ドライブ・バイ・ダウンロードの恐怖!ウェブ閲覧だけでウイルス感染?

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとドライブ・バイ・ダウンロード

  • 公式サイト改ざんによるウイルス感染
  • 閲覧だけで感染可能な手法
  • 銀行のオンラインバンキングが狙われる

ドライブ・バイ・ダウンロードとは、公式サイト改ざんにより閲覧だけで、感染するウイルスです。

概要説明

ドライブ・バイ・ダウンロードとはウェブサイトが不正に改ざんされ、そのサイトを見るだけでウィルスに感染する手法である。なぜならば、閲覧者のコンピューターに対する攻撃形態だからだ。

例えば、銀行のオンラインバンキングページが攻撃の目標になることもある。そして、サイバーセキュリティ対策が万全でないサイトが特に狙われやすい。

つまり、ユーザー自身のセキュリティ対策が重要となる。だから、自己防衛の知識を身につけることが大切。

職業職種

システム管理者

システム管理者は、ドライブ・バイ・ダウンロードを防ぐために重要な役割を果たす。なぜなら、彼らはセキュリティシステムの更新と維持を行い、ウェブサイトが攻撃から保護されることを確認するからだ。例えば、最新のセキュリティ対策を実施し、定期的なシステムのチェックを行う。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、ドライブ・バイ・ダウンロードの防止に取り組む。なぜなら、彼らはネットワーク全体の安全を保証する役割を果たすからだ。例えば、トラフィックを監視して不審な活動を追跡し、必要に応じて対策を講じる。

一般ユーザー

一般ユーザーもドライブ・バイ・ダウンロードを防ぐために行動する必要がある。なぜなら、自分のデータとプライバシーを守るためだ。例えば、信頼できるセキュリティソフトをインストールし、常に最新の状態に保つ。

ドライブ・バイ・ダウンロードは、名前の由来は通行人がドライブバイ(通りすがり)の形で何かを行う、という意味を持つ英語表現「drive-by」から来ています。つまり、ユーザーがインターネットを「通りすがり」に閲覧するだけでウィルスに感染するというその性質を表しています。

ドライブ・バイ・ダウンロードの代表例

各社銀行の公式ページ

各社銀行の公式ページは、ドライブ・バイ・ダウンロードの対象になる。なぜなら、オンラインバンキング機能があり、ユーザー情報が豊富だから。例えば、不正アクセスを通じて情報が盗まれることがある。

セキュリティ対策が不十分なサイト

セキュリティ対策が不十分なサイトは、ドライブ・バイ・ダウンロードの媒体になる。なぜなら、攻撃者がそのサイトを利用してユーザーを感染させるから。例えば、そのサイトを経由して不正なソフトウェアがダウンロードされることがある。

ガンブラー

ガンブラーは、ドライブ・バイ・ダウンロードの一種である。なぜなら、ウェブサイトを改ざんし、ユーザーがそのウェブサイトを訪れるだけでウイルスに感染させるから。例えば、日本では2009年頃から活動が確認されている。

手順例

ドライブ・バイ・ダウンロードから自分を守る手順です。

セキュリティソフトの導入

セキュリティソフトの導入は、ドライブ・バイ・ダウンロードから自分を守る最初の手順だ。なぜなら、ウイルス感染を防ぐ手段の一つだから。例えば、ウイルスバスターなどのセキュリティソフトをパソコンにインストールする。

定期的な更新

定期的な更新は、ドライブ・バイ・ダウンロードから自分を守るための次の手順だ。なぜなら、新しいウイルスに対抗するためには、セキュリティソフトやOSのアップデートが必要だから。例えば、自動更新機能を活用する。

不審なサイトへのアクセス制限

不審なサイトへのアクセス制限は、ドライブ・バイ・ダウンロードを避けるための重要な手順だ。なぜなら、不正なサイトからウイルスが配布されることが多いから。例えば、ウェブフィルタリング機能を使って不適切なサイトへのアクセスを防ぐ。

類似語

ウェブベースの攻撃

ウェブベースの攻撃は、ドライブ・バイ・ダウンロードと似ている。なぜなら、両方ともインターネットを通じてウイルス感染を引き起こすから。例えば、ユーザーがウェブサイトを訪れた際にウイルス感染が行われる。

マルウェア

マルウェアは、ドライブ・バイ・ダウンロードの一部である。なぜなら、ドライブ・バイ・ダウンロードは、ユーザーの知らない間にマルウェアをダウンロードさせるから。例えば、トロイの木馬ワームなど、様々なマルウェアが存在する。

フィッシング

フィッシングは、ドライブ・バイ・ダウンロードと同じく、ユーザーの情報を盗む行為である。なぜなら、両方ともユーザーの安全なオンライン活動を妨げるから。例えば、フィッシングでは偽のウェブサイトを使ってユーザーの個人情報を騙し取ることがある。

反対語

セキュアブラウジング

セキュアブラウジングは、安全なウェブ閲覧を指す言葉だ。なぜなら、これはウェブサイトが安全になっていて、ユーザーがウイルスに感染する心配がない状態を示すからだ。例えば、HTTPSを使用しているウェブサイトを参照することはセキュアブラウジングだ。

認証アクセス

認証アクセスは、不正なアクセスを防ぐためにユーザーが特定の認証を通過しなければならない場合を指す。なぜなら、これはユーザーが正当なアクセス権を持っていることを確認するためだ。例えば、パスワードを入力して自分が認証されたユーザーであることを示す場合は認証アクセスだ。

マルウェア防止

マルウェア防止は、コンピュータシステムをウイルスやその他の有害なソフトウェアから保護する行為を指す。なぜなら、これはシステムをウイルスから保護し、ユーザーが安全にインターネットを利用できるようにするからだ。例えば、ウイルス対策ソフトを常に最新の状態に保つことはマルウェア防止だ。

ドライブ・バイ・ダウンロードの注意点

ドライブ・バイ・ダウンロードに遭遇するときの注意点は、未知のサイトへのアクセスを避けることだ。なぜならばそこにはウイルスが潜んでいる可能性があるからだ。

例えば、怪しいリンクをクリックしたり、不審なメールの添付ファイルを開いたりすると、ドライブ・バイ・ダウンロードによる攻撃を受けることがある。

そして、セキュリティソフトを最新の状態に保つことも重要だ。だから、ネットサーフィンは慎重に。

ドライブ・バイ・ダウンロードとフィッシングは、間違えやすいので注意しましょう。

ドライブ・バイ・ダウンロードは、ウェブサイトを訪れるだけでウイルスに感染する可能性があるものです。

一方、フィッシングは、ユーザーに偽装したメールやウェブサイトを通じて、個人情報を詐取する詐欺行為です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました