エバーグリーンコンテンツとは?SEOの強い味方

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとエバーグリーンコンテンツ

  • 常に新鮮さを保つコンテンツ
  • 時が経っても価値のある情報
  • SEOに効果的

エバーグリーンコンテンツ(Evergreen Contents)= 「常緑樹」「内容」

エバーグリーンコンテンツとは、常に新鮮で、時が経っても価値があり、SEOに効果的なコンテンツです。

エバーグリーンコンテンツとは

エバーグリーンコンテンツとは、常に新鮮で価値のある情報を提供する記事のことである。 なぜなら、これらのコンテンツは時が経ってもその価値を失わないからだ。

例えば、基本的な料理の手順や健康に関する情報などは、流行に左右されず長期間にわたって読まれ続ける。そして、エバーグリーンコンテンツはSEOにも効果的で、常に新しいユーザーに読まれやすいという特徴がある。

つまり、エバーグリーンコンテンツはウェブサイトのトラフィックを安定させ、長期的な読者を獲得するための重要な要素である。

だから、質の高いエバーグリーンコンテンツを作成することは、コンテンツマーケティングの成功にとって重要だ。

使用する職種

ブロガー

エバーグリーンコンテンツは、ブログのトラフィック向上に有効である。なぜなら、検索エンジンでの長期的なランキングを保つことができるからだ。例えば、基本的な健康情報や教育関連の情報など。

マーケター

エバーグリーンコンテンツは、リード獲得やブランド認知度向上の戦略に役立つ。なぜなら、一度作成したコンテンツが長期間効果を発揮するからだ。例えば、製品の使い方ガイドやFAQページなど。

ジャーナリスト

エバーグリーンコンテンツは、読者の関心を持続的に引く記事を作成するために有効である。なぜなら、トレンドに左右されず、長期的に読者に価値を提供できるからだ。例えば、歴史的な事実や社会的な背景解説記事など。

サイトのコンセプトによって、エバーグリーンコンテンツになるかは決まります。

有名な企業や製品、サービス

Wikipedia

Wikipediaは、エバーグリーンコンテンツの代表例である。なぜなら、全てのページが時間を経ても価値を持つ情報で満たされているからだ。例えば、科学的な知識や歴史的な事実など。

Evernote

Evernoteは、エバーグリーンコンテンツを活用した企業である。なぜなら、彼らのブログやガイドは時期に左右されず、常にユーザーに価値を提供するからだ。例えば、プロダクティビティ向上のヒントやソフトウェアの使い方など。

マリー・クオンド

マリー・クオンドは、エバーグリーンコンテンツを活用した個人である。なぜなら、彼女の整理術はトレンドに左右されず、いつでも人々に役立つからだ。例えば、衣類の折り方や部屋の片付け方など。

大まかな手順

  1. 目的の明確化
    エバーグリーンコンテンツを作成する目的を明確にする。なぜなら、それがどのような情報を提供するべきかを決定するからだ。例えば、ユーザーに何を教えたいのか、何を理解させたいのかを明らかにする。

  2. 適切なトピックの選択
    時間が経っても価値の下がらないトピックを選ぶ。なぜなら、これがエバーグリーンコンテンツの特徴であるからだ。例えば、基本的な健康知識や教育的な情報など。

  3. 詳細な調査
    エバーグリーンコンテンツを作成するには、選択したトピックについて詳細に調査することが必要である。なぜなら、質の高いエバーグリーンコンテンツは正確で信頼性のある情報に基づいているからだ。例えば、信頼できるソースからの情報収集や専門家の意見を引用するなど。

  4. ユーザーフレンドリーなフォーマット
    エバーグリーンコンテンツはユーザーフレンドリーであるべきである。つまり、誰でも簡単に理解し、情報を得ることができる形式で提供する。例えば、視覚的な要素(画像や図表)を用いる、読みやすい文体を採用するなど。

  5. 定期的な更新
    エバーグリーンコンテンツは基本的に時期に影響されないが、必要な場合には更新するべきである。なぜなら、情報が最新で正確であることは、その価値を保つために重要だからだ。例えば、新たな研究結果やトレンドに合わせた情報の追加など。

類似語

永続的コンテンツ

永続的コンテンツは、エバーグリーンコンテンツである。なぜなら、それらは時間が経過してもその価値を保ち続けるからだ。例えば、基本的な調理方法や歴史的な事実など。

持続的コンテンツ

持続的コンテンツは、エバーグリーンコンテンツである。なぜなら、それらは時の経過と共に陳腐化せず、常に関連性を持つからだ。例えば、健康やフィットネスに関するアドバイスなど。

長寿コンテンツ

長寿コンテンツは、エバーグリーンコンテンツである。なぜなら、これらのコンテンツは時期に左右されず、長期間にわたって役立つ情報を提供するからだ。例えば、数学の基本的な公式や文法ルールなど。

反対語

トレンドコンテンツ

トレンドコンテンツは、エバーグリーンコンテンツの反対である。なぜなら、その内容は短期間で古くなり、人々の関心を失いやすいからだ。例えば、最新のファッショントレンドや一時的なインターネットの流行など。

季節コンテンツ

季節コンテンツは、エバーグリーンコンテンツの反対である。なぜなら、その内容は特定の時期や季節にしか関連しないからだ。例えば、クリスマスに関連した記事や夏休みの旅行のアイデアなど。

時事コンテンツ

時事コンテンツは、エバーグリーンコンテンツの反対である。なぜなら、その情報は現在の出来事やニュースに基づいており、時間が経つとその価値を失うからだ。例えば、政治選挙の結果や新型ウイルスの最新情報など。

会話の例文

ビジネス会議

Q.「私たちのブログ戦略にエバーグリーンコンテンツを取り入れるべきだと思いますか?」
A.「絶対にそうだと思います。エバーグリーンコンテンツは、長期間にわたって価値を提供し、SEOのパフォーマンスを向上させます。」

コンテンツ作成ワークショップ

Q.「エバーグリーンコンテンツの例を教えていただけますか?」
A.「健康に関する基本的なヒントや家庭でのDIYの方法、言語学習の基本的なガイドなどがエバーグリーンコンテンツの例です。」

マーケティング戦略ミーティング

Q.「エバーグリーンコンテンツと時事コンテンツ、どちらを重視すべきだと思いますか?」
A.「それは目標によります。エバーグリーンコンテンツは長期的な価値とSEOの強化に役立ちますが、時事コンテンツは短期的な話題性とエンゲージメントを生むことができます。」

使用時の注意点

エバーグリーンコンテンツを使用する時の注意点はその更新である。 なぜならば、情報は絶えず変化し、時には古い情報が不正確になったり、もはや適用できなくなることもあるからだ。

例えば、テクノロジーや法律の分野では、新しい開発や変更が常に発生している。 そして、これらの変更に対応しないと、エバーグリーンコンテンツも時代遅れになる可能性がある。

だからエバーグリーンコンテンツを作成するときは、定期的な見直しと更新を忘れずに行うことが重要だ。

エバーグリーンコンテンツに必要なのは忍耐力です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました