バウンスメールとは?送信エラーの原因と対策方法

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとバウンスメールとは

  • エラーメールの一つ
  • 送信失敗の通知
  • 原因は様々

バウンスメールとは、エラーメールの通知です。

概要説明

バウンスメールとは送信したメールが届かない時のエラー通知である。 なぜならば、宛先の誤入力やメールサーバーの不具合といった問題が生じた時に通知が必要だからだ。

例えば「MAILER-DAEMON@ドメイン」の差出人で届くメールがそれである。そして、受信者はどのメールが届いていないのかを確認する必要がある。

つまり、バウンスメールは送信失敗の原因を知らせるものである。だから、注意して確認する必要がある。

職業職種

事務職

事務職は、バウンスメールを頻繁に確認する。なぜなら、日常の業務で多くのメールを送信するからだ。例えば、顧客への連絡や内部での情報共有。

IT担当者

IT担当者は、バウンスメールの原因を特定して対策を考える。なぜなら、システムやメールサーバの不具合が原因の場合があるからだ。例えば、サーバの設定ミスやセキュリティの問題。

営業職

営業職は、新しい顧客へのアプローチ時にバウンスメールを注意深く確認する。なぜなら、連絡先の入力ミスや変更が原因でエラーが起きることがあるからだ。例えば、提案書や見積もりの送付時。

バウンスメールは、名前の由来は英語の「bounce」(跳ね返る)から来ています。

手順例

以下は、バウンスメール対応の手順です。

確認

バウンスメールを開き、内容を確認する。なぜなら、エラーの原因や詳細が書かれているからだ。例えば「MAILER-DAEMON@ドメイン」の差出人からのメール。

原因の特定

宛先アドレスやメール内容をチェックする。なぜなら、アドレスのミスやメールサーバの問題があるかもしれないからだ。例えば、宛先が間違っているか、メールの容量が大きすぎる。

修正

エラーの原因に応じて、メールの宛先や内容を修正する。なぜなら、同じエラーを避けるためだ。例えば、宛先のアドレスを正しく入力し直す。

再送信

修正したメールを再度送信する。なぜなら、修正後に正しく届く可能性があるからだ。例えば、前回のエラーが解消されているか確認するため。

確認

再送したメールが正しく届いたか、受信者に確認する。なぜなら、同じエラーが再び発生するかもしれないからだ。例えば、受信者からの返信や確認を待つ。

類似語

リジェクトメール

リジェクトメールは、メールが受け取り側で拒否されたときに返ってくる通知である。なぜなら、スパムメールとして判定されたり、受信箱がいっぱいの場合に発生することがあるからだ。例えば、受信者のメールボックスが容量オーバー。

エラーメール

エラーメールは、メール送信中に何らかの問題が発生したときに送信者に返される通知である。なぜなら、様々な理由でメールの送信ができなかったときに受け取るからだ。例えば、サーバーの一時的な障害。

返送メール

返送メールは、送信したメールが相手先に届かなかったときに戻ってくる通知である。なぜなら、バウンスメールと似たような状況で受け取ることが多いからだ。例えば、宛先のアドレスが間違っている場合。

反対語

成功通知

成功通知は、メールが相手元に正しく送信されたことを知らせるメールである。なぜなら、メール送信の成功を確認するためのものだからだ。例えば、”Your email has been successfully delivered.”(あなたのメールは正常に届けられました)というメッセージ。

受信確認

受信確認は、メールが受信者に届いて開かれたことを知らせる通知である。なぜなら、実際に相手がメールを見たかを知るためのものだからだ。例えば、メールの開封をトラッキングするサービス。

配信報告

配信報告は、メールが無事に配信されたかのステータスを伝えるものである。なぜなら、メールが相手のサーバーにどう到着したかを知るためのものだからだ。例えば、メールが遅延せずに配信されたこと。

バウンスメールの注意点

バウンスメールを受信する時の注意点は、すぐに原因を特定し、必要な場合は送信内容や宛先を修正することである。なぜならばエラーの原因や詳細がメール内に記載されているからだ。

例えば、「MAILER-DAEMON@ドメイン」の差出人からのエラー内容。そして、修正せずにそのまま無視すると、大事なメールが相手に届かないリスクがある。

だから、バウンスメールはすぐにチェックし、対応することが大切。

バウンスメールとリジェクトメールは、間違えやすいので注意しましょう。

バウンスメールは、送ったメールが何らかの理由で相手に届かなかったときの通知です。

一方、リジェクトメールは、メールが受け取り側で明確に拒否された場合の通知です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました