仮想通貨とは?理解と活用のための完全ガイド

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと仮想通貨

仮想通貨 = Cryptocurrency

仮想通貨とはデジタルで作られ、ブロックチェーン技術を基盤に中央銀行不要の送金システム。

仮想通貨とは

仮想通貨とはデジタルで作られた通貨のことである。 なぜならば、物理的な存在はなく、インターネット上でのみ存在するからだ。

例えばビットコインやイーサリアムがその例である。 そして、これらの通貨はブロックチェーンという技術を基盤に作られている。

つまり、データの改ざんが難しく、信頼性が高い通貨である。 だから、送金手数料が安く、早く、そして世界中どこでも送金が可能なのである。

使用する職種

投資家

投資家は、仮想通貨で利益を得る。なぜなら、価格の変動が大きく、投資の対象として適しているからだ。例えばビットコインの価格上昇。

エンジニア

エンジニアは、ブロックチェーン技術を活用する。なぜなら、データの改ざんが難しく、信頼性が高いからだ。例えばスマートコントラクトの開発。

海外送金をする人

海外送金をする人は、手数料を節約する。なぜなら、仮想通貨の送金手数料が安いからだ。例えばビットコインを使った海外送金。

暗号通貨と呼ぶようになってきてますね。

有名な企業や製品、サービス

ビットコイン(Bitcoin)

ビットコインは、最初の仮想通貨である。なぜなら、サトシ・ナカモトが2009年に作り上げた。例えば、ビットコインのブロックチェーン技術は仮想通貨の基礎を作りました。

イーサリアム(Ethereum)

イーサリアムは、スマートコントラクトの実行が可能なプラットフォームである。なぜなら、ブロックチェーン技術を活用して、契約の自動実行を可能にしたからです。例えば、ICO(初期コインオファリング)が可能となった。

ビタリク・ブテリン(Vitalik Buterin)

ビタリク・ブテリンは、イーサリアムの創始者である。なぜなら、彼が2013年にイーサリアムの白書を公開し、その開発を主導したからです。例えば、スマートコントラクトという新しい概念を提唱した。

大まかな手順

  1. デジタルウォレットの準備
    デジタルウォレットの準備は、仮想通貨を保管するための最初のステップである。なぜなら、仮想通貨はデジタル資産で、物理的に保管することはできないからだ。例えば、Coinbase WalletやMyEtherWalletなどが利用できる。

  2. 仮想通貨取引所で購入
    仮想通貨取引所で購入することは、仮想通貨を手に入れる主な方法である。なぜなら、取引所は各種仮想通貨を法定通貨や他の仮想通貨と交換する場所だからだ。例えば、BinanceやCoinbaseなどが利用できる。

  3. セキュリティ対策をする
    セキュリティ対策をすることは、仮想通貨を安全に保持するために重要である。なぜなら、ハッキングや詐欺のリスクがあるからだ。例えば、2段階認証を設定したり、定期的にパスワードを変更するなどの対策が必要である。

  4. 投資額とリスクを管理する
    投資額とリスクを管理することは、資産価値の急変に備えるために必要である。なぜなら、仮想通貨の価格は大きく変動するからだ。例えば、すべての資産を一つの仮想通貨に投じるのではなく、分散投資をすることが推奨される。

  5. 規制と税制について学ぶ
    規制と税制について学ぶことは、法的なトラブルを避けるために重要である。なぜなら、国や地域により仮想通貨の取扱いに対する法律は異なるからだ。例えば、売買の利益に対する税金の申告が必要な場合がある。

類似語

デジタル通貨

デジタル通貨は、仮想通貨の類似語である。なぜなら、仮想通貨もデジタルで生成され、デジタルの形で取引されるからだ。例えば、ビットコインもデジタル通貨の一つである。

暗号通貨

暗号通貨は、仮想通貨の類似語である。なぜなら、仮想通貨は暗号化されたデータを用いて取引が行われ、その安全性を保証するからだ。例えば、イーサリアムも暗号通貨の一つである。

クリプトカレンシー

クリプトカレンシーは、仮想通貨の類似語である。なぜなら、英語での呼び名であり、「クリプト」は「暗号」を、「カレンシー」は「通貨」を意味するからだ。例えば、リップル(XRP)もクリプトカレンシーの一つである。

反対語

実物通貨

実物通貨は、仮想通貨の反対語である。なぜなら、実物通貨は具体的な物質を持った紙幣や硬貨で、中央銀行が発行し、国家が裏付ける。例えば、日本円やUSドル。

中央銀行デジタル通貨(CBDC)

中央銀行デジタル通貨(CBDC)は、仮想通貨の一種の反対語である。なぜなら、CBDCは仮想通貨とは違い、中央銀行が発行し、国家が保証する。例えば、中国のデジタル人民元。

現金

現金は、仮想通貨の反対語である。なぜなら、現金は物理的な存在を持ち、電子的に取引されない。例えば、財布の中の紙幣や硬貨。

会話の例文

友人間の会話

Q.「仮想通貨って何?」
A.「仮想通貨は、インターネット上で使われる通貨のことだよ。ビットコインなんかが有名だね。」

仮想通貨投資を考えている人との会話

Q.「どの仮想通貨に投資すればいいと思う?」
A.「それは自分のリスク許容度や投資目的によるね。情報収集をしっかりして、慎重に決めることが大切だよ。」

初めて仮想通貨を購入する人との会話

Q.「仮想通貨ってどうやって買うの?」
A.「まずは仮想通貨取引所に登録することから始めるよ。そこで買いたい通貨を選んで、購入することができるんだ。」

使用時の注意点

仮想通貨を使用する時の注意点はリスク管理である。 なぜならば価格変動が激しいからだ。 例えば、一日で価格が半分になることもある。

そして、セキュリティ対策も重要だ。 だから仮想通貨を使用する際は、リスクとセキュリティを理解し、慎重に行動することが大切だ。

仮想通貨(暗号通貨)への投資は、余剰資金でやりましょう。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました