仕様書とは?要望する機能や工程を明確にする手段

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • システム開発の際の要望を明確にする
  • 発注側と受注側が共有する文書
  • 納期や受注額を決める段階でも用いられる

仕様書とは、システム開発の要望を共有し、納期や受注額を決めるためのものです。

概要説明

仕様書とはシステム開発の際の要望や工程を具体的にするものである。なぜならば、発注側と受注側が具体的な要望や工程を共有し、誤解なく進められるからだ。

例えばシステム開発の要望の項目やその詳細な工程を具体的にすることが可能だ。そして契約前の段階で内々に納期や受注額を決めることもできる。

つまり仕様書はシステム開発をスムーズに行うための重要なツールだ。だから、システム開発では欠かせないものだ。

職業職種

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、仕様書を利用する。なぜなら、プロジェクトの進行状況を把握するためだ。例えば、具体的な工程とその進行度を確認できる。

システムエンジニア

システムエンジニアは、仕様書を利用する。なぜなら、開発する機能や工程を理解するためだ。例えば、どの機能をどのように開発すべきかを把握できる。

クライアント(発注側)

クライアントは、仕様書を利用する。なぜなら、自分たちの要望が正確に伝わっているかを確認するためだ。例えば、要望した機能がきちんと記載されているかを確認できる。

仕様書は、要求する「仕様」を具体的に書き出す「書」です。

代表例

Microsoft

Microsoftは、ソフトウェアの開発で有名だ。なぜなら、WindowsやOfficeなどの大ヒット製品を生み出したからだ。例えばWindowsは、PCの操作システムとして全世界で使われている。

Google

Googleは、検索エンジンの開発で知られる。なぜなら、その検索エンジンはインターネット上の情報を瞬時に見つけ出すことができるからだ。例えばGoogle検索は、日常生活に欠かせないサービスになっている。

リーナス・トーバルズ

リーナス・トーバルズは、Linuxの開発者として名高い。なぜなら、彼が作ったLinuxはオープンソースのOSとして広く利用されているからだ。例えばサーバーやスマートフォンなど、さまざまなデバイスでLinuxが活躍している。

手順例

要件定義

要件定義は、開発するシステムの目標や必要な機能を明確にする工程だ。なぜなら、この工程で具体的な開発内容が決まるからだ。例えば、ショッピングサイトを作るなら、商品検索機能やカート機能などが必要になる。

仕様書作成

仕様書作成は、要件定義で決まった内容を詳細に記述する工程だ。なぜなら、この仕様書が開発の道しるべになるからだ。例えば、どのような画面にどのようなボタンを配置するかなどを記述する。

開発

開発は、仕様書に基づいて実際のシステムを作っていく工程だ。なぜなら、この工程でアイデアが形になるからだ。例えば、プログラミング言語を使って機能を実装する。

テスト

テストは、開発したシステムが正しく動くかを確認する工程だ。なぜなら、この工程でバグを見つけて修正するからだ。例えば、全ての機能が予定通りに動くかをチェックする。

リリース

リリースは、完成したシステムをユーザーに提供する工程だ。なぜなら、この工程でシステムが実際に使われ始めるからだ。例えば、ウェブサイトを公開する、アプリをストアに登録するなどがある。

類似語

要求仕様書

要求仕様書は、開発するシステムが満たすべき要件を詳しく書いた文書だ。なぜなら、この文書がシステムの目的や機能を明確に示すからだ。例えば、ユーザーがどのような操作をしたときに、システムがどう反応すべきかが書かれている。

設計書

設計書は、システムの内部構造や動きを詳細に記した文書だ。なぜなら、この文書が開発者にとっての「設計図」になるからだ。例えば、どの部分がどのように動くのか、どんなデータをどう処理するのかなどが明記されている。

ユーザーマニュアル

ユーザーマニュアルは、完成したシステムの使い方を説明したガイドブックだ。なぜなら、このマニュアルがユーザーにとっての「使い方説明書」になるからだ。例えば、どのボタンを押すとどういう操作になるのか、エラーが起きたときの対処法などが書かれている。

反対語

即興

即興は、仕様書の反対だ。なぜなら、即興は詳細な計画やルールがない状態で、自由に作業を進めるという意味だから。例えばジャズ音楽。

アドリブ

アドリブは、仕様書の反対だ。なぜなら、アドリブはスクリプトやプランがない状態で、自由に行動するという意味だから。例えば即興コメディ。

フリースタイル

フリースタイルは、仕様書の反対だ。なぜなら、フリースタイルは決められたルールやパターンがなく、自由に行動することができるという意味だから。例えばフリースタイルラップ。

会話例

新しいゲームを作る計画

「このゲームの仕様書を一緒に作らない?」
「いいね!どのような機能を加えるか詳しく話し合おう。」

システム開発の打ち合わせ

「システムの仕様書はどこまで進んだ?」
「大まかな部分は完成したよ。細かい部分を詰めていく予定だ。」

契約前の話し合い

「仕様書に基づいて、納期や受注額を確定しようか?」
「それがベストだね。詳細を確認しながら進めよう。」

注意点

仕様書を使用する時の注意点は混乱を避けることだ。なぜならば情報が多すぎて混乱することがあるからだ。

例えば「この機能は何をするのか」という基本的な情報だけを書く。そして、余計な情報は削る。だからシンプルさが大事。

仕様書とマニュアルは、間違えやすいので注意しましょう。仕様書は何をするかを詳しく書いたもので、マニュアルはどうやって行うかを詳しく書いたものです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました