シンタックスシュガーとは?プログラムが見やすく!効率化する

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 省略可能なプログラムの書き方
  • 開発工数の削減に役立つ
  • 他人が見ても理解しやすいコード

シンタックスシュガー (Syntax sugar)
シンタックスシュガーとは、省略可能で見やすく、効率的なコーディング手法です。

概要説明

シンタックスシュガーとは、プログラミングのコードを書く際に冗長性を減らすための手法である。なぜなら、同じ処理を何度も書くことが大変だからだ。

例えば、一部の言語ではループ処理を一行で書くことができる。そして、それによってコードが見やすくなり、他の人も理解しやすい。

つまり、効率的なプログラミングを支える仕組みである。だから、開発者にとって欠かせない存在だ。

職業職種

プログラマー

プログラマーは、頻繁にシンタックスシュガーを使用する。なぜなら、コードの見やすさや効率性を向上させるからだ。例えば、ループ処理をシンプルに書くことができる。

システムエンジニア

システムエンジニアも、シンタックスシュガーを使う。なぜなら、システムの設計や改善において、コードの可読性は大切だからだ。例えば、複雑な条件分岐を簡単に記述できる。

Webデザイナー

Webデザイナーも、JavaScriptなどでシンタックスシュガーを活用する。なぜなら、デザインと機能性を両立するには、効率的なコーディングが必要だからだ。例えば、DOM操作をスマートに記述できる。

シンタックスシュガーの名前の由来は、シンタックスが「文法」、シュガーが「砂糖」を意味する英語から来ています。つまり、「文法の砂糖」つまり、プログラムを甘く(楽に)するという意味です。

代表例

Google

Googleは、シンタックスシュガーをうまく使ったコードで有名だ。なぜなら、そのソースコードは読みやすくて、効率的だからだ。例えば、Pythonのような言語でのプロジェクトがそれを証明している。

Python言語

Pythonは、シンタックスシュガーの良い例だ。なぜなら、その文法はシンプルで読みやすく、同じ機能を持つ複雑なコードを書く必要がないからだ。例えば、リスト内包表記はその一つだ。

ジョン・マッカーシー

ジョン・マッカーシーは、シンタックスシュガーの原則をうまく使った人だ。なぜなら、彼が開発したLisp言語は、その言語の柔軟性と表現力の一部としてシンタックスシュガーを用いているからだ。例えば、Lispのマクロシステムはそれを証明している。

手順例

シンタックスシュガーを使ったPythonコードの書き方の手順です。
  1. 処理を理解する
    まずは、書きたい処理をしっかりと理解しよう。なぜなら、それが先に進むための第一歩だからだ。例えば、リストの各要素を二倍にしたい場合、その処理を理解することだ。
  2. 通常のコードを書く
    次に、シンタックスシュガーを使わずにその処理を書く。なぜなら、それがシンタックスシュガーの必要性を理解するためのステップだからだ。例えば、forループを使ってリストの各要素を二倍にするコードを書くことだ。
  3. シンタックスシュガーを適用する
    最後に、シンタックスシュガーを使ってそのコードを短くしよう。なぜなら、それがシンタックスシュガーの目的だからだ。例えば、リスト内包表記を使って一行で同じ処理を書くことだ。

類似語

糖衣構文

糖衣構文は、シンタックスシュガーの日本語訳だ。なぜなら、同じ意味を持つ言葉だからだ。例えば、Pythonのリスト内包表記は糖衣構文の一つだ。

短縮表現

短縮表現は、シンタックスシュガーと類似の概念だ。なぜなら、コードを簡潔にし、読みやすくするためのものだからだ。例えば、JavaScriptのアロー関数はその一つだ。

補助構文

補助構文は、シンタックスシュガーの別の言い方だ。なぜなら、主要な機能を補うための追加的な構文を指すからだ。例えば、C++のオーバーロードされた演算子はその一つだ。

反対語

詳細記述(Detailed Description)

詳細記述は、全てを詳しく書くことだ。なぜなら、すべての情報を必要とするからだ。例えば、手動でループを作るなど。

冗長性(Redundancy)

冗長性は、同じことを何度も書くことだ。なぜなら、省略しないで全てを詳しく書くからだ。例えば、各要素に対する操作をループで書くなど。

手続き的記述(Procedural Description)

手続き的記述は、ステップバイステップで全てを書くことだ。なぜなら、一つ一つの工程を詳しく書くからだ。例えば、計算の各ステップを一つずつ明示的に書くなど。

会話例

コーディングセッション

「シンタックスシュガーって何?」
「同じコードを何度も書くのを避けるために、プログラムをシンプルに書けるような便利な方法だよ。」

コードレビュー

「このコード、シンタックスシュガー使ってる?」
「うん、これはforループを使ったシンタックスシュガーだよ。」

プログラミングの勉強会

「シンタックスシュガー使うとどんな利点があるの?」
「コードが読みやすくなり、同じ処理を何度も書かなくていいから時間も節約できるよ。」

注意点

シンタックスシュガーを使用する時の注意点は過度の利用だ。なぜならば使いすぎると、コードが複雑になったり、初学者にとって理解しづらくなるからだ。

例えば、Pythonのリスト内包表記は強力だけど、深くネストすると読みづらくなる。そして、使い方を間違えると、意図しない結果を生む可能性もある。

から、適度に使い、読みやすさを保つことが大切だ。

シンタックスシュガーとショートカットの間違えやすいので注意しましょう。シンタックスシュガーはプログラミング言語の記述を簡易化するもので、ショートカットは特定の操作を早く行うためのキーボード操作です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました