クッキースタッフィングとは?広告収益を不正に奪う仕組み

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとクッキースタッフィング

  • オンライン広告の不正手法
  • ブラウザのCookieを上書き
  • 広告収益を不正に奪う

クッキースタッフィングとは、オンライン広告の収益を不正に奪う手法です。

概要説明

クッキースタッフィングとはオンライン広告の不正手法である。なぜならば、ユーザーが広告をクリックしたときに、悪意のある第三者がCookieを上書きして広告収益を奪うから。例えば、アフィリエイト広告でよく見られる。そして、本来の広告主に支払われるべきお金が横取りされる。つまり、広告詐欺「アドフラウド」の一つである。だから、注意が必要である。

もっと詳しく

通常、オンライン広告などでユーザーが広告をクリックすると、その情報はブラウザの「Cookie」というデータ保存領域に記録される。この記録によって、広告主はどの広告がどれだけ効果があるのかを測定し、広告を出している人に報酬を支払う。

しかし、クッキースタッフィングを行う悪意のある第三者は、このシステムを悪用する。具体的には、ユーザーが広告をクリックしたとき、そのユーザーのブラウザに保存されるCookieを勝手に上書きする。上書きされたCookieには、悪意のある第三者の広告情報が含まれているため、広告主はその第三者が広告をクリックしたと誤認する。

結果として、本来広告を出している人に支払われるべき報酬が、この悪意のある第三者に流れてしまう。これがクッキースタッフィングで広告収益を不正に奪う仕組みだ。

このような行為は、広告主にとっては損失を招くだけでなく、一般のユーザーにとっても信頼性の低下や不正な広告に誘導されるリスクがある。

職業職種

アフィリエイトマーケター

クッキースタッフィングは、避けるべきである。なぜなら、不正行為とされ、アカウントが停止される可能性があるから。例えば、Amazonアフィリエイト。

広告主

クッキースタッフィングは、損失を招く。なぜなら、広告収益が不正に奪われるから。例えば、クリック数が増えても売上が伸びない。

一般ユーザー

クッキースタッフィングは、気をつけるべきである。なぜなら、不正な広告に誘導される可能性があるから。例えば、偽の商品ページに遷移する。

クッキースタッフィングは、名前の由来は「Cookie(ブラウザのデータ保存領域)」と「Stuffing(詰め込む)」から来ています。これは、ブラウザのCookieに不正なデータを詰め込む行為を指すからです。

クッキースタッフィングの代表例

eBay

eBayは、クッキースタッフィングで大きな被害を受けて有名である。なぜなら、2008年にアフィリエイトマーケターがクッキースタッフィングを使って数百万ドルを不正に得た事件があったから。例えば、Shawn HoganとBrian Dunningという二人が関与していた。

Amazon

Amazonは、クッキースタッフィング対策で名高い存在である。なぜなら、Amazonアフィリエイトプログラムがクッキースタッフィングによる不正行為に対して厳しい対策を取っているから。例えば、不正行為が発覚した場合、アフィリエイトアカウントが即座に停止される。

Commission Junction(CJ)

Commission Junctionは、クッキースタッフィング対策で世間に知られている。なぜなら、多くのアフィリエイトマーケターがこのプラットフォームを使っているため、クッキースタッフィングの対象となりやすいから。例えば、不正行為が発覚した場合、厳しいペナルティが課される。

手順例

以下は、クッキースタッフィングを防ぐ手順です。

ブラウザのセキュリティ設定を強化する

セキュリティ設定を強化することは、クッキースタッフィングを防ぐ基本である。なぜなら、不正なCookieの書き込みを防ぐことができるから。例えば、サードパーティCookieのブロック。

定期的にCookieを削除する

Cookieを定期的に削除することは、不正なデータが保存されるリスクを減らす。なぜなら、古いCookieが不正に利用される可能性があるから。例えば、月に一度のCookie削除。

信頼性のある広告プラットフォームを使用する

信頼性のある広告プラットフォームを使用することは、不正行為を防ぐ一助となる。なぜなら、これらのプラットフォームは不正行為に対して厳しい対策を取っているから。例えば、Google AdSenseやAmazonアフィリエイト。

広告のリンク先を確認する

広告のリンク先を確認することは、不正な広告から身を守る方法である。なぜなら、不正なリンクはしばしばクッキースタッフィングに利用されるから。例えば、URLが怪しい場合はクリックしない。

セキュリティソフトを活用する

セキュリティソフトを活用することは、不正行為から自分を守る最後の砦である。なぜなら、不正なプログラムやスクリプトをブロックできるから。例えば、NortonやMcAfee。

類似語

Cookie Dropping

Cookie Droppingは、クッキースタッフィングの類似語である。なぜなら、両方ともブラウザのCookieを不正に操作する手法だから。例えば、広告収益を不正に得る。

アドフラウド(Ad Fraud)

アドフラウドは、クッキースタッフィングの類似語である。なぜなら、両方ともオンライン広告における不正行為の一つだから。例えば、クリック詐欺。

広告詐欺

広告詐欺は、クッキースタッフィングの類似語である。なぜなら、広告主やユーザーを騙す行為が共通しているから。例えば、偽の広告を表示する。

反対語

広告正当化

広告正当化は、クッキースタッフィングの反対語である。なぜなら、広告のクリックや閲覧が正確に計測され、報酬が正当に支払われるから。例えば、透明な報酬システム。

ユーザー認証

ユーザー認証は、クッキースタッフィングの反対語である。なぜなら、ユーザーが本当に広告をクリックしたかどうかを確認するから。例えば、二段階認証

透明性

透明性は、クッキースタッフィングの反対語である。なぜなら、すべてのデータとプロセスが明確で公開されているから。例えば、オープンソースの広告プラットフォーム。

クッキースタッフィングの注意点

クッキースタッフィングを使用するのは法的リスクがある。なぜならば、これは不正行為であり、罰せられる可能性が高いからだ。例えば、罰金や刑事告訴。そして、信用失墜。だから、絶対にやってはいけない。

クッキースタッフィングとクリック詐欺は、間違えやすいので注意しましょう。

クッキースタッフィングは、広告のクリック数を偽装して報酬を不正に得る行為です。

一方、クリック詐欺は、広告を無意味にクリックして広告費を浪費させる行為です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました