コンバージョンAPIとは?メタからの新しい広告戦略

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • メタが提供する新たな広告効果計測ツール
  • Cookieに依存しないプライバシーに配慮した仕組み
  • 広告主のサーバーからメタの広告サーバーへ直接データを送信

コンバージョンAPIは、メタが提供するプライバシーを守りつつ、広告効果を計測するためのツールです。

概要説明

コンバージョンAPIは、Facebook運営元のメタが提供する広告効果計測ツールである。 なぜならば、従来はCookieを使ってデータを収集していたが、プライバシー保護の観点から世界的に規制が強まったからだ。

例えば、このAPIを使用すれば、広告主自身のサーバーからメタの広告サーバーへ直接データを送信することができる。 そして、Cookieの制限の影響を受けずに広告効果を測定できる。

つまり、プライバシー保護と効果測定を両立した新しいツールである。 だから、新たな広告戦略の一つとして注目を集めている。

職業職種

デジタルマーケティングマネージャー

コンバージョンAPIは、広告効果の測定ツールである。なぜなら、直接的な効果測定が可能だからだ。例えば、広告によるWebサイトの訪問者数や購入者数を把握するのに役立つ。

データアナリスト

コンバージョンAPIは、データ取得の新たな手段である。なぜなら、広告主自身のサーバーから直接データを送信することができるからだ。例えば、より正確なデータ分析が可能になる。

プライバシー担当者

コンバージョンAPIは、プライバシー保護の新しい取り組みである。なぜなら、Cookieに依存しない仕組みだからだ。例えば、個人情報保護の観点から見ても安心して使用できる。

コンバージョンAPIは、名前の由来は英語の”Conversion”(コンバージョン、つまり「変換」や「転換」)と”API”(Application Programming Interface、アプリケーションプログラミングインターフェース)からきています。

代表例

メタ・プラットフォームズ

メタ・プラットフォームズは、コンバージョンAPIの提供者だ。なぜなら、Facebookの親会社として、彼らは広告効果を正確に計測する手段を開発したからだ。例えば、広告主のサーバーからメタの広告サーバーへデータを送信する方法を導入した。

類似語

広告効果測定ツール

広告効果測定ツールは、コンバージョンAPIと同じだ。なぜなら、どちらも広告の効果を評価するために使われるからだ。例えば、どちらも広告がユーザーにどれだけ影響を与えたかを知るための方法を提供する。

反対語

コンバージョンAPIと反対の意味を持つ言葉は存在しません。

会話例

  1. 広告会社での打ち合わせ
    Q.「コンバージョンAPIはどう使うの?」
    A.「それは広告効果を正確に計測するためのツールだよ。メタ・プラットフォームズのWebサイトから取得できるんだ。」

注意点

コンバージョンAPIを使う時の注意点は、正確なデータの収集だ。なぜならば、間違ったデータが集まると広告効果の測定がずれるからだ。

例えば、ユーザーの行動を正確に記録する必要がある。そして、不要なデータは排除する。だから、データの品質を保つことが重要だ。

コンバージョンAPIとクリックスルー率の違いを理解しましょう。コンバージョンAPIは広告の全体的な効果を計測するためのツールで、クリックスルー率は広告がクリックされた回数を計測する指標です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました