SOAとは?業務効率アップのシステム構築法

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 外部のサービスを組み合わせてシステムを作る
  • 時間とコストの節約につながる
  • 機能追加や統合も楽に可能

SOA(Service-Oriented Architecture)

SOAとは、外部サービスを活用して効率的にシステムを作ることです。

概要説明

SOAとは外部のサービスを活用してシステムを作るアイデアだ。 なぜなら、新規に開発するより既存のサービスを組み合わせる方が効率的だから。

例えば、既存のメールサービスやデータベースサービスを組み合わせて新しいシステムを作ることができる。そして、これにより時間とコストを節約できる。つまり、SOAはビジネスにとって大きな利点を持つ。

だから、多くの企業がSOAを採用している。

職業職種

ソフトウェアエンジニア

ソフトウェアエンジニアは、新規のシステム開発にSOAを活用する。なぜなら、効率的に高品質なシステムを作るため。例えば、機能追加や統合が簡単になる。

プロジェクトマネージャ

プロジェクトマネージャは、プロジェクトのコストと時間を管理するためにSOAを使う。なぜなら、システム開発の効率化につながるから。例えば、開発時間の短縮や予算削減が可能。

企業経営者

企業経営者は、業務効率化や競争力強化のためにSOAを導入する。なぜなら、システムの改善や新規開発が短期間で可能だから。例えば、市場環境の変化にすぐに対応できる。

SOAは、英語の”Service-Oriented Architecture”の頭文字を取ったもので、日本語では「サービス指向のシステム構築」を意味します。カタカタ表示では、「サービス・オリエンテッド・アーキテクチャー」です。

代表例

Amazon Web Services(AWS)

AWSは、SOAの大きな利用者である。なぜなら、AWSはサービスとして多くの機能を提供し、それらを組み合わせてユーザが自由にアプリケーションを構築できるからだ。例えば、ストレージサービスのS3や計算サービスのEC2など。

Microsoft

Microsoftも、SOAを採用している企業の一つだ。なぜなら、彼らのクラウドサービス「Azure」は、ユーザが自分のビジネスに必要なサービスを選んで組み合わせて使用できるからだ。例えば、データベースサービスやAIサービスなど。

IBM

IBMは、SOAの実践者でもある。なぜなら、IBMのソフトウェア製品は多くがサービスとして提供され、それらを組み合わせて新しいアプリケーションやシステムを作り出すことが可能だからだ。例えば、データ分析ツールやAIソリューションなど。

手順例

  1. 目的の特定
    最初に、何のためにSOAを使用するのかを明確にする。なぜなら、SOAはシステムを機能単位で組み合わせて構築する考え方だからだ。例えば、販売管理システムを作る、など。
  2. 必要なサービスの選定
    次に、目的を達成するために必要なサービスを選ぶ。なぜなら、SOAは既存のサービスを組み合わせてシステムを構築するからだ。例えば、在庫管理サービスや顧客管理サービスなど。
  3. サービスの組み合わせ
    最後に、選んだサービスを組み合わせてシステムを構築する。なぜなら、それがSOAの本質だからだ。例えば、在庫管理サービスと顧客管理サービスを組み合わせて、販売管理システムを作る。

類似語

マイクロサービス

マイクロサービスは、SOAに似ている。なぜなら、マイクロサービスもまたシステムを機能単位で分割し、それぞれを独立したサービスとして開発・運用する考え方だからだ。例えば、SOAが大きな組織のビジネス要求を満たすためのアーキテクチャであるのに対し、マイクロサービスはより小規模で柔軟な開発を可能にする。

API(Application Programming Interface)

APIは、SOAと関連が深い。なぜなら、APIはソフトウェア間のインターフェースを提供し、それを通じて機能を提供することでSOAを実現する一つの方法だからだ。例えば、TwitterのAPIを使って自分のサイトにツイートを表示する、など。

クラウドコンピューティング

クラウドコンピューティングは、SOAと親和性が高い。なぜなら、クラウドコンピューティングはインターネットを通じてサービスを提供し、それらを組み合わせてシステムを構築することが可能だからだ。例えば、AWSやAzureなどのクラウドサービスがその典型的な例だ。これらのサービスはユーザに必要なサービスを選んで組み合わせることを可能にしており、これはまさにSOAの理念に基づいている。

反対語

モノリシックアーキテクチャ

モノリシックアーキテクチャは、SOAの反対語である。なぜなら、全部の機能が一つのプログラムで運用されるからだ。例えば、最初のウェブアプリケーションは大体この方式で作られた。

タイトクープリング

タイトクープリングも、SOAと反対の概念だ。なぜなら、各コンポーネントが強く結びついて、一つが変わると他の全ても影響を受けるからだ。例えば、共有メモリを使うようなプログラムはタイトクープリングになる。

On-Premise

On-Premiseは、SOAとは違う考え方だ。なぜなら、全てのIT資源を自社で所有し、自社で運用するからだ。例えば、自社のデータセンターに全てのサーバを設置する方式はOn-Premiseになる。

会話例

新しいシステムを作ろうとしているプロジェクトチームのミーティング

「SOAを使ってシステムを作るのはどう?」
「いい案だよ。必要な機能を既存のサービスから選んで組み合わせれば、時間とコストを節約できるからね。」

ITコンサルタントがクライアント企業に提案をする場面

「SOAって何?」
「SOAは、システムを組み立てる時に既存のサービスを組み合わせて使う考え方だよ。サービスが分散されていても、インターネットを通じて連携できるから便利だよ。」

学生が授業でSOAについて学ぶ場面

「SOAって、具体的にどんなメリットがあるの?」
「SOAのいいところは、自分たちで全部を作らなくてもいいことだよ。既存のサービスをうまく組み合わせることで、手間をかけずに必要なシステムを作り上げられるんだ。」

注意点

SOAを使用する時の注意点はサービス間の調整である。なぜならば、違うサービス同士がちゃんと連携できるように設計する必要があるからだ。

例えば、データの形式が違うと問題が起きることがある。そして、サービスが互いに依存しすぎていると、一つが変わると全部に影響が出る。

だから、うまくバランスを取ることが大切だ。

SOAとマイクロサービスは、間違えやすいので注意しましょう。SOAはシステム全体を見てサービスを組み合わせる考え方で、マイクロサービスは一つ一つのサービスを小さく作る考え方です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました