CDNとは?大容量コンテンツでも安心の配信方法

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 複数のサーバーを使って負荷を分散
  • 遠くのユーザーでも高速に閲覧可能
  • 大容量コンテンツでも安心の配信

CDNとは、サーバの負荷を分散し高速配信を可能にする技術です。

概要説明

CDNとは複数のサーバーを使用して負荷を分散する技術である。 なぜならば、一つのサーバーだけでは大量のアクセスに対応できないからだ。

例えば、大規模なオンラインショップである。そして、CDNは遠くのユーザーでも高速にサイトを閲覧できる。つまり、ユーザー体験を向上させるための重要な技術である。

だから、多くの人がアクセスするWebサイトにはCDNが有効だ。

職業職種

Web開発者

Web開発者は、CDNを使用する。なぜなら、Webサイトの表示速度を向上させるため。例えば、大規模なEコマースサイト。

システム管理者

システム管理者も、CDNを使う。なぜなら、サーバーの負荷を軽減させるため。例えば、動画ストリーミングサイト。

ITマネージャー

ITマネージャーは、CDNを導入する。なぜなら、ユーザーに快適な体験を提供するため。例えば、世界中のユーザーを持つソーシャルネットワーキングサイト。

CDNは、名前の由来は英語の「Content Delivery Network」からきています。これは「コンテンツ配信ネットワーク」を意味します。

代表例

Cloudflare

Cloudflareは、世界中にサーバーを持つCDNサービスの一つだ。なぜなら、利用者がどこにいてもデータを速く取得できるからだ。例えば、ヨーロッパでアクセスするとヨーロッパのサーバーからデータを取得する。

Amazon CloudFront

Amazon CloudFrontは、Amazonが提供するCDNサービスだ。なぜなら、Amazonの豊富なリソースを利用して、高速かつ安定したデータ配信が可能だからだ。例えば、大規模な動画配信サービスでもスムーズに視聴できる。

Fastly

Fastlyは、大規模なWebサイト向けのCDNサービスだ。なぜなら、独自の技術により高速なデータ配信が可能だからだ。例えば、大手メディアサイトでも混雑時でもページの読み込みが速い。

手順例

CDNサービスを選ぶ

最初のステップは、自分のニーズに合ったCDNサービスを選ぶことだ。なぜなら、サービスによって特性やコストが異なるからだ。例えば、大規模なWebサイトならFastlyが適している。

CDNサービスを契約する

次に、選んだCDNサービスと契約を結ぶ。なぜなら、CDNサービスを利用するためには契約が必要だからだ。例えば、Cloudflareなら公式Webサイトから申し込みが可能だ。

CDNを設定する

CDNサービスを利用するためには設定が必要だ。なぜなら、どのサーバーからどのデータを配信するかを指定するからだ。例えば、Amazon CloudFrontならAWS Management Consoleで設定を行う。

類似語

エッジサーバー

エッジサーバーは、CDNの概念と近い。なぜなら、ユーザーに近い位置にあるサーバーからデータを提供するからだ。例えば、CDNのサーバーの一部を指すことが多い。

キャッシュ

キャッシュは、CDNと関連が深い。なぜなら、データを一時的に保存して高速に配信するための手法だからだ。例えば、CDNはキャッシュの考え方を使ってデータをユーザーに提供する。

ロードバランシング

ロードバランシングは、CDNの中核的な機能だ。なぜなら、複数のサーバーにアクセスを分散させることで、高速なデータ配信を実現しているからだ。例えば、アクセスが集中しないようにする役割を持つ。

反対語

一点集中型サーバ

一点集中型サーバは、CDNの反対だ。なぜなら、全てのデータが一つのサーバに集まるからだ。例えば、小規模なWebサイト。

直接接続

直接接続は、CDNとは違う。なぜなら、ユーザーが直接元のサーバーに接続するからだ。例えば、個人ブログ。

非分散型システム

非分散型システムは、CDNの反対だ。なぜなら、データやリソースが一箇所に集まるからだ。例えば、個人のPCでデータを保存する方法。

会話例

  1. Web開発会議
    Q.「Webサイトが遅いんだけど、何か対策はない?」
    A.「CDNを導入すると、データの負荷を分散させて処理速度を上げられるよ。」

  2. コーヒーショップでのカジュアルな会話
    Q.「最近、動画がすぐに読み込まれてすごいよね。何が違うの?」
    A.「それはCDNのおかげだよ。色んなサーバーからデータを取ってくるから、早くなるんだ。」

  3. IT企業の面接
    Q.「CDNの利点を教えてもらえますか?」
    A.「CDNは、サーバの負荷分散と高速なデータ提供が可能だから、大規模なWebサイトには必須だよ。」

注意点

CDNを使用する時の注意点はコストとセキュリティだ。なぜならば、多くのサーバーを必要とし、それぞれのサーバーの安全性を確保する必要があるからだ。

例えば、大量のトラフィックがある大規模なWebサイトである。そして、CDNのセットアップと維持も専門知識が必要だ。

だから、必要なリソースと予算をしっかり考えることが大切だ。

CDNと負荷分散の違いは、間違えやすいので注意しましょう。CDNはデータを世界中のサーバーに分散し、ユーザーに近いサーバーからデータを提供することで、速度を上げます。一方、負荷分散は一つのシステム内でリソースを分散することで、システムの耐久性と効率を高めます。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました