MSPとは?ネットワーク監視から保守まで一手に

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとMSPとは

  • ITシステムの運用・保守専門家
  • ネットワークの監視・安全確保
  • 企業のIT戦略を支援

MSPとは、企業のシステムを守るプロです。

概要説明

MSPとは、企業のITシステムの運用・保守を専門に行う事業者である。なぜならば、ITシステムは企業の業務を支える重要な基盤であり、その安定した運用が求められるからだ。

例えば、サーバーの監視やセキュリティの確保である。そして、専門知識と経験が必要である。つまり、MSPは企業のIT環境を最適に保ち、トラブル時に迅速に対応するプロフェッショナルである。

だから、企業の成長と安定を支える存在と言える。

職業職種

ITマネージャー

ITマネージャーは、MSPを活用することが多い。なぜなら、ITシステムの安定運用を確保しながら、戦略的な業務に専念できるからだ。例えば、新しい技術の導入計画を立てること。

中小企業の経営者

中小企業の経営者は、MSPを利用することがある。なぜなら、専門のIT部門を持たない企業でも、安定したIT環境を維持できるからだ。例えば、セキュリティ対策を強化すること。

新規事業のプロジェクトリーダー

新規事業のプロジェクトリーダーは、MSPを活用することがある。なぜなら、新しい事業をスムーズに立ち上げるために、IT環境の構築と運用をプロに任せられるからだ。例えば、新しいオフィスのネットワーク設定を依頼すること。

MSPは、名前の由来は「Management Service Provider」の略で、直訳すると「管理サービスの提供者」です。

MSPの代表例

SolarWinds

SolarWindsは、MSPで有名である。なぜなら、幅広いIT管理ソフトウェアを提供し、世界中の企業のIT運用を支えているからだ。例えば、ネットワーク監視ツール「SolarWinds NPM」。

ConnectWise

ConnectWiseは、MSPで名高い存在である。なぜなら、統合されたビジネス管理とRMM(リモート監視・管理)ソフトウェアを提供し、MSPの効率化を支援しているからだ。例えば、ITサービス管理プラットフォーム「ConnectWise Manage」。

Frank Slootman

Frank Slootmanは、MSPで世間に知られている。なぜなら、複数の大手IT企業のCEOを歴任し、業界の発展に大いに貢献しているからだ。例えば、ServiceNowの元CEOとして同社の急成長を牽引したこと。

手順例

以下は、企業のITシステム管理の手順です。

ニーズ分析

ニーズ分析は、自社のIT環境と要求を明確にする。なぜなら、適切なMSPを選ぶ基盤を築くため。例えば、現状のシステムの課題を洗い出す。

MSP選定

MSP選定は、信頼できるパートナーを見つける過程である。なぜなら、長期的な関係を築くため。例えば、実績や評判を基に選ぶ。

契約締結

契約締結は、サービス内容や費用を明確にする。なぜなら、後でトラブルを避けるため。例えば、SLA(サービスレベル契約)を確認する。

システム移行

システム移行は、MSPにIT環境を移行する。なぜなら、MSPが管理しやすい状態にするため。例えば、データのバックアップを取る。

運用開始

運用開始は、MSPによる監視と管理が始まる。なぜなら、これがMSPの主な役割だから。例えば、定期的なレポートを受け取る。

類似語

ITアウトソーシング

ITアウトソーシングは、MSPの類似語である。なぜなら、両者ともに企業のIT業務を外部の専門業者に委託する点で似ているから。例えば、システム開発や運用を外部に依頼する。

RMM

RMM(Remote Monitoring and Management)は、MSPの類似語である。なぜなら、MSPが使用する主要なツールの一つで、リモートでの監視・管理を指すから。例えば、遠隔地からのシステム監視。

クラウドサービスプロバイダ

クラウドサービスプロバイダは、MSPの類似語である。なぜなら、両者ともにITの専門業者であり、企業のIT環境を提供・管理する点で似ているから。例えば、インフラストラクチャをクラウドで提供する。

反対語

自社運用

自社運用は、MSPの反対語である。なぜなら、MSPは外部の専門業者にIT運用を委託するのに対し、自社運用は企業自身がITシステムを管理するから。例えば、自社のIT部門がサーバーを監視する。

集中管理

集中管理は、MSPの反対語である。なぜなら、MSPは複数のクライアント企業のITシステムを一括で管理するのに対し、集中管理は一つの組織内でITシステムを一元的に管理するから。例えば、一つの企業のIT部門が全社のシステムを管理する。

手動監視

手動監視は、MSPの反対語である。なぜなら、MSPは自動化されたツールを使ってシステムを監視するのに対し、手動監視は人が直接システムの状態をチェックするから。例えば、IT担当者が定期的にサーバーのログを確認する。

MSPの注意点

MSPを使用する時の注意点はコストと契約内容の明確化である。なぜならば、予想以上の費用が発生する可能性があるからだ。

例えば、追加のサービスが発生した場合の費用。そして、サービスの品質を保証するSLA(サービスレベル契約)をしっかりと確認すること。

だから、最初に全ての条件を明確にし、納得した上で契約することが大切。

MSPとITアウトソーシングは、間違えやすいので注意しましょう。

MSPは、企業のITシステムの運用を一貫して請け負うサービスです。

一方、ITアウトソーシングは、特定のIT業務を外部の業者に委託する行為です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました