コンパイラエラーとは?プログラミングの障害を解説!

ざっくりと

  • プログラムの誤りを指す
  • コードのチェックで出る
  • 修正必須のサイン

コンパイラエラー(Compiler Error)=プログラムの誤り

概要説明

コンパイラエラーとはプログラムの誤りである。なぜならばプログラムを翻訳して実行可能な形にするコンパイラが間違いを見つけた時に出るからだ。

例えば構文のミスや未定義の変数などがある。そしてそれらを修正しないとプログラムは正常に動かない。つまり、コンパイラエラーは問題を解決するための重要な手がかりである。

だから、発生したエラーを理解し修正することが必要。

職業職種

  1. ソフトウェア開発者
    ソフトウェア開発者は、コンパイラエラーを常にチェックする。なぜなら、エラーはプログラムのバグの可能性を示しているからだ。例えば、エラーメッセージを通じてコードのどこが問題かを特定する。

  2. システムエンジニア
    システムエンジニアは、コンパイラエラーを直す必要がある。なぜなら、エラーが存在するとシステムは正しく機能しないからだ。例えば、エラーを修正してシステムの安定性を保つ。

  3. 学生
    学生は、プログラミングを学ぶ過程でコンパイラエラーに遭遇する。なぜなら、エラーは学習の一部で、それを解決することでプログラミングの理解が深まるからだ。例えば、エラーメッセージを読み解き問題を修正する。

コンパイラエラーは、名前の由来は英語の”compiler”(コンパイラ)と”error”(エラー)からです。compilerは、「1つに集める」とか「編集する」の意味の「compile」+「er」

代表例

  • マイクロソフト
    マイクロソフトは、Visual Studioの生みの親だ。なぜなら、この開発環境で使われているC#やC++のコンパイラは、コンパイラエラーの出力で有名だ。例えば、「エラーC2061: 構文エラー : 識別子 ‘identifier’」。
  • GNUプロジェクト
    GNUプロジェクトは、gccコンパイラの開発者だ。なぜなら、gccはCやC++を含む多くの言語のコンパイラとして広く使われ、そのエラーメッセージがプログラマの日常の一部になっている。例えば、parse error before…
  • ビル・ジョイ
    ビル・ジョイは、Javaのコンパイラを設計したサン・マイクロシステムズの共同創設者である。なぜなら、Javaコンパイラは、Error:(3, 0) Gradle: A problem occurred configuring root project 'My_Application'.のようなエラーメッセージを出力し、それがプログラマのデバッグ作業を助けている。

手順例

  1. コードを書く
    コードを書く。なぜなら、まずはコードがないとコンパイラエラーは発生しない。例えば、int main(){int a = "hello"; return 0;}のようなコードを書く。

  2. コードをコンパイル
    コードをコンパイルする。なぜなら、コンパイラエラーはコンパイル時に発生する。例えば、gccやjavacなどのコンパイラを使ってコードをコンパイルする。

  3. エラーメッセージを確認
    エラーメッセージを確認する。なぜなら、エラーメッセージにはエラーの原因や発生位置が書かれている。例えば、Error: incompatible types: String cannot be converted to intのようなエラーメッセージを読む。

  4. エラーを理解し、コードを修正
    エラーの原因を理解し、コードを修正する。なぜなら、エラーを直さないとプログラムは正常に動かない。例えば、int a = 5;のようにコードを修正する。

  5. 再度コンパイルする
    修正したコードを再度コンパイルする。なぜなら、修正が正しかったかどうかを確認するためだ。例えば、再度gccやjavacを使ってコードをコンパイルする。

類似語

  • 構文エラー
    構文エラーは、コンパイラエラーの一種だ。なぜなら、コードがプログラミング言語の文法に従っていないときに発生する。例えば、Error: ';' expected
  • 型エラー
    型エラーは、コンパイラエラーの一種だ。なぜなら、データの型が予期された型と違う場合に出る。例えば、Error: incompatible types: String cannot be converted to int
  • リンクエラー
    リンクエラーは、コンパイラエラーの一種だ。なぜなら、コードの一部が他の部分と適切に接続できない場合に発生する。例えば、Error: undefined reference to 'function_name'

反対語

  • 成功したコンパイル
    成功したコンパイルは、コンパイラエラーの反対だ。なぜなら、エラーなしでコードが正しく動くからだ。例えばプログラムがスムーズに実行されること。
  • バグフリーコード
    バグフリーコードは、コンパイラエラーとは逆だ。なぜなら、これはコードにエラーが一切ない状態を指すからだ。例えば一発でコンパイルが通ること。
  • クリーンビルド
    クリーンビルドは、コンパイラエラーと対照的だ。なぜなら、それは全てのソースコードがエラーなくコンパイルされた状態を意味するからだ。例えば初めてのコンパイルでエラーが出ないこと。

会話例

  1. プログラミング中の学生と先生
    Q.「このコード、何でコンパイラエラーが出るの?」
    A.「セミコロンが足りないからだよ。最後の行を確認してみて」

  2. コードレビューの時
    Q.「なぜ私のコードはコンパイラエラーが多いの?」
    A.「変数名を間違えて入力しているからだよ。スペルチェックをしよう」

  3. プログラミング初心者の質問
    Q.「コンパイラエラーって何?」
    A.「コードをコンピューターが理解できる形に変える時に出るエラーだよ」

注意点

コンパイラエラーを解消する時の注意点は急がないことである。なぜならば慌てて修正すると新たなエラーを作ってしまう可能性があるからだ。例えば慌てて間違った行を修正してしまうとか。そして、エラーメッセージをよく読んで原因を理解しよう。だから焦らず落ち着いて取り組もう。

コンパイラエラーとランタイムエラーは、間違えやすいので注意しましょう。コンパイラエラーはコードをコンパイルする段階で見つかる問題で、ランタイムエラーはプログラムを実行したときに出る問題です。

記事を書いてる人

ガラケー時代からWEB開発やってる自宅SE です。

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

ネット事件簿チャンネルを運営しているので、YouTubeもぜひ覗いてみてください!!

雨おやじのSNSを覗く!!
IT用語辞典
雨おやじのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント