。

使用する職種

  1. プロジェクトマネージャー
    オフショア開発は、コスト削減やリソース活用の一環である。なぜなら、開発を海外のチームに任せることで、人件費を削減し、24時間開発が可能になるからだ。例えば、日本昼間の業務時間と海外の業務時間をうまく組み合わせることで、プロジェクトをスムーズに進行させられる。

  2. ソフトウェアエンジニア
    オフショア開発は、自身のスキルをグローバルに活用できる機会である。なぜなら、多様な背景を持つチームメイトとの共同作業は、新たな視点を得る機会になるからだ。例えば、異なる開発手法やアプローチを学ぶことで、自身のスキルをさらに磨くことができる。

  3. ビジネスオーナー
    オフショア開発は、ビジネスの成長とスケーラビリティを実現する手段である。なぜなら、開発リソースを増やすことなく、大規模なプロジェクトを効率的に進められるからだ。例えば、新しいアプリの開発を始める時に、オフショアチームを活用すれば時間とコストを節約できる。

最近は日本人の方が給料安くなってきたので、コスト削減が目的では使われなくなってます。

有名な企業や製品、サービス

Infosys

Infosysは、世界的なITコンサルティングとオフショア開発のリーダーである。なぜなら、その実績と大規模な開発チームが認知されているからだ。例えば、多くのフォーチュン500企業がInfosysと提携している。

Wipro

Wiproは、オフショア開発の分野で広く認識されている企業である。なぜなら、彼らはクライアントのビジネス成長をサポートする高品質のソリューションを提供しているからだ。例えば、カスタムソフトウェア開発とアプリケーションのテストに強みを持っている。

Jack Ma

Jack Maは、オフショア開発の成功例として知られる人物である。なぜなら、彼が創設したAlibaba Groupは、オフショア開発の戦略を活用して世界的な企業に成長したからだ。例えば、彼のビジネスモデルは、技術のグローバル化と資源の最適な利用の素晴らしい例となっている。

大まかな手順

  1. ニーズの確認
    開発ニーズを明確にすることが最初の一歩だ。なぜなら、明確なニーズは適切なオフショアパートナーを選ぶ基盤を提供するからだ。例えば、開発する製品の種類や必要なスキルセット、予算などを特定する。

  2. パートナー選択
    適切なパートナーを選ぶことが重要だ。なぜなら、パートナーの選択はプロジェクトの成功を大きく左右するからだ。例えば、信頼性、経験、技術能力、コストなどを基にパートナーを選ぶ。

  3. 契約
    契約を詳細に作ることが重要だ。なぜなら、予期せぬ問題を避けるためには明確な契約が必要だからだ。例えば、開発スケジュール、費用、品質保証などを明記する。

  4. コミュニケーション
    コミュニケーションを確立することが大切だ。なぜなら、適切なコミュニケーションはプロジェクトを円滑に進行させるために必要だからだ。例えば、定期的な進捗報告やミーティングを設ける。

  5. 進捗管理
    プロジェクトの進捗を継続的に監視することが必要だ。なぜなら、予期せぬ問題に迅速に対応し、プロジェクトをコントロールするためだ。例えば、進捗報告をもとにパートナーとフィードバックを交換する。

類似語

グローバルアウトソーシング

グローバルアウトソーシングは、オフショア開発の類似語である。なぜなら、どちらも海外のリソースを活用して業務を行うという共通点があるからだ。例えば、開発作業を海外のチームに依頼すること。

リモート開発

リモート開発は、オフショア開発の類似語である。なぜなら、どちらも地理的な制約を超えて開発を行うという共通点があるからだ。例えば、遠隔地から共同作業を行うこと。

ニアショア開発

ニアショア開発は、オフショア開発の一種であり、これもまた地理的な制約を超えて開発を行う点で共通する。しかし、ニアショア開発の特徴は、開発リソースを同じ地域内、あるいは文化的・時間的な差が少ない場所に配置することにある。例えば、アメリカの企業がカナダやメキシコといった近隣国の開発リソースを活用するケースが該当する。

反対語

オンショア開発

オンショア開発は、オフショア開発の反対語である。なぜなら、開発リソースを自国内に配置することを指すからだ。例えば、アメリカの企業が自国内の開発者を用いる場合は、オンショア開発となる。

インハウス開発

インハウス開発は、オフショア開発の反対語である。なぜなら、自社の内部チームが開発を担当することを指すからだ。例えば、製品の企画から開発、運用まで全てを自社のチームが担当する場合は、インハウス開発となる。

ローカル開発

ローカル開発は、オフショア開発の反対語である。なぜなら、開発リソースを自社の地元や地域に限定することを指すからだ。例えば、特定の地域でしか見つからない特殊な技術や知識を必要とする場合は、ローカル開発が必要になる。

会話の例文

ビジネス会議

Q.「私たちは新しいプロジェクトをスタートさせようとしていますが、リソースが足りないようです。オフショア開発はどうでしょうか?」
A.「オフショア開発はコストを抑えて高度な専門スキルを持つ開発者を確保できる優れた手法です。ただし、時間帯や文化の違いによるコミュニケーションの問題を事前に考慮する必要があります。」

エンジニアとの面談

Q.「私のスキルセットはオフショア開発に適していますか?」
A.「もちろん、あなたの専門技術は非常に価値があります。また、オフショア開発では、異なる文化や価値観を理解し、効果的にコミュニケーションを取る能力も重要となります。」

顧客とのミーティング

Q.「私たちのプロジェクトはオフショア開発を使用していますが、これが品質に影響を及ぼすことはありますか?」
A.「品質管理はオフショア開発において重要な要素です。私たちは定期的に進捗を確認し、適切な品質が保たれていることを確認しています。」

使用時の注意点

オフショア開発を使用する時の注意点はコミュニケーションの管理である。 なぜならば時間帯や言語、文化の違いから生じる誤解がプロジェクトを遅延させる原因になることがあるからだ。

例えば、明確なコミュニケーションガイドラインがないと、プロジェクトの進行が混乱し、期限を守ることができないかもしれない。 そして、定期的な進捗報告やフィードバックのセッションを設けることが重要だ。

だからオフショア開発では、適切なプロジェクト管理とコミュニケーションのスキルが求められます。

コスト削減は重要ですが、下げすぎるとそれなりのレベルのエンジニアが担当になります。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました