リーンスタートアップとは?失敗を避けるスタートアップの方法論

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとリーンスタートアップ

  • 効率的な新規事業の方法論
  • 仮説と検証でリスクを減らす
  • ユーザーニーズに応える最小限の製品

リーンスタートアップとは、低リスクの新規事業開発の方法論です。

概要説明

リーンスタートアップとは効率的な新規事業開発の方法論である なぜならば、少ない投資で高い成果を出すために設計されているからだ。

例えば、最小限の製品(MVP)を作ってユーザーの反応をテストする。そして、そのデータを基に製品を改善する。つまり、失敗を早く知って修正することができる。だから、リスクを減らす。

職業職種

起業家

起業家は、新規事業を効率的に立ち上げるために使用する。なぜなら、資源が限られているからだ。例えば、スタートアップ企業。

プロダクトマネージャー

プロダクトマネージャーは、製品開発を効率よく進めるために使用する。なぜなら、時間と予算の制約があるからだ。例えば、新製品の開発。

投資家

投資家は、リスクを減らすために使用する。なぜなら、効率的な事業モデルを評価できるからだ。例えば、ベンチャーキャピタル。

リーンスタートアップは、名前の由来は「Lean」が効率的、無駄が少ないという意味を持ち、「Startup」が新規事業や企業を指す英語から来ています。

リーンスタートアップの代表例

Dropbox

Dropboxは、リーンスタートアップで有名である。なぜなら、最小限の製品(MVP)を使ってユーザーの反応をテストし、それに基づいて製品を改善したからだ。例えば、初めはシンプルなファイル共有サービスとしてスタートした。

Airbnb

Airbnbは、リーンスタートアップで名高い存在である。なぜなら、市場調査とユーザーフィードバックに基づいてサービスを頻繁に更新しているからだ。例えば、最初は「エアマットレスと朝食」の提供だけだった。

エリック・リース

エリック・リースは、リーンスタートアップで世間に知られている。なぜなら、この方法論自体を考案し、多くの企業や個人に影響を与えているからだ。例えば、彼の著書「The Lean Startup」は多くの人に読まれている。

手順例

以下は、リーンスタートアップを実行する手順です。

仮説の設定

仮説を立てることは、最初のステップである。なぜなら、何をテストするのか明確にする必要があるからだ。例えば、ユーザーが求める機能は何か。

MVPの開発

MVP(最小限の製品)を開発する。なぜなら、仮説をテストする最も効率的な方法だからだ。例えば、必要最低限の機能だけを持つアプリを作る。

テストと測定

テストを行い、結果を測定する。なぜなら、仮説が正しいのか確認する必要があるからだ。例えば、ユーザーの反応や使用状況を分析する。

データの分析

データを分析する。なぜなら、次のステップを決めるための重要な情報を得られるからだ。例えば、どの機能がよく使われているか。

改善と反映

得られたデータに基づいて製品を改善し、それを反映する。なぜなら、製品をより良くするためにはフィードバックが必要だからだ。例えば、ユーザーの要望に応じて新機能を追加する。

類似語

アジャイル開発

アジャイル開発は、リーンスタートアップの類似語である。なぜなら、両者ともに素早い反復と改善に重点を置いているからだ。例えば、スクラムやカンバンといった方法論がある。

ブートストラッピング

ブートストラッピングは、リーンスタートアップの類似語である。なぜなら、少ないリソースで事業を成長させる点が共通しているからだ。例えば、外部資金を使わずに自己資金で事業を拡大する。

カスタマー開発

カスタマー開発は、リーンスタートアップの類似語である。なぜなら、ユーザーのニーズに焦点を当て、それに基づいて製品を開発する点が共通しているからだ。例えば、顧客インタビューやフィードバックの収集。

反対語

ウォーターフォール開発

ウォーターフォール開発は、リーンスタートアップの反対語である。なぜなら、全ての機能を最初から完璧に作り上げる方法だから。例えば、計画を最初にしっかり立て、その通りに開発を進める。

オーバーエンジニアリング

オーバーエンジニアリングは、リーンスタートアップの反対語である。なぜなら、必要以上に複雑なシステムを作ってしまうことが多いから。例えば、シンプルな問題に対して過度な解決策を用いる。

計画主義

計画主義は、リーンスタートアップの反対語である。なぜなら、最初から全てを計画し、その計画通りに進めようとするから。例えば、市場調査もせずに大量生産を始める。

リーンスタートアップの注意点

リーンスタートアップを使用する時の注意点は仮説の確認である。なぜならば、仮説が不正確だと全体の方向性がズレる可能性があるからだ。

例えば、ユーザーが求めていない機能に時間をかけてしまう可能性がある。そして、データの収集と分析も重要。だから、しっかりと仮説を立て、データを元に反省と改善を繰り返すことが大事。

リーンスタートアップとアジャイル開発は、間違えやすいので注意しましょう。

リーンスタートアップは、新しいビジネスや製品を効率よく開発する方法です。

一方、アジャイル開発は、ソフトウェア開発の進め方の一つです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました