ソースコードレビューとは?プログラムのバグを発見し、品質を管理する

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • バグ探しと品質保持の手段
  • 作業者の視点とは別のダブルチェック
  • 新メンバーがスムーズにチームに参加するためのツール

ソースコードレビューとは、品質維持のための調査です。

概要説明

ソースコードレビューとはソフトウェアのソースコードを体系的に調査する行為である。 なぜならば、これによってバグの発見とコードの品質を管理することができるからだ。

例えば、人が目で見て判断する方法や、専用のシステムにかけて評価する方法がある。そして、作業者とは別の視点でダブルチェックが行われ、作業の品質が一定の基準値を保てる。

つまり、ソースコードレビューは品質管理の一環として重要である。だから、開発者はソースコードレビューを常に心掛けるべきだ。

職業職種

ソフトウェア開発者

ソフトウェア開発者は、ソースコードレビューを行う。なぜなら、自身が書いたコードに対するダブルチェックが可能だからだ。例えば、バグの発見や品質向上につながる。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーもソースコードレビューを行う。なぜなら、プロジェクト全体のコード品質を把握するためだ。例えば、品質のばらつきを防ぐ。

新規開発者

新規開発者は、ソースコードレビューを活用する。なぜなら、既存のコードの理解を深め、自分のスキルを向上させるためだ。例えば、チームのコーディングスタイルを学ぶ。

ソースコードレビューの名前の由来は、ソフトウェアの「ソースコード」を「レビュー」する行為、つまり調査や検討をすることから来ています。

代表例

GitHub

GitHubは、ソースコード管理と共有を可能にするプラットフォームだ。なぜなら、多くのオープンソースプロジェクトがここで管理されているからだ。例えば、リポジトリ内で行われるPull Requestを通じて、簡単にソースコードレビューが可能だ。

Google

Googleは、ソースコードレビューの重要性を強調する企業だ。なぜなら、そのコーディング規約の中には明確にレビューのプロセスが記されているからだ。例えば、Googleのコードは必ず他の開発者によるレビューを受けることが必須だ。

Linus Torvalds

Linus Torvaldsは、ソースコードレビューの価値を認識している人物だ。なぜなら、彼が開発したLinuxカーネルは、世界中の開発者からのコードレビューを経て成長してきたからだ。例えば、彼自身がレビューを行うこともあり、そのコメントは非常に厳しいと知られている。

手順例

コードを理解する

最初に行うのは、コードの全体像を把握することだ。なぜなら、全体像を理解していなければ、具体的な問題点を見つけるのは難しいからだ。例えば、各部分がどのように連携して動作しているかを理解する。

バグを探す

バグ探しはレビューの主な目的だ。なぜなら、バグを早期に発見すれば修正も簡単になるからだ。例えば、変な動きをする部分や意図しない挙動をする部分を見つける。

コードの品質を評価する

コードの品質評価は重要なステップだ。なぜなら、コードの品質が高いと保守性も高まるからだ。例えば、コードがきちんと整理されていて、コメントが適切に記述されているか確認する。

フィードバックを提供する

フィードバックはレビューの成果物だ。なぜなら、これを元に改善を行うからだ。例えば、見つけた問題や提案を開発者に伝える。

修正を確認する

最後に修正を確認する。なぜなら、レビューで指摘された事項が適切に修正されていることを確認するためだ。例えば、提供したフィードバックに基づいて改善がなされたか確認する。

類似語

コードレビュー

コードレビューは、ソースコードレビューの類似語だ。なぜなら、同じくコードのチェックを指す言葉だからだ。例えば、どちらもプログラミングのバグを見つけるための手段だ。

コード監査

コード監査は、ソースコードレビューに似た概念だ。なぜなら、両者ともコードの質を確認する目的があるからだ。例えば、セキュリティ監査では、ソースコードが安全性の観点から評価される。

ピアレビュー

ピアレビューは、ソースコードレビューの一種だ。なぜなら、同僚や仲間の開発者がコードをチェックするからだ。例えば、ソースコードレビューの一環として、ピアレビューが行われることがよくある。

反対語

アドホックテスト

アドホックテストは、ソースコードレビューの反対語だ。なぜなら、事前に計画せずに行うテストのことを指すからだ。例えば、特定の計画や手順に従わずにソフトウェアをテストする方法。

ホワイトボックステスト

ホワイトボックステストもソースコードレビューと反対の概念だ。なぜなら、これはソースコードを直接テストするものだからだ。例えば、内部の動作をチェックするテスト手法。

プロダクションデプロイ

プロダクションデプロイは、ソースコードレビューと反対の行為だ。なぜなら、これはテストやレビューが終わったあとに行われるからだ。例えば、ソフトウェアを最終的にユーザーに提供する行為。

会話例

チームの打ち合わせで

「今日のソースコードレビューはどうだった?」
「バグがいくつか見つかったよ。すぐに修正するよ。」

新人研修で

「ソースコードレビューって何をするの?」
「コードを読んで、バグや問題点を見つけて修正するんだよ。」

開発者同士の会話で

「ソースコードレビューは必要だと思う?」
「もちろんだよ。それでコードの品質が上がるからね。」

注意点

ソースコードレビューを行う時の注意点は時間管理だ。なぜならばレビューは非常に時間がかかる可能性があるからだ。

例えば、複雑なコードがあると、それを理解し、問題を見つけるのに時間がかかる。そして、時間をかけすぎると他の作業に影響を及ぼす。だから時間を適切に管理しよう。

ソースコードレビューとコードリーディングの違いは、間違えやすいので注意しましょう。

ソースコードレビューは品質管理の一環で、他の開発者が書いたコードを見てバグを見つける行為です。

一方、コードリーディングは学習の一環で、他の開発者が書いたコードを読むことで新たな知識を得る行為です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました