ITOとは?IT用語辞典で分かりやすく解説

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとITO

  • 情報技術のアウトソーシング手法
  • ITサービスを外部企業に委託
  • コスト削減や専門性の確保

ITO(Information Technology Outsourcing)=情報技術のアウトソーシング

ITOとは

ITOとは情報技術のアウトソーシング手法。企業がIT関連の業務を他の企業に委託すること。なぜならば、ITの専門知識を持った人材を自社に確保するのは難しいため。

例えば、システム開発や保守、ネットワーク管理などを専門のITサービス企業に任せる。そして、自社のコア業務に集中し、ビジネスの効率化を図る。だから、多くの企業がITOを利用している。

使用する職種

ITマネージャー

ITマネージャーはシステムの開発や保守、サーバーの管理などをITOを活用する。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは時間とリソースを最適化するためにITOを使用することがある。

経営者

経営者は、コスト削減やビジネス効率化を目指してITOを利用する。

ITOはIT業務の外部化によるコスト削減と専門性の確保が可能です。

有名な企業や製品、サービス

アクセンチュア

大手ITコンサルティング会社で、多数の企業向けにITOサービスを提供しています。

IBM

ITソリューションのパイオニアとして知られ、幅広いITOサービスを展開。

日立ソリューションズ

国内の大手ITOサービス提供企業で、多くの企業が利用しています。

類似語

BPO(Business Process Outsourcing)

BPOもITO同様に業務を外部企業に委託するものですが、対象がIT以外のビジネスプロセス全般となります。

KPO(Knowledge Process Outsourcing)

KPOは特定の知識領域の業務を外部企業に委託することを指します。

LPO(Legal Process Outsourcing)

LPOは法律に関連する業務を外部企業に委託することを指します。

反対語

In-house

In-houseは業務を自社内で行うことを意味し、ITOの反対語となります。

DIY(Do It Yourself)

DIYは自分で作業を行うことを意味し、ITOの反対語となります。

Self-Service

Self-Serviceは自分でサービスを提供することを意味し、ITOの反対語となります。

会話の例文

ITマネージャーがITOを検討する場面

Q.「ITOを利用すると、どのような利点がありますか?」
A.「ITOを利用すると、IT業務の専門性を確保し、コスト削減が可能となります。」

ITO提供企業との契約時の場面

Q.「ITOサービスの品質をどのように保証しますか?」
A.「サービスレベル契約(SLA)を結ぶことで、品質を定量的に保証します。」

ITOを導入後の評価の場面

Q.「ITOのパフォーマンスをどのように評価すべきですか?」
A.「業務遂行能力、コスト削減効果、満足度などを評価指標とすることが一般的です。」

使用時の注意点

ITOを使用する時の注意点は、適切なパートナー選びと契約内容の確認です。なぜなら、ITOはIT業務の一部または全部を外部企業に任せることになるからです。

例えば、セキュリティ対策が不十分なパートナーを選べば、情報漏洩のリスクが高まります。

そして、契約内容の確認が不十分だと、業務遂行の品質が確保できない可能性があります。だから、ITOを利用する際には十分な検討と準備が必要なのです。

ITO利用はパートナー選びと契約内容が鍵。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました