サーバーロードバランシングとは?負荷分散の効果を理解する

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 均等に負荷を分散する機能
  • 多くのリクエストに対応するための工夫
  • サーバのパフォーマンスを向上させる手段

サーバーロードバランシングとはリクエストの負荷分散です。

概要説明

サーバーロードバランシングとは、一つのシステムに対する多数のリクエストをうまく分散することである。なぜならば、サーバにかかる負荷を均等に分けることで、システム全体の性能や処理速度が劣化するのを防ぐからだ。

例えば大手のオンラインショップなどでは、特売日などに急激にアクセス数が増えるが、このような状況でもサーバーロードバランシングを行うことで安定したサービスを提供できる。そしてこの分散方法には静的分散方式と動的分散方式がある。

つまり、負荷状況に応じて最適な分散方法を選ぶことができる。だから、サーバーロードバランシングはサービスの安定性と品質を保つための重要な手段なのだ。

職業職種

システムエンジニア

サーバーロードバランシングは、システムのパフォーマンスを保つための手段である。なぜなら、システムが複数のリクエストに対応できるように負荷を均等に分散するからだ。例えば、負荷が高い時間帯でもユーザーに対するレスポンスの遅延を防ぐことができる。

Webデザイナー

サーバーロードバランシングは、Webサイトのパフォーマンスを向上させる道具である。なぜなら、サーバがリクエストに対応できるように負荷を分散し、サイトの快適な閲覧体験を維持するからだ。例えば、セールなどで急にアクセス数が増えた場合でも、サイトのレスポンス速度を一定に保つことができる。

ネットワークエンジニア

サーバーロードバランシングは、ネットワークの安定性を保つための必需品である。なぜなら、大量のリクエストを均等にサーバーに分散することで、ネットワークの過負荷を防ぐからだ。例えば、大規模なネットワークにおいては、負荷分散なしにはサービスを提供し続けることが困難になる。

サーバーロードバランシングは、英語でサーバーの負荷(=Load)をバランス(=Balancing)するという意味から来ています。

代表例

Google Cloud

Google Cloudは、優れたサーバーロードバランシングサービスを提供している。その理由は、大規模なクラウドインフラストラクチャを所有し、多数のリクエストを効率よく分散できるからだ。具体的には、全世界のユーザーからのリクエストを適切なサーバーに振り分けている。

Amazon Web Services (AWS)

AWSもロードバランシングの一環として、Elastic Load Balancing (ELB)を提供している。その特徴は、自動的にリソーススケールアップ・ダウンし、安定性と堅牢性を保証することができるからだ。例えば、大量のトラフィックがある際も、ELBがスムーズに負荷を分散させる。

F5 Networks

F5 Networksは、高性能なハードウェアベースのロードバランサを提供している。その特色は、物理的な装置による高速なパフォーマンスと安全性を確保できること。例えば、Big IPという製品は、複雑なトラフィックを効率的に分散させる機能を持っている。

手順例

ロードバランサの選定

適切なロードバランサを選定する。この選択は、ニーズに基づく。たとえば、トラフィック量が多い場合は、高パフォーマンスなロードバランサを選ぶ。

ロードバランサの設置

ロードバランサをネットワーク上に設置する。その配置は、クライアントとサーバ間の中間地点に置くことが一般的。

サーバの登録

ロードバランサに各サーバの情報を登録する。この情報により、ロードバランサがどのサーバにトラフィックを送るかを決定。

アルゴリズムの設定

ロードバランサの振り分けるアルゴリズムを設定する。選択肢は「ラウンドロビン」や「最小ブロック数」などがある。

テストと監視

設定したロードバランサの動作をテストし、適切に負荷分散が行われているかを監視する。問題があれば、設定を調整。

類似語

負荷分散

負荷分散は、サーバーロードバランシングと同義で、多数のリクエストやデータを複数のサーバーに分散させることを指す。たとえば、一つのサーバーだけでなく、複数のサーバーを使って、負荷を軽減する。

トラフィック管理

トラフィック管理も、サーバーロードバランシングに似ている。インターネット上のデータの流れを制御し、ユーザーに快適なサービスを提供することが目的。たとえば、ピーク時でもスムーズなサービスを提供するために、トラフィックを適切に制御する。

リソース最適化

リソース最適化は、サーバーロードバランシングの結果を達成するための一つの手段。システムのリソース(CPU、メモリ、ディスクスペースなど)を最大限に利用することを指す。例えば、負荷の多いサーバーから空いているサーバーへリクエストを移動し、全体のパフォーマンスを向上させる。

反対語

負荷集中

負荷集中は、ロードバランシングの反対。なぜなら、全ての負荷が一か所に集まってしまうからだ。例えば、一台のサーバーがすべてのアクセスを処理する場合。

ボトルネック

ボトルネックもロードバランシングの反対の状態。なぜなら、一部のリソースが過負荷になりシステム全体のパフォーマンスが低下するからだ。例えば、一部の部分が他の部分よりも負荷が高い場合。

非効率化

非効率化は、ロードバランシングの反対の状態。なぜなら、リソースが均等に使用されず、一部のリソースが過負荷となるからだ。例えば、負荷が集中し、一部のリソースが使用されていない場合。

会話例

友人との会話

「サーバーロードバランシングって何?」
「サーバーやネットワークの負荷を均等に分散することだよ。全部一つの場所に負荷がかかるとシステムが遅くなるからね。」

仕事中の会話

「なぜ我々のシステムはサーバーロードバランシングが必要なの?」
「それは、ユーザーが増えると一つのサーバーだけでは処理しきれなくなるからさ。ロードバランシングすることで負荷を分散させて、システム全体の速度を保つんだ。」

学校の授業中

「ラウンドロビンとは何?」
「それはサーバーロードバランシングの方法の一つで、各サーバーに順番にタスクを割り振ることだよ。」

注意点

サーバーロードバランシングを行う時の注意点はリソースの利用状況を把握すること。なぜならば、負荷が均等に分散されているかを確認するためだからだ。

例えば、一部のサーバーが過負荷になっていないかを確認すること。そして、適切なアルゴリズムを選択することも重要。

だから、ラウンドロビンや最小ブロック数など、各アルゴリズムの特性を理解することが必要だ。

サーバーロードバランシングとスケールアウトのは、間違えやすいので注意しましょう。サーバーロードバランシングは負荷を均等に分散することで、スケールアウトはシステムの処理能力を増やすために新たなサーバを追加することです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました