レプリケーションとは?データの複製と同期の全てを解説

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとレプリケーション

  • データのリアルタイム複製
  • 高い耐障害性
  • 複数サーバでの同期

レプリケーションとは、データの複製と同期を行う技術です。

概要説明

レプリケーションとはデータの複製と同期を行う技術である。なぜならばデータの安全性と可用性を高めるため。例えば、オンラインショッピングサイトである。そして、複数のサーバでデータを同期する。つまり、一つのサーバがダウンしても他のサーバが機能する。だから、サービスが途切れにくい。

職業職種

システム管理者

システム管理者は、データの安全性と可用性を確保するためにレプリケーションを使用する。なぜなら、データロスやダウンタイムを防ぐため。例えば、バックアップとして。

データベース管理者

データベース管理者は、データの整合性を保つためにレプリケーションを使用する。なぜなら、複数のデータベース間でデータを同期する必要があるから。例えば、マスターとスレーブのデータベース。

ソフトウェア開発者

ソフトウェア開発者は、アプリケーションの高可用性を確保するためにレプリケーションを使用する。なぜなら、ユーザーに常に安定したサービスを提供する必要があるから。例えば、クラウドサービス。

レプリケーションは、名前の由来は英語の”Replication”で、これは「複製」または「再生産」を意味します。

レプリケーションの代表例

オラクル

オラクルは、レプリケーションで有名である。なぜなら、Oracle Databaseでの高度なレプリケーション機能を提供しているから。例えば、Oracle GoldenGate。

富士通

富士通は、レプリケーションで名高い存在である。なぜなら、ETERNUS DXストレージシリーズでレプリケーション機能を強化しているから。例えば、ETERNUS SF Storage Cruiser。

NEC

NECは、レプリケーションで世間に知られている。なぜなら、データセンター向けの高可用性ソリューションを提供しているから。例えば、ExpressCluster。

手順例

以下は、レプリケーションの基本手順です。

環境設定

最初に、レプリケーションを行うサーバとネットワークの設定をする。なぜなら、正確なデータ転送が必要だから。例えば、IPアドレスの設定。

データ選定

次に、どのデータをレプリケーションするか選ぶ。なぜなら、全てのデータを複製するわけではないから。例えば、重要な顧客データ。

レプリケーション設定

レプリケーションの設定を行う。なぜなら、どのようにデータが複製されるかを決める必要があるから。例えば、同期間隔の設定。

テスト

設定後、テストを行う。なぜなら、設定が正確に反映されているか確認する必要があるから。例えば、テストデータでのレプリケーション。

監視

最後に、レプリケーションの状態を監視する。なぜなら、障害が起きたときにすぐに対応する必要があるから。例えば、ログのチェック。

類似語

データミラーリング

データミラーリングは、レプリケーションの類似語である。なぜなら、データを別の場所に複製する概念が似ているから。例えば、RAID 1構成。

データバックアップ

データバックアップは、レプリケーションの類似語である。なぜなら、データの安全性を確保する目的が同じだから。例えば、定期的なデータ保存。

クラスタリング

クラスタリングは、レプリケーションの類似語である。なぜなら、複数のコンピュータが協力して高可用性を確保する点が似ているから。例えば、負荷分散。

反対語

データアイソレーション(データ孤立)

データアイソレーションは、レプリケーションの反対語である。なぜなら、データを複製せずに一箇所にしか保存しないから。例えば、個々のPCに保存されたファイル。

データアシンクロニゼーション(データ非同期)

データアシンクロニゼーションは、レプリケーションの反対語である。なぜなら、データの変更がリアルタイムで反映されないから。例えば、手動でのバックアップ。

データセントラリゼーション(データ集中)

データセントラリゼーションは、レプリケーションの反対語である。なぜなら、すべてのデータを一箇所に集めるから。例えば、企業の中央サーバ。

レプリケーションの注意点

レプリケーションを使用する時の注意点はネットワーク負荷である。なぜならば、データをリアルタイムで複製するとネットワークに負担がかかるからだ。

例えば、ビデオストリーミング中にレプリケーションを行うと遅延が起きる可能性がある。そして、負荷が高いとシステムが不安定になる可能性もある。だから、ネットワークの状態をしっかりと監視する必要がある。

レプリケーションとデータバックアップは、間違えやすいので注意しましょう。

レプリケーションは、データをリアルタイムで複製することです。

一方、データバックアップは、データを定期的に保存することです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました