キャメルケースとは?プログラミングの命名規則

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 名前付けの規則
  • 単語を大文字でつなぐ
  • コードを読みやすくする

キャメルケース(Camel Case)= ラクダの場合

キャメルケースとは単語を大文字でつなぎ、コードを読みやすくする命名規則のことです。

概要説明

キャメルケースとはプログラミングの名前付け規則である。 なぜならば読みやすく、理解しやすいコードを作るためだ。

例えば「applyUserData」や「isPublic」のような命名が可能である。 そして、ローワーキャメルケースとアッパーキャメルケースが存在する。

つまり、単語の先頭を大文字にしてつなげることである。 だから、コードを整理し、チームでの共通理解を助ける。

職業・職種

プログラマー

キャメルケースは、コードの可読性を上げる。なぜなら、一目で変数関数の名前を把握できる。例えば「applyUserData」。

データアナリスト

キャメルケースは、DBのカラム名を整理する。なぜなら、データの種類と目的を明確に表現できる。例えば「transactionAmount」。

プロジェクトマネージャー

キャメルケースは、コードレビューを効率化する。なぜなら、命名の一貫性が確保できる。例えば「isTaskCompleted」。

キャメルケースは、大文字がラクダのこぶに見えるところからが名前の由来です。

企業・製品

Microsoft

Microsoftは、キャメルケースを推奨している。なぜなら、そのコーディング規約に組み込まれているから。例えば「PowerPoint」。

Java

Javaは、キャメルケースを使用している。なぜなら、その標準のコーディングスタイルであるから。例えば「ArrayList」。

JavaScript

JavaScriptは、キャメルケースを好む。なぜなら、その一般的な慣習であるから。例えば「getElementById」。

手順例

  1. 名前を考える
    キャメルケースの最初のステップは、変数や関数の名前を考えること。名前はその機能や目的を反映したものにする。なぜなら、これにより他の開発者が何をするためのコードかをすぐに理解できるからだ。例えば、「calculateTotalPrice」は合計金額を計算するとすぐにわかる。

  2. 単語をつなげる
    名前が複数の単語から構成される場合、それらを一つにつなげる。しかし、各単語の最初の文字は大文字にする。なぜなら、これがキャメルケースの基本的なルールだからだ。例えば、「userName」では、”user”と”name”の二つの単語がつながっている。

  3. 確認する
    作成した名前がキャメルケースの規則に適合しているか確認する。各単語の最初が大文字で、全体が一つの単語になっていることを確認する。なぜなら、コードの一貫性と視認性を保つためだからだ。例えば、「getUserName」では、”get”, “User”, “Name”が一つにつながっていて、各単語の最初が大文字になっている。

類似語

スネークケース

スネークケースは、キャメルケースと同じく複数の単語を一つにつなげるための規則。しかし、単語をつなげる際にアンダースコア(_)を使用する。なぜなら、この方法がスネークケースの特徴だからだ。例えば、「user_name」は、”user”と”name”がアンダースコアによってつながっている。

ケバブケース

ケバブケースは、スネークケースと似ているが、単語をつなげる際にハイフン(-)を使用する。なぜなら、この方法がケバブケースの特徴だからだ。例えば、「user-name」は、”user”と”name”がハイフンによってつながっている。

反対語

スネークケース

スネークケースは、キャメルケースとは逆に、単語間にアンダースコア(_)を使用して分割する。なぜなら、この方法はキャメルケースとは異なり、各単語がアンダースコアによって明確に区切られるからだ。例えば、「user_name」では、”user”と”name”が明確に区別できる。

ケバブケース

ケバブケースもキャメルケースとは逆で、単語間にハイフン(-)を使用する。なぜなら、ハイフンによる単語の区切りはキャメルケースの大文字による単語の始まりとは対照的だからだ。例えば、「user-name」では、”user”と”name”が明確に区別できる。

会話例

プログラミングの授業で

Q.「先生、キャメルケースって何ですか?」
A.「キャメルケースは複数の単語をつなげる際に、各単語の最初の文字を大文字にする命名規則です。例えば、”getUserName” のようになります。」

コードレビュー中に

Q.「この関数名、キャメルケースで書いていますが、それは何か意味がありますか?」
A.「はい、キャメルケースは一貫性を保つためと視認性を向上させるために使用されます。それぞれの単語が始まる部分が明確になるため、コードの読みやすさが増します。」

新入社員へのオリエンテーションで

Q.「私たちのコードはキャメルケースで書かれているのは何故ですか?」
A.「キャメルケースは各単語の最初を大文字にすることで、それぞれの単語を区別しやすくする効果があります。これにより、コードの可読性が向上します。」

注意点

キャメルケースを使用する時の注意点は名前の選択である。なぜならば、名前がその変数や関数の目的を反映していることが重要だからだ。

例えば、「calculateTotalPrice」はその名前から合計価格を計算する関数であるとすぐに理解できる。しかし、「ctp」のような抽象的な名前では、その目的を理解するのが難しい。

だからキャメルケースを使用する際には、各単語がその変数や関数の目的を明確に示すように注意が必要である。

CamelCase

snake_case

kebab-case

どれを選ぶにしても一貫性が大事です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました