トップレベルドメインとは?ITに必須な知識をわかりやすく解説

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとトップレベルドメイン

  • ドメインの一部
  • 「.com」や「.jp」などが該当
  • 取得時には、選択が重要

トップレベルドメインとは、ドメイン名の後半の一部です。

概要説明

トップレベルドメインとは、ウェブサイトの住所にあたるドメイン名の一部である。なぜなら、ドメイン名はピリオドで区切られ、一番右側にあるのがトップレベルドメインだからだ。

例えば、「.com」や「.jp」がそれに該当する。そして、これらのトップレベルドメインは、ウェブサイトを特定する重要なキーである。

つまり、トップレベルドメインはウェブサイトの「名前札」のようなものだ。だから、新しくドメインを取得する際には、このトップレベルドメインの選択が重要になる。

職業職種

ウェブデザイナー

トップレベルドメインは、ウェブデザイナーにとって重要だ。なぜなら、サイト作成時のドメイン選択に関わるからだ。例えば、クライアントの業種やブランドに合わせたドメインを選ぶことが求められる。

SEOエキスパート

トップレベルドメインは、SEOエキスパートも重視する。なぜなら、検索エンジンのランキングに影響を与える可能性があるからだ。例えば、地域に密着したサービスの場合は「.jp」などの地域性を示すトップレベルドメインを選ぶと良い。

事業主

事業主自身も、トップレベルドメインを選ぶ場面がある。なぜなら、自社のウェブサイトを立ち上げる際、そのドメイン選択がブランドイメージに直結するからだ。例えば、世界展開を目指すビジネスでは「.com」を、地元密着型なら「.jp」を選ぶといった具体的な判断が必要だ。

トップレベルドメインの名前の由来は、英語の”Top Level Domain”を直訳したものです。”Top Level”は「最上位」を意味し、ドメインの階層構造の中で最上位に位置することからこの名前がついています。

トップレベルドメインの代表例

Google

Googleは、「.google」で知られる。なぜなら、自社の名前をトップレベルドメインとして使用しているからだ。例えば、ドメイン管理のdomains.google。

Amazon

Amazonは、「.amazon」である。なぜなら、自社の名前をトップレベルドメインとして申請しているからだ。

Microsoft

Microsoftは、「.microsoft」である。なぜなら、テクノロジー企業としての地位を強調するためだ。例えば、製品情報のサイトcloud.microsoft(現在は、https://www.microsoft365.com/に移行)

手順例

トップレベルドメインの取得手順です。

ドメイン取得サイトへ

最初は、取得したいドメイン名が利用可能かを調べる。なぜなら、他の人が既に取得していないか確認する必要があるからだ。例えば、GoDaddyやNamecheapのようなドメイン登録サイトを使う。

ドメイン名の選択

次に、希望のドメイン名を選ぶ。なぜなら、それがネット上のアドレスとなるからだ。例えば、「.com」や「.net」など、トップレベルドメインを選ぶこと。

購入手続き

選んだドメイン名が利用可能だと確認したら、購入手続きに進む。なぜなら、ドメイン名を保持するためには購入が必要だからだ。例えば、クレジットカード情報を入力して購入する。

類似語

gTLD

gTLDは、一般的なトップレベルドメインと似ている。なぜなら、一般的なトップレベルドメインと同様に、ドメイン名の一部であるからだ。例えば、「.com」や「.info」などのgTLDがある。

ccTLD

ccTLDは、トップレベルドメインと似ている。なぜなら、国別コードトップレベルドメインも、ドメイン名の一部であるからだ。例えば、日本の「.jp」やイギリスの「.uk」などがある。

sTLD

sTLDは、トップレベルドメインの一種である。なぜなら、特定の目的を持った組織が使用するからだ。例えば、教育機関の「.edu」や政府機関の「.gov」などがある。

反対語

サブドメイン

サブドメインは、トップレベルドメインの反対語だ。それは、ドメイン名の左側にあって、特定のサイトを指すからだ。例えば、「blog.example.com」の「blog」はサブドメイン。

サブディレクトリ

サブディレクトリも、トップレベルドメインとは反対だ。なぜなら、ドメイン名ではなく、特定のウェブページを指すからだ。例えば、「example.com/blog」の「blog」はサブディレクトリ。

IPアドレス

IPアドレスは、トップレベルドメインの反対だ。なぜなら、人間が覚えやすいドメイン名ではなく、コンピュータが理解できる数字の形式だからだ。例えば「192.0.2.0」はIPアドレス。

トップレベルドメインの注意点

トップレベルドメインを取得する時の注意点は慎重さだ。なぜならば、一度選んだトップレベルドメインを後から変えるのは難しいからだ。

例えば「.com」を選んだけど、「.net」がよかったと思っても、変更は時間と手間がかかる。

そして、トップレベルドメインはウェブサイトのイメージを左右する。だから、選ぶ際は十分に考えよう。

トップレベルドメインとドメイン名は、間違えやすいので注意しましょう。

トップレベルドメインは、ドメイン名の後半の部分です。例えば、”.com”や”.jp”など。

一方、ドメイン名は、ウェブサイトの住所のようなもので、”www.example.com”などとなります。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました