コンカレントエンジニアリングとは?新製品開発の強力な戦略!

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 開発の各フェーズを同時に進行
  • 製品の生産性と効率性を向上
  • 開発の時間とコストを削減

コンカレントエンジニアリングとは、開発の各フェーズを同時に進行させ、効率と生産性を向上する戦略です。

概要説明

コンカレントエンジニアリングとは、製品開発の各フェーズを同時に進行させる戦略である。なぜならば、一つ一つのフェーズが同時に進むことで、全体の開発時間とコストを大幅に削減できるからだ。

例えば、デザインチームと製造チームが同時に作業することで、問題点が早期に発見され、修正が迅速に行われる。そして、これにより、製品の市場投入までの時間が短縮される。

つまり、企業はコンカレントエンジニアリングを用いることで、より早く、より効率的に製品を市場に投入できるのだ。だから、新製品開発の強力な戦略となる。

職業職種

製品開発マネージャー

コンカレントエンジニアリングは、開発フローの効率化に欠かせない。なぜなら、各フェーズの進行を同時に管理でき、開発時間とコストを削減できるからだ。例えば、新製品の開発プロジェクトで。

デザインエンジニア

コンカレントエンジニアリングは、効率的なデザインプロセスを実現するツールである。なぜなら、製造チームとの同時作業が可能で、設計変更の迅速なフィードバックを得られるからだ。例えば、複雑な機械部品の設計で。

製造エンジニア

コンカレントエンジニアリングは、生産性を向上させる手法である。なぜなら、デザインフェーズから参加することで、製造の問題点を早期に発見し、修正することが可能だからだ。例えば、大量生産を前提とした製品開発で。

コンカレントエンジニアリングは、名前の由来は英語の”Concurrent Engineering”で、「同時に行われる工学」を意味します。

代表例

トヨタ自動車

トヨタ自動車は、自動車産業でコンカレントエンジニアリングを活用する先駆者だ。なぜなら、製品開発において複数のチームが同時に作業する方法を導入し、大幅な時間短縮と効率化を実現したからだ。例えば、プリウスの開発においてこの手法を活用している。

マイクロソフト

マイクロソフトは、ソフトウェア開発においてコンカレントエンジニアリングを使用している。なぜなら、ソフトウェア開発における各部門が同時進行で作業を行うことで、製品開発の時間短縮とクオリティ向上に寄与しているからだ。例えば、Windows10の開発にはこの手法が使われた。

ジョン・フレーザー

ジョン・フレーザーは、コンカレントエンジニアリングの概念を広めた人物だ。なぜなら、彼はこの手法の重要性を理解し、世界中の企業に普及させたからだ。例えば、彼の著書「Concurrent Engineering Fundamentals」は多くの企業で参考にされている。

手順例

プロジェクト計画

プロジェクト計画は、コンカレントエンジニアリングのスタートラインだ。なぜなら、全体のスケジュールや責任範囲を決定し、全体の方向性を定めるからだ。例えば、製品の完成予定日や各部門の責任範囲を明確にする。

タスク分割

タスク分割は、作業の具体化を目指す。なぜなら、大きなプロジェクトを細かいタスクに分割し、それぞれを部門ごとに割り振ることで同時進行の作業が可能になるからだ。例えば、設計、製造、検査などのタスクを個々に割り振る。

実行とコミュニケーション

実行とコミュニケーションは、プロジェクトをスムーズに進めるためのキーポイントだ。なぜなら、各部門が互いに情報を共有しながらタスクを進めることで、問題点の早期発見や迅速な解決が可能になるからだ。例えば、定期的なミーティングを行い、進捗状況を共有する。

評価とフィードバック

評価とフィードバックは、製品の品質向上に欠かせない。なぜなら、途中経過を定期的に評価し、改善点を見つけることで次回のプロジェクトに反映できるからだ。例えば、試作品の検査結果をもとに設計の改善点を見つける。

完成と見直し

完成と見直しは、次回のプロジェクトにつながる重要なステップだ。なぜなら、製品の完成とともに全体の見直しを行い、次回のプロジェクトに生かすからだ。例えば、製品完成後の顧客からのフィードバックをもとに改善点を洗い出す。

類似語

並行工学

並行工学は、コンカレントエンジニアリングの同義語だ。なぜなら、両者ともに製品開発の各フェーズを同時進行で行うことを指すからだ。例えば、設計と製造を同時に進行させる。

統合製品開発

統合製品開発は、コンカレントエンジニアリングの一部を含む概念だ。なぜなら、製品の設計から製造、販売までの一連のフローを統合することを指すからだ。例えば、全社的な情報共有と協働を重視する。

同時進行工学

同時進行工学は、コンカレントエンジニアリングの意味を直訳した言葉だ。なぜなら、製品開発の各フェーズを同時に進行させ、開発時間の短縮と品質の向上を目指すからだ。例えば、設計、製造、検査などの作業を同時に進行させる。

反対語

逐次開発

逐次開発は、コンカレントエンジニアリングの反対語である。なぜなら、一つの工程が終わってから次の工程を始める方法だからだ。例えば、設計が完全に終わってから製造を始める。

逐次工学

逐次工学も、コンカレントエンジニアリングの反対語だ。なぜなら、一つずつ工程を進めていく開発スタイルだからだ。例えば、最初に計画を立て、次に設計し、その後に製造する。

ウォーターフォール型開発

ウォーターフォール型開発は、コンカレントエンジニアリングとは反対のアプローチだ。なぜなら、一つの工程が完了してから次の工程に進む方式だからだ。例えば、ソフトウェアの開発でよく使われる。

会話例

製品開発の打ち合わせ

Q.「このプロジェクトではコンカレントエンジニアリングを採用しようと思うんだけど、どう思う?」
A.「いいと思うよ。それなら、設計と製造の工程が同時に進むから開発時間を短縮できるよね。」

学校の授業

Q.「コンカレントエンジニアリングって何?」
A.「それは、製品開発の各工程を同時に進める方法だよ。設計と製造を同時に行うことで、開発時間を短縮し、品質も向上させるんだ。」

インタビュー

Q.「あなたの会社ではコンカレントエンジニアリングをどのように活用していますか?」
A.「私たちの会社では、設計チームと製造チームが密に連携して製品開発を行っているんだ。その結果、時間を大幅に短縮でき、より質の高い製品を生み出すことができるんだ。」

注意点

コンカレントエンジニアリングを使用する時の注意点は、全ての関係者の協力が必要だということだ。なぜならば、設計と製造を同時に行うためには、全ての関係者が同じ情報を共有し、一緒に取り組む必要があるからだ。

例えば、情報共有のためのツールや会議の設け方などを工夫する必要がある。そして、一つの問題が起きたときには、その問題を全員で解決する体制を作ること。だから、関係者全員の強い連携と協力が必要だ。

コンカレントエンジニアリングとウォーターフォール型開発は、間違えやすいので注意しましょう。コンカレントエンジニアリングは各工程を同時に進めて製品を開発する方法で、ウォーターフォール型開発は一つの工程が終わってから次の工程に進む方法です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました