ダイナミックルーティングとは?自動化で通信を効率化

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 自動で通信経路を選択
  • 大規模ネットワークに適してる
  • 最適通信経路を見つけられる

ダイナミックルーティングは、通信経路を自動で選ぶことです。

概要説明

ダイナミックルーティングとは通信経路を自動で選ぶことである。なぜならばルータが通信経路の情報を交換し、自動的に生成、更新を行うからだ。

例えば、大規模ネットワークでは非常に効率的だ。そして、問題が起きても自動で最適な通信経路を選ぶ。つまり、常に最良の通信を保つことができる。だから、大規模ネットワークでは非常に有用な方法だ。

職業職種

ネットワークエンジニア

ダイナミックルーティングは、通信経路の選択を自動化できる。なぜなら、ルータが通信経路の情報を交換し、自動的に生成、更新を行うからだ。例えば、大規模ネットワークの管理に有用だ。

ITマネージャ

ダイナミックルーティングは、ネットワークの効率を上げる。なぜなら、最適な通信経路を自動で選び、不具合が起きても対応可能だからだ。例えば、企業の通信環境の改善に寄与する。

システム管理者

ダイナミックルーティングは、通信環境の安定化を実現する。なぜなら、通信経路を自動で最適化するからだ。例えば、サーバーの通信問題を早急に解決する。

ダイナミックルーティングの名前の由来は、英語の”Dynamics”(動的な)と”Routing”(転送経路の制御)を組み合わせたもです。

類似語

自動ルーティング

自動ルーティングは、ダイナミックルーティングと同じで通信経路の選択を自動化する。なぜなら、これもルータが通信経路の情報を交換し、自動的に生成、更新を行うからだ。例えば、通信がスムーズに行われる。

アダプティブルーティング

アダプティブルーティングも、通信経路を自動的に選ぶことである。なぜなら、ネットワークの状況に応じて経路を自動的に変えるからだ。例えば、障害が発生した時でも通信を続けることが可能だ。

スマートルーティング

スマートルーティングは、通信経路を最適化することである。なぜなら、通信経路を自動で選び、最良のパフォーマンスを引き出すからだ。例えば、通信速度が向上する。

反対語

スタティックルーティング

スタティックルーティングは、ダイナミックルーティングの反対だ。なぜなら、ルータの経路を自動で変更しないからだ。例えば、管理者が手動で設定した通信経路を使う。

手動設定

手動設定は、ダイナミックルーティングの反対だ。なぜなら、すべてを人間がコントロールするからだ。例えば、自動ではなく、人間が直接通信経路を設定すること。

固定ルーティング

固定ルーティングは、ダイナミックルーティングの反対だ。なぜなら、ルートは自動で変更されず、事前に設定された経路を使うからだ。例えば、大規模なネットワークで経路が固定されている場合。

会話例

教室で先生が授業中に生徒に尋ねた場合:

「先生、ダイナミックルーティングって何?」
「それは、ルータが自分で最良の通信経路を見つける方法だよ。つまり、もし通信が混雑している道路があったら、自動的に空いている道路に切り替えるんだ。」

友達が家でネットワークの設定について尋ねた場合:

「ダイナミックルーティングってどうやって設定するの?」
「実際には、それを使うルータが自動的にやってくれるから、僕たちが直接設定する必要はないんだ。」

インタビューで専門家が質問された場合:

「ダイナミックルーティングのメリットとデメリットを教えてください。」
「ダイナミックルーティングのメリットは、大規模ネットワークで効率的に通信できることだね。でも、その分通信量が多くなり、通信速度が遅くなることがデメリットだよ。」

注意点

ダイナミックルーティングを使用する時の注意点は通信量と速度である。なぜならば、自動で経路を変更するので通信量が多くなり、通信速度が遅くなることがあるからだ。

例えば、通信量が制限されている環境である。そして、これによって通信が滞ることがある。だから、通信量と速度を考慮に入れて使用することが大切だ。

ダイナミックルーティングとダイナミックプライシングは、名前が似ているので間違えやすいです。

ダイナミックルーティングは通信経路を最適化することで、データが効率よく通信される仕組みです。

一方、ダイナミックプライシングは価格を最適化することで、需要や供給に応じて価格が動的に変化する仕組みです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました