Cookieとは?ウェブブラウザとの関係

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • ウェブサイトのユーザー体験を向上
  • ユーザーの情報を記憶
  • セッション管理を可能に

インターネット利用者の情報をウェブブラウザに記録する機能です。

概要説明

Cookieとはウェブブラウザが利用者の情報を記録する手段である。 なぜならばユーザーの訪問履歴や入力データなどを保存できるからだ。

例えば、ショッピングサイトでユーザーのカート情報を保持することが可能である。 そして、その情報はサイトが次回訪問時にユーザーを識別するのに役立つ。

つまり、Cookieはユーザー体験の改善とサイトの利便性向上に寄与する。 だから、Cookieの理解と管理はウェブ利用者にとって重要なスキルと言える。

職業職種

ウェブデベロッパー

Cookieは、ウェブサイトのユーザーエクスペリエンス向上に役立つ。なぜなら、ユーザーの情報を保存して個別化したサービスを提供できるからだ。例えば、ログイン情報の保持やショッピングカートの管理など。

マーケティング担当者

Cookieは、ターゲット広告に不可欠である。なぜなら、ユーザーの行動や興味を追跡し、それに基づいた広告を表示することが可能だからだ。例えば、ユーザーが以前に訪れたウェブサイトや閲覧した商品に関連した広告を表示する。

ユーザー

Cookieは、ウェブブラウジング体験を向上させる。なぜなら、個々の利用者の設定や選択を記憶して次回の訪問時に快適にブラウジングできるようにするからだ。例えば、言語設定の保存やログイン情報の保持など。

Cookieは、名前の由来は”Magic Cookie”という用語からきています。これは古くからのコンピュータの専門用語で、コンピュータ間でやりとりされる情報の小さなパケットを指しています。

代表例

Google

Googleは、Cookieの活用においてパイオニアである。なぜなら、GoogleはCookieを使ってユーザーの行動を追跡し、その情報を元に関連性の高い広告を表示する。

Amazon

Amazonは、Cookieを使ってユーザーのショッピング体験をパーソナライズしている。なぜなら、ユーザーが閲覧した商品や購入履歴を記録し、それに基づいて関連商品を提案する。

Lou Montulli

Lou Montulliは、Cookieの生みの親として知られている。なぜなら、彼は1990年代初頭にNetscape Communicationsで働いていたときに、Cookieを開発した。

手順例

ブラウザを開く

ブラウザを開く。ブラウザは、インターネットを見るための窓だ。なぜなら、これがないとウェブサイトを見ることができないから。例えばChromeやSafari。

サイトにアクセス

ウェブサイトにアクセスする。ウェブサイトは、情報を共有する場所だ。なぜなら、ここで人々が情報を見たり、商品を買ったりするから。例えばAmazonやYahoo。

Cookieを許可

Cookieを許可する。Cookieは、ウェブサイトがユーザーの行動を記録するための小さなデータだ。なぜなら、これによりウェブサイトはユーザーの興味や行動を覚えて次回の訪問をスムーズにするから。例えばログイン情報の記録。

サイトを閲覧

ウェブサイトを閲覧する。閲覧は、ウェブサイト上の情報を読み、ビデオを見るなどの行為だ。なぜなら、これがウェブサイトの目的だから。例えばニュースを読む。

ログアウト

ログアウトする。ログアウトは、自分のアカウントから退出する行為だ。なぜなら、これにより他人による不正アクセスを防ぐことができるから。例えばオンラインショッピングサイトからのログアウト。

類似語

HTTPクッキー

HTTPクッキーは、Cookieの一種だ。なぜなら、HTTPクッキーもウェブサイトがユーザーの行動を記録するためのものだから。例えばログイン情報や閲覧履歴。

セッションクッキー

セッションクッキーは、Cookieの一種だ。なぜなら、セッションクッキーもウェブサイトの操作を追跡する役割があるから。例えばカートに追加した商品の情報。

パーシステントクッキー

パーシステントクッキーは、Cookieの一種だ。なぜなら、これはユーザーがウェブサイトを離れた後も情報を保存し続けるから。例えばログイン情報の保存。

反対語

セッションストレージ

セッションストレージは、Cookieの反対語と言える。なぜなら、セッションストレージはウェブサイトを閉じると情報が消えるから。例えば一時的なデータの保存。

ローカルストレージ

ローカルストレージは、Cookieの反対語と言える。なぜなら、ローカルストレージは容量が大きく、情報が永続的に保存されるから。例えば大量のデータの保存。

キャッシュ

キャッシュは、Cookieの反対語と言える。なぜなら、キャッシュはウェブサイトのロード時間を短縮するためのもので、ユーザーの行動を追跡する目的はないから。例えば画像やスタイルシートの一時保存。

会話例

ショッピングサイトでの購入

Q.「私のカートに入れた商品が次回も表示されるのはなぜ?」
A.「それはCookieによるものだよ。君の行動を記録して、次回の訪問を便利にするんだ。」

オンラインゲームでの進行状況

Q.「なぜゲームの進行状況が保存されているの?」
A.「それもCookieのおかげだよ。君がどこまで進んだかを記録して、次回からその地点から始めることができるんだ。」

ログイン情報の自動入力

Q.「ログイン情報が自動的に入力されるのはなぜ?」
A.「それはCookieが君のログイン情報を覚えているからだよ。それにより君は毎回ログイン情報を入力する手間を省くことができるんだ。」

注意点

Cookieを使用する時の注意点はプライバシー保護だ。 なぜならばCookieはユーザーの行動を追跡するからだ。 例えばどのページを見たか、どの商品をクリックしたかといった情報が記録される。

そして、それらの情報が第三者に利用されることもある。

だから、必要な場合以外ではCookieの使用を避け、ウェブサイトがどのようにCookieを使用しているかを確認することが大切だ。

Cookieとキャッシュの違いは、Cookieはユーザーの行動を記録して、次回の訪問を便利にするためのものだが、キャッシュはウェブサイトのロード時間を短縮するためのものです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました