ホワイトハッカーとは?ネットの安全を守るスペシャリストの全貌

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとホワイトハッカーとは

  • セキュリティのプロフェッショナル
  • システムの脆弱性を診断
  • 侵入者の追跡と防御

ホワイトハッカーとは、セキュリティの専門家です。

概要説明

ホワイトハッカーとはセキュリティの専門家である。なぜならば、コンピュータシステムの安全を守るための高度な技術と知識を持っているから。

例えば、システムの脆弱性を見つけて報告することである。そして、侵入者がシステムに悪影響を及ぼすのを防ぐ。

つまり、デジタルの世界での警察官のような役割である。だから、私たちのデータとプライバシーを守る重要な存在である。

職業職種

セキュリティコンサルタント

セキュリティコンサルタントは、ホワイトハッカーを頻繁に使用する。なぜなら、クライアントのシステムの安全性を評価し、改善策を提案するため。例えば、脆弱性診断の実施。

システム管理者

システム管理者は、ホワイトハッカーの技術を使用する。なぜなら、企業の内部システムを保護し、不正アクセスを防ぐため。例えば、侵入検知システムの設定。

研究機関の研究員

研究機関の研究員は、ホワイトハッカーを参考にする。なぜなら、新しいセキュリティ技術を開発し、既存のシステムをより安全にするため。例えば、新しい暗号技術の研究。

ホワイトハッカーは、名前の由来は「白い帽子をかぶったハッカー」です。これは、西部劇で善人が白い帽子をかぶり、悪人が黒い帽子をかぶるという描写から来ており、ホワイトハッカーは「善意で行動するハッカー」を意味します。

ホワイトハッカーの代表例

FireEye

FireEyeは、ホワイトハッカーで有名である。なぜなら、先進的なセキュリティソリューションを提供し、世界中の企業のセキュリティを守っているから。例えば、高度なマルウェア対策サービス。

Kevin Mitnick

Kevin Mitnickは、ホワイトハッカーで名高い存在である。なぜなら、かつては最も捜索されたコンピュータ犯罪者であり、今はセキュリティコンサルタントとして活躍しているから。例えば、自身の経験を元にしたセキュリティ講演。

HackerOne

HackerOneは、ホワイトハッカーで世間に知られている。なぜなら、企業とセキュリティリサーチャーをつなげ、報奨金を通じてシステムの脆弱性を発見・報告するプラットフォームを提供しているから。例えば、バグバウンティプログラム。

手順例

以下は、システムの脆弱性診断を行う手順です。

知識とツールの準備

知識とツールの準備は、基本である。なぜなら、診断に必要な技術とツールを理解し、使いこなす必要があるから。例えば、セキュリティスキャナの使用。

診断対象の確認

診断対象の確認は、重要である。なぜなら、どのシステムを診断するのか明確にする必要があるから。例えば、Webサーバーやデータベースの選定。

脆弱性のスキャン

脆弱性のスキャンは、核心である。なぜなら、システムの弱点を見つける主要な作業だから。例えば、自動スキャンツールの実行。

結果の分析

結果の分析は、精査である。なぜなら、スキャン結果から実際のリスクを評価し、報告する必要があるから。例えば、重大な脆弱性の特定。

改善策の提案

改善策の提案は、最終ステップである。なぜなら、見つけた脆弱性をどのように修正するかをクライアントに伝える必要があるから。例えば、セキュリティパッチの適用勧告。

類似語

セキュリティリサーチャー

セキュリティリサーチャーは、ホワイトハッカーの類似語である。なぜなら、両者ともにシステムのセキュリティを分析し、脆弱性を見つける専門家だから。例えば、セキュリティの論文を発表する活動。

ペネトレーションテスター

ペネトレーションテスターは、ホワイトハッカーの類似語である。なぜなら、実際にシステムに侵入するテストを行い、セキュリティの弱点を明らかにする専門家だから。例えば、侵入テストの実施。

セキュリティオーディター

セキュリティオーディターは、ホワイトハッカーの類似語である。なぜなら、システムのセキュリティ状態を評価し、改善点を指摘する専門家だから。例えば、セキュリティポリシーの監査。

反対語

ブラックハッカー

ブラックハッカーは、ホワイトハッカーの反対語である。なぜなら、悪意を持ってシステムに侵入し、情報を盗んだり破壊したりするから。例えば、個人情報の盗難。

クラッカー

クラッカーは、ホワイトハッカーの反対語である。なぜなら、セキュリティを破ることを目的とし、違法な行為を行うから。例えば、ウイルスの拡散。

サイバー犯罪者

サイバー犯罪者は、ホワイトハッカーの反対語である。なぜなら、インターネットを使って違法な行為を行う人物で、セキュリティを守る目的がないから。例えば、ランサムウェアの攻撃。

ホワイトハッカーの注意点

ホワイトハッカーを使用する時の注意点は、信頼性である。なぜならば、セキュリティの専門家としての技術と倫理が求められるからだ。

例えば、過去の実績や資格を確認することである。そして、契約内容を明確にする。だから、慎重に選ぶ。

ホワイトハッカーとグレイハッカーは、間違えやすいので注意しましょう。

ホワイトハッカーは、セキュリティの強化を目的として合法的に活動します。

一方、グレイハッカーは、合法・違法の境界で活動し、その意図が不明確な場合があります。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました