ホワイトボックステストとは?コードの中身を知ってテスト

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとホワイトボックステストとは

  • プログラムの内部構造を理解してテスト
  • 効率的で正確なテスト結果を得る
  • コードの問題点を早期に発見

ホワイトボックステストとは、実装コードを理解して行うテストです。

概要説明

ホワイトボックステストとは、プログラムの内部構造を理解した状態で行うテストである。なぜならば、コードのどの部分がどのように動作するのかを把握しながらテストを行うことで、効率的に問題点を発見できるから。

例えば、特定の条件下でエラーが発生する箇所を早期に特定できる。 そして、これにより修正の手間と時間を大幅に削減できる。

つまり、より安全で質の高いソフトウェアを開発できる手法である。 だから、開発の初期段階から積極的に取り入れることが推奨される。

職業職種

ソフトウェアテスター

ソフトウェアテスターは、品質を確保する専門家である。なぜなら、コードの全体的な動作を検証し、バグや不具合を早期に発見する役割があるから。例えば、新機能のテストを行う。

開発者

開発者は、コードを書くプロである。なぜなら、自分が書いたコードが正しく動作するかを最も早い段階で確認する必要があるから。例えば、新しい機能を実装した後の自己検証。

QAエンジニア

QAエンジニアは、品質を保証する役割である。なぜなら、システム全体の品質をチェックし、リリース前の最終確認を行うから。例えば、リリース前の総合テストを実施する。

ホワイトボックステストは、名前の由来は「中身が見える箱」です。プログラムの内部構造(コード)が明確にわかる状態でテストを行うことから、この名前がつけられました。

ホワイトボックステストの手順例

以下は、ホワイトボックステストの実行手順です。

コードの理解

コードの理解は、最初のステップである。なぜなら、ホワイトボックステストはプログラムの内部構造を把握して行うテストだから。例えば、関数変数の動作を確認する。

テストケースの設計

テストケースの設計は、次のステップである。なぜなら、どの部分をどのようにテストするかの計画を立てる必要があるから。例えば、特定の関数が期待通りの出力をするかを確認するテストケースを作る。

テストの実行

テストの実行は、設計したテストケースを使ってプログラムを実際にテストする段階である。なぜなら、コードにバグがないかを確認するためだから。例えば、自動テストツールを使ってテストを行う。

結果の分析

結果の分析は、テストの結果を詳しく調べるステップである。なぜなら、テストで見つかった問題を理解し、修正の方向を決めるためだから。例えば、エラーメッセージを読んでバグの原因を特定する。

バグの修正

バグの修正は、テストで見つかった問題をコードで修正するステップである。なぜなら、テストの目的は安全で信頼性の高いプログラムを作ることだから。例えば、エラーを解消する新しいコードを書く。

類似語

クリアボックステスト

クリアボックステストは、ホワイトボックステストの類似語である。なぜなら、両者ともプログラムの内部構造を理解してテストを行う方法を指すから。例えば、関数の動作を確認するテスト。

ストラクチャルテスト

ストラクチャルテストは、ホワイトボックステストの類似語である。なぜなら、プログラムの内部構造に基づいてテストを行う方法を指すから。例えば、コードの各行が正しく動作するかを確認するテスト。

オープンボックステスト

オープンボックステストは、ホワイトボックステストの類似語である。なぜなら、プログラムのコードを開いて確認しながらテストを行う方法を指すから。例えば、特定の条件下でのプログラムの動作を検証するテスト。

反対語

ブラックボックステスト

ブラックボックステストは、ホワイトボックステストの反対語である。なぜなら、プログラムの内部構造を知らずに、入力と出力だけでテストを行うから。例えば、ユーザーが使うような実際の操作でテストを行う。

ホワイトボックステストの注意点

ホワイトボックステストを使用する時の注意点は、コードの理解が深くないと効果的なテストが難しいことである。なぜならば、内部の動作を把握してテストケースを設計する必要があるからだ。

例えば、どの関数がどのように動作するかを理解することである。そして、時間がかかる場合がある。だから、計画的に進めることが大切。

ホワイトボックステストとユニットテストは、間違えやすいので注意しましょう。

ホワイトボックステストは、プログラムの内部構造を理解してテストを行う方法です。

一方、ユニットテストは、プログラムの個々の部分が独立して正しく動作するかを確認するテストです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました