コグニティブとは?頭をよくする心理学のひみつ

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 認知科学の一部、思考や学習の過程を探る
  • 脳が情報を処理する方法を理解しようとする
  • 心の活動を解析し、より良い学習や意思決定を促進する

コグニティブとは脳が情報をどう処理するかの学問です。

概要説明

コグニティブとは我々が情報をどう理解、思考、学習するかの研究である。 なぜなら認知科学の一部として、我々の脳が世界をどう解釈するかを探求するからだ。

例えば記憶の仕方、問題解決の過程、意識の働きなどを調べる。そしてその知識を用いて、学習効率を上げたり、より良い意思決定を促したりする。

つまり我々の生活を豊かにする手段である。だから知っておくと役立つ。

職業職種

心理学者

心理学者はコグニティブの研究を行う。なぜなら人間の思考や行動の理解に重要だからだ。例えば認知バイアスを解明し、人々の決定過程をより良くするために。

教育者

教育者もコグニティブを使う。なぜならそれが学習効率を上げるからだ。例えば学生が情報をどのように処理、記憶するかを理解し、より効果的な教え方を見つけ出すために。

ビジネスパーソン

ビジネスパーソンにもコグニティブは役立つ。なぜなら意思決定や問題解決の過程を改善するからだ。例えば消費者の思考や行動を予測し、マーケティング戦略を立てるために。

コグニティブの名前の由来はラテン語の「cognoscere」で、「知る」を意味します。

代表例

IBM

IBMは、コグニティブコンピューティングのリーダーである。なぜなら、彼らの人工知能「Watson」が豊富な認知科学の知識を活用しているからだ。例えば、医療やビジネスの複雑な問題解決に役立てられている。

Google

Googleは、コグニティブ科学を活用した検索エンジンを提供している。なぜなら、ユーザーの検索行動や意図を理解することでより良い結果を提供するためだ。例えば、自然言語処理を用いて意味を理解し、ユーザーに最適な情報を提示している。

ダニエル・カーネマン

ダニエル・カーネマンは、コグニティブ心理学の専門家である。なぜなら、彼は我々の思考の誤りやバイアスを解明し、それを認知心理学と経済学の視点から解析しているからだ。例えば、彼の著書「思考は現実を歪める」は世界中で高い評価を受けている。

手順例

自分の問題を理解する

問題を理解することは、コグニティブの適用の第一歩である。なぜなら、それが問題解決の土台だからだ。例えば、何が困っているのか、何が達成したいのかを明確にする。

情報を集める

情報を集めることは、問題解決に重要である。なぜなら、それが解決策を見つけるための材料だからだ。例えば、本を読んだり、ネットで調べたりする。

情報を分析する

情報を分析することで、解決策が見えてくる。なぜなら、それが問題の本質を理解する手がかりだからだ。例えば、どの情報が重要で、どの情報が関連しているかを見つける。

解決策を考える

解決策を考えることで、問題を克服する。なぜなら、それが問題解決の本質だからだ。例えば、様々なアイデアを出し、最良のものを選ぶ。

行動する

行動することで、解決策を実現する。なぜなら、それが問題を実際に解決する唯一の方法だからだ。例えば、計画を立て、その計画に従って行動を開始する。

類似語

認知科学

認知科学は、コグニティブのような概念を研究する分野である。なぜなら、両者ともに人間の知識、思考、学習のメカニズムを解析するからだ。例えば、脳の機能や思考パターンについて深く探求している。

認知心理学

認知心理学は、コグニティブと同じく、人間の思考や学習の過程を研究する。なぜなら、どちらも人間の思考や認識のメカニズムを解明しようとしているからだ。例えば、記憶、知識、問題解決のメカニズムなどを分析する。

知能工学

知能工学は、コグニティブと近い関係がある。なぜなら、知能工学は人間の思考や認識をコンピュータに模倣させることを目指すからだ。例えば、人工知能や機械学習などはこの分野から生まれている。

反対語

無意識

無意識は、コグニティブの反対語と言える。なぜなら、コグニティブが意識的な思考や学習の過程を指すのに対し、無意識は思考や行動の背後にある意識されない過程を示すからだ。例えば、自転車の乗り方を忘れないのは無意識の力だ。

反射

反射もコグニティブの反対語になる。なぜなら、反射は学習や思考なしに自動的に起こる身体の反応だからだ。例えば、熱いものを触った時の手の引きつける動きが反射だ。

直感

直感はコグニティブとは異なる。なぜなら、直感は論理的な思考や意識的な分析を経ずに得られる知識や感じだからだ。例えば、何も考えずに答えを出したり、感じたりするのが直感だ。

会話例

学校での授業

Q.「コグニティブって何?」
A.「それは人間が物事を理解したり学んだりする過程のことを指すよ。」

仕事での会話

Q.「この新商品、コグニティブを利用しているって聞いたけど、それってどういう意味?」
A.「それは、この商品が人間の認知過程を模倣して機能するということだよ。」

科学の研究

Q.「最近、コグニティブな研究が進んでいるって聞いたけど、具体的に何が進んでいるの?」
A.「たとえば、人間の思考や記憶のメカニズムを解明する研究や、それを人工知能に応用する研究などが進んでいるよ。」

注意点

コグニティブを使用する時の注意点は、過信しないことである。なぜならば、コグニティブとは人間の認知過程を示すものであり、その理解や再現には限界があるからだ。

例えば、AIが人間の思考を完全に模倣できると考えるのは早計である。そして、常に科学的な根拠やエビデンスを重視することが大切だ。

だから、コグニティブを理解して活用する上でのスキルと知識をしっかり身につけることが重要だ。

コグニティブと知能の違い、間違えやすいので注意しましょう。コグニティブは人間が物事を理解したり学んだりする過程を指し、知能はそれらの能力の総体を指す。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました