スナップショットとは?データ保全の必須ツールを解説

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • データのある瞬間の状態を保存
  • バックアップとして使える
  • データ復元が簡単

スナップショットとは、データの瞬間的な保存です。

概要説明

スナップショットとはデータやファイルのある時点での状態を保存するものである。なぜならば、データの損失や変更を防ぐため。例えば、サーバーがクラッシュした場合でもデータを元に戻せる。そして、バックアップよりも高速で効率的。つまり、データ保全の強力なツールである。だから、多くの企業や個人が利用している。

職業職種

システム管理者

システム管理者は、データ保全と復元でスナップショットを使う。なぜなら、サーバーの障害時に迅速に対応する必要があるから。例えば、データベースの復元。

データアナリスト

データアナリストは、データ分析の前にスナップショットを取る。なぜなら、元のデータに影響を与えずに分析を行いたいから。例えば、市場調査。

ソフトウェア開発者

ソフトウェア開発者は、コードのバージョン管理でスナップショットを使う。なぜなら、過去のバージョンに簡単に戻れるから。例えば、バグ修正。

スナップショットの名前の由来は、写真の「スナップショット」から来ています。瞬間を捉える写真と同じように、データのある瞬間を「撮る」ことからついた名前です。

代表例

NEC

NECは、スナップショットで有名である。なぜなら、データセンター向けのストレージソリューションでスナップショット機能を提供しているから。例えば、NEC Storage HSシリーズ。

日立製作所

日立製作所は、スナップショットで名高い存在である。なぜなら、エンタープライズ向けのストレージで高度なスナップショット機能を持っているから。例えば、Hitachi Virtual Storage Platform。

富士通

富士通は、スナップショットで世間に知られている。なぜなら、多くのビジネスシーンで使われるストレージ製品にスナップショット機能を組み込んでいるから。例えば、ETERNUS DXシリーズ。

手順例

以下は、スナップショットの基本的な取得手順です。

対象の選定

対象のデータやファイルを選ぶ。なぜなら、何を保存するかが最初のステップだから。例えば、大事なプロジェクトのフォルダ。

スナップショットソフトウェアの起動

スナップショットを取るソフトウェアを起動する。なぜなら、このソフトウェアがスナップショットを作成するから。例えば、Windowsのシャドウコピー。

設定

必要な設定を行う。なぜなら、どのように保存するかを決める重要なステップだから。例えば、保存先や保存形式。

スナップショットの取得

スナップショットを取得する。なぜなら、これが目的のアクションだから。例えば、「スナップショットを作成」ボタンをクリック。

確認

スナップショットが正しく取得されたか確認する。なぜなら、失敗した場合はやり直しが必要だから。例えば、作成されたスナップショットファイルを開いて確認。

類似語

バックアップ

バックアップは、スナップショットの類似語である。なぜなら、両方ともデータを保存する目的があるから。例えば、外部ドライブにデータをコピーする行為。

アーカイブ

アーカイブは、スナップショットの類似語である。なぜなら、過去のデータを保存する点で似ているから。例えば、メールのアーカイブ機能。

クローン

クローンは、スナップショットの類似語である。なぜなら、データを複製するという共通点があるから。例えば、ディスクのクローン作成。

反対語

リアルタイム更新

リアルタイム更新は、スナップショットの反対語である。なぜなら、スナップショットはある時点での状態を保存するが、リアルタイム更新は常に最新の状態を反映するから。例えば、ライブストリーミング

削除

削除は、スナップショットの反対語である。なぜなら、スナップショットは保存する行為であり、削除はその逆であるから。例えば、ゴミ箱にファイルを移す。

進行中の作業

進行中の作業は、スナップショットの反対語である。なぜなら、スナップショットは完成した状態をキャプチャするが、進行中の作業は未完成で変わり続けるから。例えば、書きかけのレポート。

注意点

スナップショットを使用する時の注意点は、保存先の容量である。なぜならば、スナップショットが多くなると容量が足りなくなる可能性があるからだ。例えば、外部ストレージがいっぱいになる。そして、定期的に不要なスナップショットを削除すること。だから、容量管理が大事。

スナップショットとバックアップは、間違えやすいので注意しましょう。

スナップショットは、ある時点での状態を保存するです。

一方、バックアップは、データ全体を別の場所に保存するです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました