ディスクリプションとは?ウェブページをGoogleに理解させる重要な役割

ざっくりと

  • ウェブページの説明書き
  • SEOに重要
  • 視覚的には見えない

ディスクリプションとは、Googleに見せるウェブページの説明文です。

概要説明

ディスクリプションとは、Googleに見せるウェブページの説明である。なぜなら、それはmetaタグであり、ページの内容を説明するために使用されるからだ。

例えば、ある商品のウェブページでは、その商品の主な特徴や価格情報をディスクリプションに書く。そして、これはSEOにも役立つ。

つまり、適切なディスクリプションがあれば、ウェブページは検索結果でより上位に表示される可能性がある。だから、ディスクリプションはウェブページ作成の重要な部分だ。

職業職種

  1. ウェブデザイナー
    ウェブデザイナーは、ディスクリプションをページデザインの一部として使用する。なぜなら、それがページの全体的な説明を提供し、ユーザーが内容を素早く理解できるからだ。例えば、新商品のページをデザインする時。
  2. SEOスペシャリスト
    SEOスペシャリストは、ディスクリプションを検索エンジンのランキング向上のために使用する。なぜなら、それが検索結果に表示され、ユーザーがクリックするかどうかを決定するからだ。例えば、検索エンジン最適化のプロジェクトを進める時。
  3. コンテンツライター
    コンテンツライターは、ディスクリプションを記事やブログ投稿の説明として使用する。なぜなら、それが読者に記事の内容を一瞬で伝えるからだ。例えば、新しいブログ記事を書く時。

ディスクリプションは、英語の “description” からきていて、それは「説明」や「記述」を意味します。

類似語

  • メタデータ
    メタデータは、ディスクリプションを含めたデータである。なぜなら、ディスクリプションのようにウェブページの内容を説明したり、キーワードを提供するものから、ページの作者や作成日などを示す情報まで含まれるからだ。例えば、図書館のカードカタログは、各本のメタデータを提供する。
  • タグ
    タグは、情報を分類するためのラベルである。なぜなら、ウェブページを作る時、HTMLという言語で書くんだけど、その中でタグを使って、ページのどの部分が見出しだったり、本文だったり、リンクだったりを示すからだ。例えば、”

    ” というタグは、ページの一番大きな見出しを示す。

  • ページの説明
    ページの説明は、そのウェブページが何についてのものかを簡単に説明するものである。なぜなら、検索エンジンがウェブページを正しく理解し、人々が検索した時に適切な結果を提供するために必要だからだ。例えば、料理レシピのウェブページなら、「このページは簡単に作れるハンバーガーのレシピを紹介している」という説明があるといいね。

反対語

  • 隠された情報
    隠された情報は、ディスクリプションとは反対である。なぜなら、これはウェブページ上では表示されず、訪問者には直接知られない情報だからだ。例えば、パスワードや秘密のAPIキーなどがこれに当たる。
  • ボディコンテンツ
    ボディコンテンツは、ディスクリプションとは逆である。なぜなら、これはウェブページの主要な部分であり、直接ユーザーに見せる情報だからだ。例えば、記事の本文やブログの投稿などがこれに当たる。
  • 非SEO対策
    非SEO対策は、ディスクリプションの設定とは反対の行動である。なぜなら、これは検索エンジンのランキングを上げることを意図しない行動だからだ。例えば、意図的にキーワードを避けたり、ユーザビリティを犠牲にしたデザインなどがこれに当たる。

会話例

  • ウェブデザイナーとクライアントのミーティング
    「ディスクリプションって何?」
    「ディスクリプションは、ウェブページの説明を書くmetaタグのことだよ。検索エンジンはこれを見て、ページが何についてのものかを理解するんだ。」
  • SEO専門家とマーケティング担当者の対話
    「ディスクリプションをどうやって最適化すればいい?」
    「重要なキーワードを含めて、それがページ内容を正確に反映していることが大事だよ。そして、ユーザーがクリックしたくなるような魅力的な文言を考えるんだ。」
  • プログラマー間のコードレビュー
    「このページのディスクリプションは大丈夫かな?」
    「うん、それは良さそうだけど、もう少し具体的にページの内容を表現した方がいいかもしれないね。」

注意点

ディスクリプションを設定する時の注意点は適切な長さである。なぜならば、検索エンジンは長すぎるディスクリプションを全て表示しないからだ。

例えば、Googleの場合、約160文字が最適な長さとされている。そして、その範囲内でページの内容を正確に反映することが大切だ。だから、ディスクリプション作成時は内容の要約とキーワードの組み合わせに注意しよう。

ディスクリプションとキーワードタグのは、間違えやすいので注意しましょう。

ディスクリプションは、ウェブページの内容を簡潔に説明するものです。

一方、キーワードタグは、そのページで重視しているキーワードを指定するものです。

記事を書いてる人

ガラケー時代からWEB開発やってる自宅SE です。

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

ネット事件簿チャンネルを運営しているので、YouTubeもぜひ覗いてみてください!!

雨おやじのSNSを覗く!!
IT用語辞典
雨おやじのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント