シンボリックリンクとは?PC作業をスムーズするお手軽なファイル管理術

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • ファイルのショートカットみたいなもの
  • ファイルを別の場所から参照可能
  • 本体に影響せずに削除可

シンボリックリンクとはファイルを簡単に参照する方法です。

概要説明

シンボリックリンクとは、ファイルの別名のようなものである。なぜなら、これを使えば、元のファイルを移動させずに、別の場所からアクセスできる。

例えば、重要なドキュメントをいくつものフォルダにコピーしなくても、シンボリックリンクを使えば一箇所にまとめることができる。そして、シンボリックリンクは削除しても元のファイルに影響はない。

つまり、安全に使用できるということである。だから、効率的なファイル管理に役立つ。

職業職種

プログラマー

プログラマーは、シンボリックリンクをよく使う。なぜなら、ソースコードの参照が楽になるからだ。例えば、複数のプロジェクトで共有するライブラリのリンクを作るのに使う。

システム管理者

システム管理者も、シンボリックリンクを頻繁に使う。なぜなら、システム内のファイル管理を効率化するためだ。例えば、ユーザーごとのディレクトリから共有フォルダへのリンクを作る。

一般ユーザー

一般ユーザーは、シンボリックリンクを知らずに使っているかもしれない。なぜなら、WindowsのショートカットやmacOSのエイリアスもシンボリックリンクの一種だからだ。例えば、デスクトップによく使うフォルダへのショートカットを作るのに使う。

シンボリックリンクの名前は英語の”Symbolic link”が由来で、象徴的なリンクという意味です。ファイルやディレクトリへのリンクが、それらを象徴するという考え方から来ています。

代表例

Apple

Appleは、macOSの開発者である。なぜなら、彼らのオペレーティングシステムはシンボリックリンクという技術を使っている。例えば、ファイルやアプリケーションへのショートカットを作成するために。

Microsoft

Microsoftは、Windowsを開発している会社である。なぜなら、Windowsでもシンボリックリンクと同様の機能を「ショートカット」という形で提供している。例えば、デスクトップ上にお気に入りのアプリケーションへのショートカットを作ることができる。

Linus Torvalds

Linus Torvaldsは、UNIX系のOS、Linuxを開発した人である。なぜなら、彼の作ったLinuxもシンボリックリンクという便利な機能を使っている。例えば、ユーザーは自由にファイルやディレクトリへのシンボリックリンクを作成できる。

手順例

macOSのシンボリックリンクの作成手順です。

ターミナルを開く

最初のステップは、ターミナルを開くことである。なぜなら、シンボリックリンクを作るにはコマンドラインが必要だからだ。例えば、macOSなら「Finder」から「ユーティリティ」を開き、「ターミナル」を選択する。

lnコマンドを使う

次に、”ln -s”というコマンドを使う。なぜなら、これがシンボリックリンクを作るためのコマンドだからだ。例えば、ln -s /path/to/original /path/to/linkのように入力する。

作成を確認する

最後に、作成したシンボリックリンクを確認する。なぜなら、作成が正しく行われたかを知るためだ。例えば、ls -l /path/to/linkのようにコマンドを打ち込む。

類似語

エイリアス

エイリアスは、シンボリックリンクに似た概念である。なぜなら、これも本体とは別の位置からアクセスできるようにする機能だからだ。例えば、シェルコマンドのエイリアス設定とか。

ショートカット

ショートカットは、Windowsのシンボリックリンクの一種である。なぜなら、これも同じく本体とは別の位置からアクセスできるようにする機能だからだ。例えば、デスクトップにアプリケーションへのショートカットを作るなど。

ハードリンク

ハードリンクは、シンボリックリンクとは違い本体が削除されても参照できるリンクである。なぜなら、これはシステム上で同じファイルを複数の名前で扱う機能だからだ。例えば、UNIX系のOSでよく使われる。

反対語

直接参照

直接参照は、シンボリックリンクの反対である。なぜなら、直接参照は原始的な位置から直接アクセスする。例えば、フォルダを開いてその中のファイルを開くこと。

物理的存在

物理的存在は、シンボリックリンクの反対である。なぜなら、物理的存在は具体的な場所に存在し、リンクではない。例えば、USBメモリに保存されたデータ。

断絶

断絶は、シンボリックリンクの反対である。なぜなら、断絶は接続性が全くない状態を指す。例えば、インターネットがつながらない状態。

会話例

友人とコンピュータを触っている時

「このアイコンって何?」
「それ、シンボリックリンクだよ。実際のファイルとは別の場所に作られて、アクセスしやすくするためのものさ。」

クラスでのプレゼンテーション

「シンボリックリンクを消すと本体に影響あるの?」
「いや、全然ないよ。シンボリックリンクだけ消えて、本体のファイルには何も起こらないんだ。」

家でのディスク整理

「シンボリックリンクって本体が移動するとどうなるの?」
「その場合、リンクが切れてアクセスできなくなるよ。だから、注意が必要だね。」

注意点

シンボリックリンクを使用する時の注意点は、元のファイルの位置が変わるとリンクが切れてしまうことだ。なぜなら、シンボリックリンクは元のファイルへのパスを記録するだけだからだ。

例えば、元のファイルを移動したり、名前を変えたりするとリンクが切れてしまう。そして、リンク先のファイルを削除しても、シンボリックリンク自体は残ってしまう。

だから、リンクが切れたときの管理も忘れないようにしよう。

シンボリックリンクとエイリアスは、間違えやすいので注意しましょう。シンボリックリンクはOSの深いレベルで働くリンクで、元のファイルへのパスを保存します。その一方、エイリアスは主にMacOSで使われ、特定のファイルやアプリケーションへの参照を保持しますが、これらのリンクはOS内部ではなくFinderレベルで動作します。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました