コンテナとは?ソフトウェア環境をスムーズに移動

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • ソフトウェア環境をまるごと移動
  • 移動先の環境に影響されずに動作
  • 依存関係や構成ファイルも一緒にパッケージ

コンテナ(Container)= ソフトウェアの運搬箱

概要説明

コンテナとはソフトウェア環境を一つにまとめる技術。 なぜならば、アプリケーションやライブラリの依存関係を一つにパッケージ化してくれるからだ。

例えば、開発環境から本番環境へ移動するときに役立つ。そして、移動先の環境に影響を受けずに動作できる。 つまり、ソフトウェアの移動がスムーズに行える。

だから、開発者にとっては非常に便利な技術なんだ。

職業職種

ソフトウェア開発者

ソフトウェア開発者は、コンテナを頻繁に使用する。なぜなら、開発から本番環境へスムーズに移行するため。例えば、バグの少ない安定したシステムを提供するために使う。

システム管理者

システム管理者は、コンテナを使う。なぜなら、システムの運用や管理を効率化するため。例えば、サーバーの移行やバックアップを容易にするために使う。

ITコンサルタント

ITコンサルタントは、コンテナの知識を使う。なぜなら、顧客企業に最適なIT環境を提案するため。例えば、コスト削減や効率化を実現するためのソリューションとして紹介する。

コンテナは、名前の由来は「運搬箱」です。ソフトウェアの環境をまとめて「運ぶ」役割から来ています。

代表例

Docker

Dockerは、コンテナ技術で有名な企業だ。なぜなら、彼らがコンテナのプラットフォームを開発し、普及させたからだ。例えば、アプリケーションのパッケージ化と配布を簡単にするDocker Engineは、業界標準となった。

Kubernetes

Kubernetesは、コンテナを管理するためのオープンソースプラットフォームだ。なぜなら、コンテナ化されたアプリケーションのデプロイ、スケーリング、運用を自動化することができるからだ。例えば、Googleが開発し、現在は世界中の開発者が利用している。

Solomon Hykes

Solomon Hykesは、Dockerの創設者であり、コンテナ技術のパイオニアだ。なぜなら、彼のビジョンと技術力がDockerというコンテナプラットフォームを生み出し、開発者に新たな可能性を提供したからだ。例えば、彼は”Build, Ship and Run Any App, Anywhere”というコンセプトを提唱した。

手順例

Dockerのインストール

Dockerのインストールは、最初のステップだ。なぜなら、Dockerがあれば自分のPCでコンテナを作成し、実行できるからだ。例えば、公式サイトからダウンロードしてインストールできる。

Dockerイメージの作成

Dockerイメージの作成は、アプリケーションをコンテナ化するための手順だ。なぜなら、Dockerfileを書くことで、必要なライブラリやツールを含む実行環境を定義できるからだ。例えば、Dockerfileを作成し、「docker build」コマンドでイメージを作成できる。

コンテナの実行

コンテナの実行は、作成したDockerイメージからコンテナを立ち上げる手順だ。なぜなら、それによって初めてアプリケーションが動作するからだ。例えば、「docker run」コマンドでコンテナを実行できる。

コンテナの配布

コンテナの配布は、作成したイメージを他の環境で動かすための手順だ。なぜなら、コンテナ技術の最大の利点は、開発環境と本番環境を一致させられるからだ。例えば、「docker push」コマンドでDocker Hubなどのレジストリにイメージをプッシュできる。

コンテナの管理

コンテナの管理は、複数のコンテナを効率的に運用するための手順だ。なぜなら、大規模なシステムでは多数のコンテナを扱う必要があるからだ。例えば、Kubernetesなどのオーケストレーションツールを使うと、コンテナのスケジューリングやネットワーク設定などを自動化できる。

類似語

仮想マシン

仮想マシンは、コンテナと似た役割を果たす。なぜなら、異なる環境でアプリケーションを動かすための技術だからだ。ただし、コンテナと違い、ハードウェアをエミュレートするため、リソース消費が大きい。

マイクロサービス

マイクロサービスは、コンテナと一緒によく使われる言葉だ。なぜなら、コンテナ技術はマイクロサービスアーキテクチャを実現するための一つの手段だからだ。例えば、一つの大きなアプリケーションを小さな独立したサービスに分割し、それぞれを個別のコンテナで動かすことが可能になる。

オーケストレーション

オーケストレーションは、コンテナ運用における重要な課題だ。なぜなら、複数のコンテナを管理し、効率的にリソースを割り当てる必要があるからだ。例えば、Kubernetesはその一例で、コンテナのデプロイ、スケーリング、ネットワーク設定を自動的に管理することができる。

反対語

モノリシックアーキテクチャ

モノリシックアーキテクチャは、コンテナの反対概念だ。なぜなら、一つの大きな単一体でアプリケーション全体を構築・運用する方法だからだ。例えば、小さな機能変更でも全体を再デプロイする必要があるのが特徴。

物理マシン

物理マシンは、コンテナと対比させると反対概念に近い。なぜなら、コンテナは物理的なマシンを必要とせず、仮想的な環境で動くからだ。例えば、物理マシンは独立したハードウェア要素が必要だが、コンテナはそういった要素を仮想化し、効率的に動く。

会話例

学校で友達とプログラミングについて話す場面

Q.「最近、コンテナって聞くけど、それって何?」
A.「コンテナってのは、開発したプログラムがどの環境でも同じように動くようにする技術のことだよ。」

企業の面接での質問

Q.「この会社ではどのようにコンテナ技術を活用していますか?」
A.「うちの会社では、開発環境から本番環境まで、全てコンテナを使っています。それにより、開発者が自分のPCで動かすプログラムと、本番環境で動くプログラムの違いを減らすことができています。」

注意点

コンテナを使用する時の注意点は、セキュリティである。なぜならば、コンテナは基本的には軽量で使いやすいが、その反面、セキュリティ面での管理が必要だからだ。

例えば、コンテナイメージから不必要なパッケージを削除するなどの対策が必要である。そして、コンテナ管理システム(例えばKubernetesなど)のセキュリティ設定も重要。

だから、コンテナを運用する際はセキュリティに十分注意しなければならない。

コンテナとVM(仮想マシン)は、間違えやすいので注意しましょう。コンテナは、OSレベルでの仮想化を行い、軽量で起動が早いです。一方、VMは、ハードウェアレベルでの仮想化を行い、フル機能のゲストOSが必要で、重く起動が遅いです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました