基幹系システムとは?その意味と使用方法をわかりやすく説明

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • ビジネスのコアを支える
  • 会社の主要な情報を統合・管理する
  • 業績向上や効率化に大きく寄与

基幹系システムとは、ビジネスのコアを支え、会社の主要情報を管理、効率化に寄与するシステムです。

概要説明

基幹系システムとはビジネスのコアを支えるシステムである。 なぜなら、会社の主要な情報を統合し、管理するからだ。

例えば、営業、生産、販売などの情報を一元化し、高度な分析や意思決定を可能にする。 そして、これにより業績向上や効率化に大きく寄与する。

つまり、ビジネスをスムーズに行うための重要なツールである。 だから、基幹系システムは企業の成功に直結する。

職業・職種

経営者

経営者は、基幹系システムを利用する。なぜなら、全社の情報を一元化して分析し、適切な経営判断を下すためだ。例えば、販売データを分析してマーケティング戦略を立てる。

営業担当者

営業担当者は、基幹系システムを使用する。なぜなら、顧客情報や商品在庫状況を把握し、営業活動を行うためだ。例えば、顧客の購入履歴を見て新たな提案をする。

製造部門

製造部門は、基幹系システムを活用する。なぜなら、生産スケジュールや在庫情報を一元管理し、効率的な生産活動を行うためだ。例えば、生産量を調整して在庫を最適化する。

基幹系システムは、経営判断や業務プロセスの効率化に役立ちます。

企業・製品

SAP

SAPは、世界最大の基幹系システムのベンダーである。なぜなら、多くの大企業がSAPのシステムを使用してビジネスを支えているからだ。例えば、製造から販売までの一連の業務を統合的に管理することが可能。

Oracle

Oracleは、幅広い業界で基幹系システムを提供する大手企業である。なぜなら、柔軟性とスケーラビリティが評価されているからだ。例えば、クラウド上で全ての業務プロセスを統合管理するOracle Cloud ERP

Microsoft Dynamics

Microsoft Dynamicsは、中小企業向けの基幹系システムである。なぜなら、使いやすさと低コストが特徴だからだ。例えば、他のMicrosoft製品との親和性が高い。

手順例

ログイン

基幹系システムを使用するには、まずログインが必要です。なぜなら、これにより利用者を特定し、権限を付与するからです。例えば、自身のIDとパスワードを入力してログインします。

操作画面の選択

ログイン後は、操作画面を選択します。なぜなら、基幹系システムには複数の機能が存在し、それぞれ別の画面で操作するからです。例えば、在庫管理画面や売上報告画面などを選択します。

データ入力

選択した操作画面で必要なデータを入力します。なぜなら、これによりシステムは特定の作業を行うからです。例えば、商品コードや数量を入力します。

データ確認

入力したデータの確認をします。なぜなら、間違ったデータが入力されていると不具合を引き起こす可能性があるからです。例えば、入力データの一覧表を確認します。

データ送信

最後に、確認したデータをシステムに送信します。なぜなら、これによりシステムがデータを処理し、必要な操作を行うからです。例えば、データ送信ボタンをクリックします。

類似語

コアシステム

コアシステムは、基幹系システムと同義です。なぜなら、これらは企業の重要なビジネスプロセスを管理・運用するシステムを指すからです。例えば、ERP(Enterprise Resource Planning)システムとも呼ばれます。

メインフレーム

メインフレームは、一部の文脈では基幹系システムと同義になります。なぜなら、大規模なビジネスシステムを稼働させる強力なコンピュータを指すからです。例えば、金融機関や大手製造業者が使用します。

反対語

サブシステム

サブシステムは、基幹系システムの反対語と言えます。なぜなら、これらは主要な業務ではなく、補助的な業務を支援するシステムを指すからです。例えば、メールシステムや共有ドキュメント管理システムなどが該当します。

周辺システム

周辺システムは、基幹系システムとは逆に、主要業務から派生する付加的な業務を担当します。なぜなら、これらは直接的な収益生成に寄与しないが、業務遂行において重要な補完的な役割を果たすからです。例えば、会議室予約システムや勤怠管理システムが該当します。

非中心系システム

非中心系システムは、主要な業務運用とは直接関連しないシステムを指します。なぜなら、これらのシステムは業務をサポートするための付加的な機能を提供するからです。例えば、社内SNSや各種申請システムなどが該当します。

会話例

システムトラブル時

Q.「基幹系システムに接続できなくなったのですが、どうすればいいですか?」
A.「一度システムを再起動してみてください。それでも改善しない場合は、IT部門に連絡をお願いします。」

システムの機能追加要望時

Q.「基幹系システムにこれこれの機能を追加できますか?」
A.「具体的な要望を書面で提出していただき、IT部門で検討させていただきます。」

システムの操作方法がわからない時

Q.「基幹系システムのあの機能はどうやって使うんですか?」
A.「操作手順書をご覧いただき、それでもわからない場合は、私たちにお問い合わせください。」

注意点

基幹系システムを使用する時の注意点は、適切なアクセス権限を持つことである。 なぜならば、不適切なアクセス権限では、必要な情報へアクセスできない可能性があるからだ。

例えば、購買部門の情報を見るためには、購買部門へのアクセス権限が必要である。 そして、各部門の情報はその部門の業務に直接関係があるため、必要な情報には適切にアクセスすることが求められる。

だから、基幹系システムを使用する際は、適切なアクセス権限を持っていることを確認しましょう。

基幹系システムが、企業運営の根幹を担います。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました