キャッシュとは?あなたのブラウジングを高速化する仕組み

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • データ一時保存
  • 表示の高速化
  • 再訪問の効率化

キャッシュとはデータの一時保存で再表示を高速化する機能です。

概要説明

キャッシュとはデータの一時保存である。 なぜならばデータを早く表示するためだ。

例えばWebページを訪れるとき、すでに訪れたことがあるページは素早く表示する。

そしてデータの再表示が高速化される。 つまり閲覧の効率が上がる。 だからキャッシュは重要な機能だ。

職業・職種

Web開発者

キャッシュは、ウェブサイトのパフォーマンス向上に必要だ。なぜなら、キャッシュがないと毎回すべてのデータを読み込むため時間がかかるからだ。例えば、同じ画像を毎回読み込むのではなく、一度読み込んだ画像を再利用する。

ユーザー

キャッシュは、ウェブサイトやアプリの快適な使用に必要だ。なぜなら、キャッシュがあることでページの読み込みが早くなるからだ。例えば、よく訪れるウェブページはすぐに表示される。

システム管理者

キャッシュは、サーバーの負荷軽減に必要だ。なぜなら、キャッシュにより一部のデータがクライアント側で処理されるため、サーバーの負荷が軽減するからだ。例えば、頻繁にアクセスされるデータをキャッシュすることで、サーバーへの同じ要求を減らす。

「キャッシュ(cache)」という言葉はフランス語の「cacher」に由来しており、その意味は「隠す」です。

企業・製品

Google

Googleは、キャッシュの大手ユーザーである。なぜなら、Google検索結果にはキャッシュされたページへのリンクが含まれるからだ。例えば、元のページが削除されても、Googleのキャッシュから閲覧できる。

Apple

Appleは、iOSデバイスのSafariブラウザでキャッシュを活用している。なぜなら、キャッシュによりデータ使用量を節約し、閲覧速度を向上させるからだ。例えば、同じWebページを再訪問するとき、すでにダウンロードしたデータはキャッシュから読み込まれる。

Cloudflare

Cloudflareは、ウェブパフォーマンスとセキュリティを向上させるためにキャッシュを使用する。なぜなら、彼らのCDNサービスは、世界中のデータセンターにコンテンツをキャッシュすることで、ユーザーに近い場所からコンテンツを提供するからだ。例えば、ユーザーがWebページを訪問すると、最も近いデータセンターからコンテンツが提供される。

手順例

キャッシュの理解

キャッシュは一時的な保存スペースである。なぜなら、再度情報を取得する時間を節約するため。例えば、ウェブブラウザのキャッシュ。

キャッシュの有効化

キャッシュはシステム設定やアプリケーション設定で有効化することができる。なぜなら、それらはキャッシュを管理するため。例えば、ブラウザの設定メニューでキャッシュをクリアする。

キャッシュの管理

キャッシュは定期的にクリアすることが必要である。なぜなら、古いまたは不要なデータが溜まり、パフォーマンスを低下させる可能性があるから。例えば、ブラウザのキャッシュを定期的にクリアする。

キャッシュのデバッグ

キャッシュは問題を引き起こす可能性がある。なぜなら、古いまたは誤ったデータが読み込まれることがあるから。例えば、更新後にページが正しく表示されない場合、キャッシュのクリアが有効。

キャッシュの適切な利用

キャッシュは適切に利用することが重要である。なぜなら、正しく管理されていないキャッシュはパフォーマンスを低下させる可能性があるから。例えば、不要なキャッシュデータを定期的に削除する。

類似語

バッファ

バッファは、キャッシュと似ている。なぜなら、両方ともデータを一時的に保存するためのものだからだ。例えば、ストリーミングビデオのバッファリング。

一時保存

一時保存は、キャッシュの概念に似ている。なぜなら、両方ともデータを一時的に保存するという機能を持っているからだ。例えば、文書作成中の自動保存機能。

プロビジョニング

プロビジョニングは、キャッシュと似ている部分がある。なぜなら、両方とも必要なリソースを素早く提供することを目的としているからだ。例えば、クラウドコンピューティングにおけるリソースプロビジョニング。

反対語

直接読み込み

直接読み込みは、キャッシュの反対概念である。なぜなら、キャッシュではデータを一時的に保存するが、直接読み込みでは毎回ソースからデータを取得するからだ。例えば、ストリーミングサービスで直接映像を読み込む場合。

永続保存

永続保存は、キャッシュとは反対の概念である。なぜなら、キャッシュは一時的な保存であるのに対し、永続保存はデータを恒久的に保存することを意味するからだ。例えば、ハードドライブへのデータの保存。

リアルタイム処理

リアルタイム処理は、キャッシュとは異なる概念である。なぜなら、リアルタイム処理では即座に最新のデータを処理し、一方キャッシュでは前回取得したデータを利用するからだ。例えば、リアルタイムの株価分析。

会話例

ウェブブラウジングの速度向上

Q.「ウェブページの読み込みが遅いのはなぜ?」
A.「それはキャッシュが不足しているかもしれません。キャッシュをクリアし、再度試してみてください。」

アプリケーションのパフォーマンス

Q.「このアプリがとても遅い。何が問題?」
A.「一部のアプリはキャッシュを使用して高速化します。アプリのキャッシュをクリアすると改善するかもしれません。」

データの保存と保護

Q.「私の情報がどこかに保存されているの?」
A.「はい、情報はしばしばキャッシュとして保存されます。これにより、ウェブサイトやアプリケーションは迅速に動作します。」

注意点

キャッシュを使用する時の注意点はデータの古さである。 なぜならばキャッシュはある瞬間のデータを保存するだけだからだ。

例えば、昨日の天気予報が今日もキャッシュとして残っている可能性がある。 そして、それが原因で間違った情報を取得することがある。

だからキャッシュを適切に管理することが重要である。

キャッシュとクッキーの違いは、キャッシュはウェブページのコンテンツをユーザーのコンピュータに一時保存し、クッキーはユーザーのブラウジング情報や設定をウェブサイトに保存します。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました