コーダーとは?プログラミングの現場から見るの役割!

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • プログラムのソースコードを書く
  • ホームページを作成する
  • 設計から実装まで手がける

コーダーとは、ソースコードを書く人です。

概要説明

コーダーとは、ソースコードを書く専門家。 なぜなら彼らはプログラムを設計し、それを実際のコードに落とし込む。

例えばホームページ作成では、設計図をもとにHTMLやCSS、JavaScriptなどの言語でページを作る。そして、そのコードはブラウザで読み込まれ、見た目や動きを作り出す。

つまり彼らはアイデアを具体的な形にする仕事をする。だから、コーダーは創造的な技術者とも言える。

職業職種

Webデザイナー

Webデザイナーは、コーダーの技能を必要とする。なぜなら、彼らがデザインしたサイトを実際に作るためだ。例えばHTMLやCSSを使ってデザインを形にする。

ソフトウェアエンジニア

ソフトウェアエンジニアもコーダーのスキルを持つ。なぜなら、彼らが作るソフトウェアの設計から実装までを行うからだ。例えばPythonやJavaなどの言語でプログラムを書く。

データサイエンティスト

データサイエンティストもまたコーディングを行う。なぜなら、データ解析のためのスクリプトを書くからだ。例えばRやPythonを使ってデータを操作し、分析する。

コーダーは、名前の由来は英語の”code”(コード)と、それを書く人を表す”-er”から来ています。

代表例

Google

Googleは、世界最大のインターネット企業で、数々のサービスを提供している。その裏側で働いているのがコーダーたちだ。彼らは新しい機能の開発や既存の機能の改善を行っている。例えば、Googleの検索エンジンは、コーダーたちが作り上げたものだ。

Facebook

Facebookは、ソーシャルメディアの巨人である。ユーザーが友人とコミュニケーションを取ったり、写真や動画を共有できるのは、コーダーたちのおかげだ。例えば、”いいね”ボタンは、コーダーが設計し実装した機能だ。

ビル・ゲイツ

ビル・ゲイツは、Microsoftの共同創設者である。彼は自身も優れたコーダーで、Microsoftの初期のソフトウェアを自ら開発していた。例えば、彼が作成したBASICインタープリタは、パーソナルコンピュータの歴史を作り上げた。

手順例

コーダーを目指す場合の簡単な手順です。

学習

プログラミング言語を学ぶことが最初の一歩だ。なぜなら、これがコーダーの基本的なツールになるからだ。例えば、PythonやJavaScriptなどを学ぶといい。

実践

学んだ言語を使って実際にプログラムを作ってみることが大切だ。なぜなら、実践を通じて理解が深まるからだ。例えば、シンプルなゲームやWebサイトを作るといい。

プロジェクト参加

オープンソースプロジェクトなどに参加して、他の人と一緒に作業することも重要だ。なぜなら、現場の経験が得られるからだ。例えば、GitHubでプロジェクトを探すといい。

スキルアップ

新しい技術を学び続けることが必要だ。なぜなら、技術は日進月歩で進化するからだ。例えば、人工知能やクラウド技術など新しい分野を学ぶといい。

就職

最終的にはコーダーとして働く企業を見つけることが目標だ。なぜなら、その道で稼ぐことがプロの証だからだ。例えば、IT企業やスタートアップに応募するといい。

類似語

プログラマ

プログラマもまた、ソースコードを書く人を指す。ただし、プログラミングはコードの実装だけでなく、設計やテストなども含む。例えば、コーダーがレゴのブロックを組み立てるなら、プログラマは全体の設計図を描く人と言える。

デベロッパー

デベロッパーは、新しいソフトウェアやアプリを開発する人を指す。コーダーやプログラマと同じように、ソースコードを書くが、新製品や機能の開発全体を担当する。例えば、アプリの新機能を開発するのはデベロッパーの仕事だ。

エンジニア

エンジニアは、技術的な問題解決に携わる人を指す。コーダーやプログラマ、デベロッパーもエンジニアの一種だが、より広範な技術分野をカバーする。例えば、システムの設計やハードウェアの開発などもエンジニアの仕事に含まれる。

反対語

ユーザー

ユーザーは、コーダーの反対語である。なぜなら、コーダーが作ったプログラムを使うのがユーザーだからだ。例えば、ゲームアプリ。

非技術者

非技術者は、コーダーの反対語である。なぜなら、コードを書く技術がない人だからだ。例えば、美容師や教師。

管理者

管理者は、コーダーの反対語である。なぜなら、プログラムを作るのではなく、それを使って組織を管理する人だからだ。例えば、学校の校長先生。

会話例

  1. 学校でのキャリア教育の時間に
    Q.「君がなりたい職業は何?」
    A.「私はコーダーになりたいです!」

  2. 親が子供の将来の夢について聞いている場面
    Q.「将来何になりたいの?」
    A.「コーダーになって、自分のゲームを作りたい!」

  3. 学生が学校のカウンセラーに相談している場面
    Q.「どうすればコーダーになれますか?」
    A.「まずはプログラミングの基礎を学び、次に専門的なスキルを身につけると良いですよ。」

注意点

コーダーとして活動する時の注意点は、休憩をしっかり取ることである。なぜならば、長時間のコーディングは目や脳への負担が大きいからだ。

例えば、2時間作業したら15分休憩を入れる。そして、適度な運動も忘れずに。だから、健康的なライフスタイルが大切。

コーダーとプログラマーは、間違えやすいので注意しましょう。コーダーはソースコードを書くことに特化していて、プログラマーはコードを書くだけでなく設計や全体の流れも考えます。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました