ハイプサイクルとは?新しい技術の浸透を視覚的に理解

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとハイプサイクルとは

  • 技術の受け入れる5段階
  • ガードナーが提唱した理論
  • 新技術の社会的受容を示す

ハイプサイクルとは、技術が社会に許容される5段階も流れです。

概要説明

ハイプサイクルとは技術の社会受容の5段階の流れである。 なぜならば新しい技術がどう社会に浸透するかを示しているから。

例えば黎明期では技術が認知され始める。そして流行期には期待が高まる。つまり、このサイクルは技術の浸透を視覚化するものである。だからマーケティングやビジネス戦略に役立つ。

職業職種

マーケティング担当者

マーケティング担当者は、ハイプサイクルを使用する。なぜなら、技術の市場トレンドを予測する手助けになるから。例えば新製品の市場導入時期を決定する際に。

研究開発者

研究開発者は、ハイプサイクルを参照する。なぜなら、新技術の受容可能性や市場への影響を考えるため。例えば技術開発の方向性を決めるときに。

ビジネス戦略家

ビジネス戦略家は、ハイプサイクルを活用する。なぜなら、業界の技術トレンドを把握し、適切な投資判断をするため。例えば新市場への進出時のリスクを評価する際に。

ハイプサイクルは、名前の由来は「Hype」が「過度な宣伝」や「大騒ぎ」を意味する英語から来ており、新しい技術やトレンドに対する社会の過度な期待や反応を「サイクル」で表現しているからです。

手順例

黎明期

新しい技術が発表され、世間に初めて知られる。なぜなら、発明やアイデアが出てきたばかりで、まだ詳細はわからない。例えば、最初のスマホや電気自動車の発表。

流行期

この技術に大きな注目が集まる。なぜなら、多くの人がその可能性を感じて期待するから。例えば、全員が欲しいと思う新しいゲーム機。

幻滅期

期待が高すぎて、現実とのギャップにがっかりする。なぜなら、期待値を上回る成果が出ないことがあるから。例えば、発売直後のバグが多いソフトウェア。

回復期

技術が実際に役立つ場面で使われ始める。なぜなら、実際のニーズに合わせて技術が改善されるから。例えば、電気自動車の普及やスマホの機能改善。

安定期

技術が日常生活や仕事で当たり前になる。なぜなら、その技術の価値が広く認識されて、多くの人が使うようになるから。例えば、今のスマホやインターネットの利用。

類似語

テクノロジートレンド

これは、ある期間に流行る技術やアイデアを示す。なぜなら、新しい技術やアイデアが続々と登場し、一部が注目されるから。例えば、VRやAIのような新しい技術。

イノベーションカーブ

技術の進化や受け入れの段階を表す。なぜなら、新しい技術が社会にどのように受け入れられていくかを示すから。例えば、初期の採用者や遅れて採用する人々の違い。

技術進化論

新しい技術の成熟や展開の流れを考える。なぜなら、技術がどのように進化していくかを理解するため。例えば、パソコンの進化やモバイル技術の変遷。

反対語

一時的ブーム

これは、一時的に流行るものや現象である。なぜなら、短期間で注目されても長く続かないから。例えば、一過性の流行。

技術の衰退

技術や製品が不人気になり、市場から消えていく現象である。なぜなら、新しいものが出てきて古いものが置き換えられるから。例えば、かつての人気商品が今では販売されていない。

短命トレンド

短い期間で注目されるものの、すぐに人々の関心が薄れる現象である。なぜなら、深い意味がなく、一時的な興味だけで注目されるから。例えば、一時的に話題になるインターネットのトレンド。

ハイプサイクルの注意点

ハイプサイクルを使用する時の注意点は過度な期待を持たないことである。なぜならば、技術や製品が流行期にある場合、実際の価値よりも過度に期待されることがあるからだ。

例えば、新製品の発表での過度な宣伝やプロモーション。そして、過度な期待は幻滅期につながる。だから、リアルな期待を持つことが大切。

ハイプサイクルとイノベーションカーブは、間違えやすいので注意しましょう。

ハイプサイクルは、技術の社会的受け入れの5段階を示すものです。

一方、イノベーションカーブは、新しい製品や技術が市場にどれだけ早く受け入れられるかを示すものです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました