PMOとは?組織のプロジェクト管理とその役割を解説!

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとPMOとは

  • 組織内のプロジェクト管理グループ
  • 経営とプロジェクト間の架け橋
  • 進捗や品質上の問題を管理

PMOとは、プロジェクト管理グループです。

概要説明

PMOとは組織内でプロジェクトの進行と品質を管理するグループである。なぜならば、計画的にプロジェクトを進行させ、リスクを低減するため。

例えば予算オーバーや期日の遅延を防ぐためである。そして、経営層の意思をプロジェクトに反映させる役割も持つ。

つまり、経営と実務の間でコミュニケーションを円滑にする存在である。だから、PMOは組織にとって不可欠な存在。

職業職種

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、PMOの役割を直接的に果たす。なぜなら、プロジェクトの計画、実行、監視を担当するからだ。例えば、進捗報告の際にPMOと連携する。

経営者

経営者は、PMOからの報告を基に判断を下す。なぜなら、プロジェクトの全体像を理解し、方針を決定する役割があるからだ。例えば、予算調整の際にPMOの意見を参考にする。

チームリーダー

チームリーダーは、日常のプロジェクト進捗をPMOに報告する。なぜなら、実務の最前線での動きを最もよく知っているからだ。例えば、予期しない問題が起きた場合、その情報をPMOに共有する。

PMOは、名前の由来は「Project Management Office」の頭文字を取ったもので、直訳すると「プロジェクト管理事務所」となります。

PMOの代表例

Microsoft

Microsoftは、PMOで有名である。なぜなら、多くの大規模プロジェクトを成功させてきたから。例えばWindowsやOfficeの開発。

IBM

IBMは、PMOで名高い存在である。なぜなら、長い歴史の中で多数のプロジェクトを管理し、最適化してきたから。例えばIBM Watsonの開発。

PMI (Project Management Institute)

PMIは、PMOで世間に知られている。なぜなら、プロジェクト管理の専門家を養成し、PMPという資格を提供しているから。例えばPMP試験の提供。

手順例

以下は、PMOの構築手順です。

目的の明確化

目的の明確化は、PMO構築の最初のステップである。なぜなら、何のためにPMOを設立するのかを知ることで、その後の方向性が決まるから。例えばプロジェクトの進捗管理や品質向上。

リソースの確保

ソースの確保は、PMOの実行力を高めるために必要である。なぜなら、人やツール、予算などのリソースが揃って初めて、効果的なプロジェクト管理ができるから。例えば専任のPMOスタッフの雇用。

ツールの選定

ツールの選定は、日々の業務を効率化するために必要である。なぜなら、適切なツールを使用することで、プロジェクトの進捗や品質を一元的に管理できるから。例えばMicrosoft Projectの導入。

プロセスの確立

プロセスの確立は、一貫したプロジェクト管理を行うために必要である。なぜなら、明確なプロセスがあれば、全てのプロジェクトが同じ基準で運営されるから。例えば進捗報告のフォーマットの統一。

継続的な改善

継続的な改善は、PMOの価値を持続させるために必要である。なぜなら、常に変わるビジネス環境に合わせて、PMOも進化していく必要があるから。例えば毎月のPMOミーティングでのフィードバックの収集。

類似語

PPM (Project Portfolio Management)

PPMは、PMOの類似語である。なぜなら、複数のプロジェクトをまとめて最適に管理する方法を指すから。例えば、どのプロジェクトに資源を割り当てるかの決定。

プロジェクト管理

プロジェクト管理は、PMOの類似語である。なぜなら、プロジェクトの遂行と成功を目指す活動全般を指すから。例えばタスクの割り当てや期日の設定。

プロジェクトガバナンス

プロジェクトガバナンスは、PMOの類似語である。なぜなら、プロジェクトの方針や方向性を策定・監視する枠組みを指すから。例えばプロジェクトの承認プロセスや意思決定のフロー。

反対語

非組織化

非組織化は、PMOの反対語である。なぜなら、PMOが組織のプロジェクトを管理するのに対し、非組織化は管理がなされていない状態を指すからだ。例えば、計画が立てられていないプロジェクトの進行状況。

非管理

非管理は、PMOの反対語である。なぜなら、管理が行われない状態を指すからだ。例えば、予算や資源が適切に配分されていない場合。

放任主義

放任主義は、PMOの反対語である。なぜなら、管理や介入が一切行われない状態を意味するからだ。例えば、部下を自由に任せるリーダーシップスタイル。

PMOの注意点

PMOを使用する時の注意点はコミュニケーションである。なぜならばPMOが提供する情報やサポートを最大限に活用するためには、常に連携と情報共有が必要だからだ。

例えば、予算の問題や進捗の遅れがある場合に、速やかにPMOに報告し、適切なアドバイスを受けることが重要である。

そして、定期的なミーティングの開催。だから、コミュニケーションを怠らないようにしましょう。

PMOとPMBOKは、間違えやすいので注意しましょう。

PMOは、組織内のプロジェクト管理や進行管理を行う部門やグループです。

一方、PMBOKは、プロジェクト管理のベストプラクティスをまとめたガイドブックです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました