アーカイブとは?IT初心者でも分かる詳細な解説

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとアーカイブ

  • データの長期保存を目指す方法
  • 大量のファイルをまとめる工程
  • 情報の整理・保存を実現する道具

アーカイブとは

アーカイブとは、大量の情報やデータを整理し、長期間安全に保存するための方法のことを指す。例えば、学校で作成した大量のレポートや写真を整理して、1つのフォルダにまとめることがアーカイブの一例だ。これにより、情報が散らばることを防ぎ、必要なときに簡単に見つけることが可能になる。

アーカイブを使用する職種

アーカイブは、様々な職種の人々に利用される。例えば、IT初心者が自身のパソコン上で大量のファイルを整理する際や、データ分析者が過去のデータを整理し、新しい分析に集中するために使用する。

アーカイブで有名な企業や製品、サービス

アーカイブに関連する有名な企業としては、WinRARや7-Zipなどのソフトウェアを提供する会社が挙げられる。これらのソフトウェアは、ファイルを圧縮し、アーカイブ化する機能を持っている。

アーカイブの類似語

バックアップ

データを別の場所にコピーすること。アーカイブとは目的が異なり、バックアップはデータの紛失防止が目的である。

圧縮

ファイルのサイズを小さくすること。アーカイブでは、圧縮が利用されることもあるが、その主な目的はデータの保存と整理である。

ストレージ

データを保存する場所のこと。アーカイブはストレージの一部として考えることもできるが、アーカイブはデータの長期保存と整理に重点を置く。

アーカイブの反対語

解凍

アーカイブされたデータを元の状態に戻すこと。アーカイブはデータを保存・整理する行為なのに対して、解凍はそれを使える状態に戻す行為だ。

削除

データを永久に消去すること。アーカイブはデータの保存を目指すが、削除はその逆。

アーカイブを使った会話の例文

仕事の中での会話

Q.「この古いプロジェクトのデータはどこにあるの?」
A.「それらは全てアーカイブ化してあるよ。必要なら取り出してみる?」

パソコンを整理する場面

Q.「これらの古いファイル、どうしたらいい?」
A.「それらはアーカイブして、バックアップをとりましょう。」

データ分析の途中で

Q.「過去の分析データが邪魔だな…。」
A.「それなら、それらをアーカイブ化して整理しましょう。」

会話で使用する場合の注意点

アーカイブを会話で使うときの注意点としては、アーカイブとバックアップを混同しないことが重要だ。バックアップはデータのコピーを別の場所に保存し、万が一のデータ喪失に備えるためのもの。一方、アーカイブは情報の長期保存と整理が目的。この2つの用語は似ているが、用途は異なるため、正しく使い分けることが大切だ。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました