レベニューシェアとは?ビジネスパートナーとの収益分配の仕組み

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとレベニューシェア

  • 収益の一部をパートナーと分け合う
  • ビジネス関係を強化する手段
  • 共同でリスクとリターンを分担

レベニューシェアとは、パートナーと収益を分配するビジネスモデルです。

概要説明

レベニューシェアとは収益をビジネスパートナーと分け合うモデルである。 なぜならば、一人で全てのリスクやコストを負うより、共有することでリスクを減らせるから。例えば、アフィリエイト広告での収益分配。そして、長期的な関係性を築く。つまり、信頼と共有によって収益を最大化する手法である。だから、ビジネスでよく使われる。

職業職種

マーケティングマネージャー

マーケティングマネージャーは、広告収益を最大化するためにレベニューシェアを使用する。なぜなら、広告パートナーとの関係を強化できるから。例えば、アフィリエイトプログラム。

事業開発担当者

事業開発担当者は、新しいビジネスチャンスを探る際にレベニューシェアを考慮する。なぜなら、リスクを共有しながらビジネスを拡大できるから。例えば、新製品の共同開発。

フリーランサー

フリーランサーは、プロジェクトに参加する際にレベニューシェアを選ぶことがある。なぜなら、成功した場合の収益が見込めるから。例えば、スタートアップ企業との契約。

レベニューシェアは、名前の由来は英語の「Revenue」(収益)と「Share」(共有)から来ています。

レベニューシェアの代表例

Rakuten

Rakutenは、レベニューシェアで有名である。なぜなら、アフィリエイトプログラムで広告主とパートナーが収益を分け合う仕組みを提供しているから。例えば、Rakuten Marketing。

LINE

LINEは、レベニューシェアで名高い存在である。なぜなら、ステッカーやゲーム内アイテムの販売でクリエイターや開発者と収益を分け合っているから。例えば、LINE Creators Market。

DeNA

DeNAは、レベニューシェアで世間に知られている。なぜなら、モバゲーなどのプラットフォームでゲーム開発者と収益を共有しているから。例えば、Mobageプラットフォーム。

手順例

以下は、レベニューシェアを始める基本手順です。

パートナーを選ぶ

パートナーを選ぶのは最初のステップである。なぜなら、成功するためには信頼できるパートナーが必要だから。例えば、過去の実績をチェックする。

契約を結ぶ

契約を結ぶことで、収益の分配率や条件を明確にする。なぜなら、後でトラブルを避けるためだから。例えば、書面で契約をまとめる。

プロジェクトを開始する

プロジェクトを開始すると、収益を生む活動が始まる。なぜなら、実際に動き出さないと収益は生まれないから。例えば、広告を出稿する。

収益を確認する

収益を確認することで、成功や改善点が見える。なぜなら、数字を知ることで次のステップが明確になるから。例えば、レポートを作成する。

収益を分配する

収益を分配することで、契約通りにパートナーと収益を分け合う。なぜなら、それがレベニューシェアの目的だから。例えば、定期的に振り込みを行う。

類似語

プロフィットシェアリング

プロフィットシェアリングは、レベニューシェアの類似語である。なぜなら、収益ではなく利益を分け合う点が似ているから。例えば、企業と従業員が利益を共有する制度。

ロイヤルティプログラム

ロイヤルティプログラムは、レベニューシェアの類似語である。なぜなら、顧客が商品やサービスを購入することで収益を生む仕組みがあるから。例えば、ポイント還元。

アフィリエイト

アフィリエイトは、レベニューシェアの類似語である。なぜなら、広告主とサイトオーナーが収益を分け合うビジネスモデルだから。例えば、広告クリックで得られる収益。

反対語

固定給

固定給は、レベニューシェアの反対語である。なぜなら、収益に関係なく一定の報酬が支払われるから。例えば、月給制度。

一括支払い

一括支払いは、レベニューシェアの反対語である。なぜなら、収益を分け合わずに一度に全額支払うから。例えば、プロジェクト完了後の支払い。

自己資本

自己資本は、レベニューシェアの反対語である。なぜなら、他者と収益を分け合わず、全て自分で持つから。例えば、独立したビジネス。

レベニューシェアの注意点

レベニューシェアを使用する時の注意点は契約内容の明確化である。なぜならば後でトラブルを避けるためだからだ。例えば、収益の分配比率や期間をしっかりと確認することである。そして、書面での契約を絶対に忘れない。だから、しっかりとした契約を。

レベニューシェアとプロフィットシェアリングは、間違えやすいので注意しましょう。

レベニューシェアは、売上の一部を分け合うことです。

一方、プロフィットシェアリングは、純利益を分け合うことです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました