サイコグラフィックとは?消費者の購買行動を理解

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 購買動機を紐解く新視点
  • 趣味や価値観をデータ化する
  • ビジネス成長のための道具

サイコグラフィックとは購買動機を解析する手法です。

概要説明

サイコグラフィックとは消費者の購買動機を深く理解する手法である。なぜならば、サイコグラフィックは趣味や価値観などの心理的要素を分析するからだ。

例えば、環境を気にする人はエコ商品を選ぶかもしれない。そして、この分析結果はビジネスの売上向上に役立つ。つまり、サイコグラフィックは消費者理解の新たな道具である。

だから、ビジネスにおいて必要な理解ツールだ。

職業職種

マーケティング担当

サイコグラフィックは、消費者理解の重要な道具である。なぜなら、購買動機を分析し、ターゲットのニーズを深く理解できるからだ。例えば、趣味や価値観に合わせた商品開発や広告が可能だ。

データ分析担当

サイコグラフィックは、データ分析の新たな視点である。なぜなら、従来のデモグラフィックデータだけではなく、購買動機を分析することでより深い消費者理解が可能になるからだ。例えば、商品の売上分析や消費者の行動パターン予測が可能になる。

商品開発担当

サイコグラフィックは、商品開発の有力な参考資料である。なぜなら、消費者の趣味や価値観を考慮した商品開発が可能になるからだ。例えば、エコ志向の高い消費者に向けた商品を開発する。

サイコグラフィックは、名前の由来は心理学の「psycho-」と地図作成の「-graphic」を組み合わせた造語です。

代表例

Facebook

Facebookは、サイコグラフィックの代表例だ。なぜなら、ユーザーの「いいね」やシェアから趣味嗜好を読み取り、ターゲティング広告を送るからだ。例えば、音楽好きな人には音楽関連の広告が送られる。

Amazon

Amazonは、サイコグラフィックを活用する企業の一つだ。なぜなら、購入履歴から顧客の趣味や習慣を読み取り、個々に最適な商品を提案するからだ。例えば、一度本を購入した人には同じジャンルの本が推奨される。

Netflix

Netflixは、サイコグラフィックの有効性を証明している。なぜなら、視聴履歴からユーザーの映画やドラマの嗜好を理解し、パーソナライズした推奨リストを提供するからだ。例えば、アクション映画が好きな人にはアクション映画を提案する。

手順例

  1. 調査目的を設定
    調査目的を設定する。なぜなら、目的がなければ何を調査すべきか分からないからだ。例えば、新商品の開発やマーケティング戦略の策定。

  2. 顧客データを収集
    顧客データを収集する。なぜなら、データがなければ分析できないからだ。例えば、アンケートやユーザー行動ログなど。

  3. データを分析
    データを分析する。なぜなら、そのデータから顧客の動向や嗜好を読み取ることができるからだ。例えば、データ分析ソフトを使用して。

  4. 結果を解釈
    結果を解釈する。なぜなら、分析結果が何を示しているのか理解しなければ次の行動を決められないからだ。例えば、専門家の意見を取り入れながら。

  5. 知識を活用す
    得られた知識を活用する。なぜなら、それを基に顧客に最適な商品やサービスを提供できるからだ。例えば、ターゲティング広告の配信や新商品開発に活かす。

類似語

ユーザープロファイリング

ユーザープロファイリングは、サイコグラフィックと似ている。なぜなら、両者とも顧客の特性や嗜好を理解しようとするからだ。例えば、個々の顧客の趣味や行動を基にプロファイルを作成する。

ビヘイビオラルターゲティング

ビヘイビオラルターゲティングは、サイコグラフィックの一部だ。なぜなら、ユーザーの行動データを基に広告配信を行うからだ。例えば、ある商品を見たユーザーに対して、その商品に関連した広告を配信する。

パーソナライゼーション

パーソナライゼーションは、サイコグラフィックの結果を活用する方法だ。なぜなら、顧客一人ひとりの嗜好に合わせたサービスを提供するからだ。例えば、個々のユーザーの趣味嗜好に基づいた商品推奨を行う。

反対語

デモグラフィック

デモグラフィックは、年齢や性別など「誰」が商品を買うかを示す。サイコグラフィックとは対照的に、具体的な人間の特徴に焦点を当てる。例えば、中年の男性がスポーツカーを購入する場合、その事実はデモグラフィックから明らかになる。

ビヘイビオグラフィック

ビヘイビオグラフィックは、消費者の行動や利用習慣に焦点を当てる。サイコグラフィックとは異なり、「何を」消費者がするかについて語る。例えば、一日に何時間スマホを使っているか、何回買い物に行くかなど、消費者の行動パターンを捉える。

ソシオグラフィック

ソシオグラフィックは、消費者の社会的地位や生活スタイルに注目する。なぜなら、それが消費者の購買意欲やブランド選択に影響を与えるからだ。例えば、都会で働く若者は、自然やアウトドア活動を重視する地方住民とは異なる商品を選ぶ可能性がある。

会話例

友達との会話

Q.「サイコグラフィックって何?」
A.「それは、人々が何を買うかだけでなく、なぜ買うのかを理解するための道具さ。例えば、君が好きな音楽や映画、趣味について考えてみて。それらが君が何を買うかにどう影響するか、それがサイコグラフィックだよ。」

マーケティングチームの会議

Q.「新製品のターゲットを決めるべきだけど、どうすればいい?」
A.「それならサイコグラフィック分析が役立つよ。我々の商品が解決したい問題や提供したい体験は何か?そしてそれに最も関心があるのはどんな人々か?これらを深堀りしよう。」

学校での授業

Q.「なぜ私たちが勉強するの?」
A.「それはサイコグラフィック的な観点からも理解できるよ。例えば、君が好きな科目や将来の夢、それらが君が何を学ぶか、どう学ぶかに影響を与えているんだ。」

注意点

サイコグラフィックを使用する時の注意点は、結果を一般化しすぎないことだ。なぜなら、人々の価値観や動機は非常に多様で、一つのパターンに収めるのは難しいからだ。

例えば、全ての10代が同じ音楽を聴くわけではない。そして、サイコグラフィックのデータ収集には、個人のプライバシーという重要な課題もある。

だから、常に倫理的な観点からデータを取り扱い、適切な同意を得ることが大切だ。

サイコグラフィックとデモグラフィックは、間違えやすいので注意しましょう。サイコグラフィックは消費者の内面的な要素、つまり「なぜ」商品を選ぶかを語る一方、デモグラフィックは「誰が」商品を選ぶか、つまり消費者の年齢や性別などの外部的な特徴に焦点を当てています。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました