リーセンシーとは?マーケティングで知っておくべき接触時間

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとリーセンシー

  • 最新の接触時間
  • RFM分析の一部
  • 広告戦略の鍵

リーセンシーとは、顧客の最新の接触時間です。

概要説明

リーセンシーとは最新の接触時間である。なぜならば、顧客が最後に商品やサービスに触れた時間を知ることで、その顧客が今後どれくらい買い物をするかが予測できるからだ。

例えば、最後に買い物をしたのが1週間前なら、その顧客はまだ興味を持っている可能性が高い。そして、この情報はRFM分析の一部として使われる。

つまり、顧客の購買傾向を理解するための重要な指標である。だから、広告戦略においても非常に重要。

RFN分析

RFM分析は、顧客の購買行動を理解するための手法で、”Recency(リーセンシー)”、”Frequency(フリークエンシー)”、”Monetary(マネタリー)”の頭文字を取ったもの。リーセンシーは最新の購入日、フリークエンシーは購入回数、マネタリーは購入金額を指す。これらのデータを分析することで、どの顧客が最も価値があるのか、どの顧客にマーケティングリソースを集中すべきかが明確になる。

職業職種

マーケティングマネージャー

リーセンシーは、広告戦略の設計で使う。なぜなら、顧客の最新の接触時間を知ることで、どの顧客に焦点を当てるべきかがわかるからだ。例えば、新しいキャンペーンのターゲット設定。

データアナリスト

リーセンシーは、顧客分析で使う。なぜなら、顧客の購買傾向や行動を理解するための一つの指標となるからだ。例えば、RFM分析でのデータ解析。

広告プランナー

リーセンシーは、広告の効果測定で使う。なぜなら、どの広告がいつ、どれだけ効果があったのかを評価するための一つの基準となるからだ。例えば、広告のROI計算。

リーセンシーは、名前の由来は英語の”Recency”から来ています。”Recency”は「最近性」や「新しさ」といった意味を持ちます。

リーセンシーの代表例

Netflix

Netflixは、リーセンシーで有名である。なぜなら、視聴履歴や最後に見た時間を元におすすめのコンテンツを表示するからだ。例えば、「続きから見る」機能。

Amazon

Amazonは、リーセンシーで名高い存在である。なぜなら、最後に購入した商品や閲覧した商品に基づいておすすめ商品を表示するからだ。例えば、「最近チェックした商品」セクション。

Spotify

Spotifyは、リーセンシーで世間に知られている。なぜなら、最後に聴いた曲やプレイリストを元に次に聴くべき曲を提案するからだ。例えば、「デイリーミックス」。

手順例

以下は、リーセンシーを活用する手順です。

データ収集

最初に顧客との最新の接触時間を記録する。なぜなら、これがリーセンシーの基本データだから。例えば、最後に購入した日。

分析ツールの設定

分析ツールでリーセンシーに関する設定を行う。なぜなら、自動でデータを分析してくれるから。例えば、Google Analytics

結果の解釈

分析結果を確認して解釈する。なぜなら、これによって次のアクションが決まるから。例えば、特定の顧客に特別なオファーを出す。

戦略の調整

分析結果に基づいてマーケティング戦略を調整する。なぜなら、より効果的なアプローチが可能になるから。例えば、ターゲット広告。

効果測定

戦略を調整した後、その効果を測定する。なぜなら、次回の改善点を見つけるためだから。例えば、コンバージョン率の変化。

類似語

接触頻度

接触頻度は、リーセンシーの類似語である。なぜなら、どちらも顧客との接触を測定する指標だから。例えば、月に何回サイトを訪れたか。

エンゲージメント

エンゲージメントは、リーセンシーの類似語である。なぜなら、顧客がどれだけ製品やサービスに関与しているかを測るから。例えば、アプリ内での活動時間。

活動履歴

活動履歴は、リーセンシーの類似語である。なぜなら、顧客の過去の行動を追跡することで、未来の行動を予測できるから。例えば、過去の購入履歴。

反対語

過去の接触時間

過去の接触時間は、リーセンシーの反対語である。なぜなら、リーセンシーは最新の接触時間を指すが、これは最も古い接触時間を指すから。例えば、最後に見た広告と最初に見た広告。

非接触

非接触は、リーセンシーの反対語である。なぜなら、リーセンシーは接触があった時間を測るが、これは接触が一切ない状態を指すから。例えば、広告を一度も見ていない人。

無関心

無関心は、リーセンシーの反対語である。なぜなら、リーセンシーは顧客の関心度を測る指標の一つだが、これは関心がない状態を指すから。例えば、広告をスキップする行動。

リーセンシーの注意点

リーセンシーを使用する時の注意点はデータの正確性である。なぜならば誤ったデータがあると、分析結果も間違うからだ。例えば、時間の記録がずれていると、リーセンシーも正確でなくなる。そして、それが戦略の失敗につながる。だから、データのチェックは欠かせない。

リーセンシーとフリークエンシーは、間違えやすいので注意しましょう。

リーセンシーは、最新の接触時間です。

一方、フリークエンシーは、接触の頻度です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました