クラウドファンディングとは?インターネットを使った資金集め

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • ネットを使って資金を集める
  • 大勢の人が少額ずつ出資する
  • 集めた資金で事業を立ち上げる

クラウドファンディングとは、ネットを使って大勢から資金を集める行為です。

概要説明

クラウドファンディングとは、ネットを使って大勢から資金を集める行為である。 なぜならば、個々の負担は小さく、多くの人が少額ずつ出資することで大きな資金を集めることが可能になるからだ。

例えば、新商品の開発やイベントの開催など、様々な目的で資金が必要な場合に利用できる。 そして、この方法を利用することで、個人や小規模な事業者でも大きな事業を開始できる。

つまり、誰でも簡単に資金を集めることが可能になる手法である。 だから、クラウドファンディングは新しい資金集めの方法として注目を浴びている。

職業職種

起業家

起業家は、クラウドファンディングをよく利用する。なぜなら、新規事業の立ち上げ資金を調達するのに適しているからだ。例えば、新商品の開発資金を集めるのに使うことが多い。

アーティスト

アーティストも、新作の制作資金や展示会の開催資金などを集めるために、クラウドファンディングを活用することが多い。なぜなら、多くのファンから直接資金を集められ、その成果を共有できるからだ。

NPO・NGO

NPOやNGOも、社会貢献活動の資金を集めるためにクラウドファンディングを利用することが多い。なぜなら、多くの人々の共感を得て資金を集められ、その活動を広く伝えられるからだ。

クラウドファンディングの名前の由来は、「クラウド(Cloud:大勢の人々)」と「ファンディング(Funding:資金提供)」の二つの英単語を組み合わせたものです。

代表例

キックスターター

キックスターターは、世界で最も知られたクラウドファンディングのサイトだ。なぜなら、あらゆる種類のプロジェクトが資金を集めるために利用しているからだ。例えば、映画制作や新しいガジェットの開発など。

インディーゴーゴ

インディーゴーゴは、創造的なアイデアやイノベーションを広めるためのクラウドファンディングのサイトだ。なぜなら、ここでは多様性を尊重し、あらゆる種類のプロジェクトが資金を募ることができるからだ。例えば、映画、音楽、テクノロジー、非営利団体など。

エマンシペーション

エマンシペーションは、日本国内で初めてのクラウドファンディングのサイトだ。なぜなら、ここでは日本のスタートアップやクリエイティブなプロジェクトが資金を募ることができるからだ。例えば、地方創生プロジェクトや個人のアート展示など。

手順例

  1. アイデアを思いつく
    クラウドファンディングは、新しいアイデアやプロジェクトに対する資金を集める手段だ。なぜなら、創造性と独創性を求められるからだ。例えば、映画制作や新製品の開発など。

  2. プラットフォームを選ぶ
    プラットフォームは、資金を集めるためのツールだ。なぜなら、各プラットフォームには特色と利用者層があるからだ。例えば、キックスターターやインディーゴーゴなど。

  3. キャンペーンを立ち上げる
    キャンペーンを立ち上げるとは、自分のプロジェクトを世に広めることだ。なぜなら、人々に自分のアイデアを知ってもらい、支援してもらうためだ。例えば、プロジェクトの説明やビデオ、リターンの設定など。

  4. プロモーションを行う
    プロモーションは、人々にプロジェクトを知ってもらう活動だ。なぜなら、知名度が高まれば、より多くの支援が集まる可能性があるからだ。例えば、SNSやメディアなどを使った宣伝活動。

  5. 資金を受け取り、プロジェクトを実行する
    資金を受け取ると、あなたのプロジェクトは現実のものになる。なぜなら、これで資金面の問題が解消され、アイデアを形にすることができるからだ。例えば、商品の製造や映画の撮影など。

類似語

クラウドソーシング

クラウドソーシングは、インターネットを通じて多くの人々から意見や知識を集める活動だ。なぜなら、クラウド(多くの人々)の力を借りて問題を解決する手法だからだ。例えば、新しいロゴのデザインやアイデアの募集など。

ファンドレイジング

ファンドレイジングは、特定の目的のために資金を募る行為だ。なぜなら、資金を集める目的はクラウドファンディングと同じだからだ。例えば、政治活動や慈善事業など。

パトロネージ

パトロネージは、芸術家やクリエイターを金銭的に支援する行為だ。なぜなら、クラウドファンディングと同様に、創作活動を支える目的があるからだ。例えば、美術家やミュージシャンへの援助など。

反対語

一次融資

一次融資は、クラウドファンディングの反対である。なぜなら、個人や企業が直接銀行や金融機関から資金を借りるのが一次融資だからだ。クラウドファンディングとは異なり、例えば住宅ローンのように一つの機関からまとまった金額を借りることが多い。

自己資金

自己資金は、クラウドファンディングの反対である。なぜなら、自己資金は自分自身が貯めたお金や資産を使うことだからだ。例えば会社を設立する時、自分の貯金を使うといった具体例がある。

政府の補助金・助成金

政府の補助金・助成金は、クラウドファンディングの反対である。なぜなら、これは政府がプロジェクトを支援するために提供する資金だからだ。例えば研究開発のための補助金などがそれにあたる。

会話例

友達との会話

Q.「クラウドファンディングって何?」
A.「クラウドファンディングは、インターネットを使ってたくさんの人から少額の資金を集める方法だよ。」

クラスでの発表

Q.「クラウドファンディングの成功例は?」
A.「スマートウォッチのPebbleはクラウドファンディングで資金を集めて大成功したよ。」

家族の会話

Q.「クラウドファンディングで投資したことある?」
A.「うん、あるよ。地元のカフェが開店資金を集めるためのクラウドファンディングに投資したんだ。」

注意点

クラウドファンディングを使用する時の注意点はリスク管理である。 なぜならば全てのプロジェクトが成功するわけではないからだ。

例えば、プロジェクトが失敗した場合、投資した資金を失う可能性がある。 そして、運営会社が倒産した場合も返金が受けられないこともある。

だから、投資する前にはしっかりとプロジェクトや運営会社の信頼性を確認することが大切だ。

クラウドファンディングと寄付の違いは、クラウドファンディングは資金を提供すると引き換えに何らかのリターンがあるのに対し、寄付はリターンを期待せずに行うことです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました