アクイジションとは?成長戦略の一つ、詳しく知ろう

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとアクイジションとは

  • 企業買収
  • 新市場進出
  • 新技術獲得

アクイジションとは、企業買収です。

概要説明

アクイジションとは企業買収である。なぜならば、成長や拡大を目指す企業が他の企業を買うからだ。例えば、テクノロジー企業がスタートアップを買収することで新しい技術を手に入れる。そして、新市場に進出する。つまり、成長と拡大のための戦略である。だから、ビジネスで重要。

M&A

M&A(Mergers and Acquisitions)とは、企業が他の企業と合併(Merger)するか、買収(Acquisition)することを指す。この手法は、企業が成長したり、新しい市場に進出したり、競争力を高めたりするためによく使われる。

アクイジションはM&Aの一部で、これは一つの企業が別の企業を買う行為。買収される企業は、買収する企業に所有権が移る。アクイジションは、新しい技術を手に入れたり、新しい市場に進出したりするために行われることが多い。

合併とは、二つ以上の企業が一つになることです。合併する企業は、新しい一つの企業として再編される。合併は、企業が大きくなるためや、業績を改善するために行われる。

簡単に言うと、M&Aは企業が大きくなるための手段で、アクイジションはその一つの方法。

職業職種

CEO(最高経営責任者)

CEOは、アクイジションの決断をする。なぜなら、企業全体の方向性を決めるからだ。例えば、新市場に進出するために他社を買収。

財務担当者

財務担当者は、アクイジションの資金計画を作る。なぜなら、買収には多くのお金が必要だからだ。例えば、どれだけの資金が必要か計算する。

戦略担当者(ストラテジスト)

戦略担当者は、アクイジションのターゲットを選ぶ。なぜなら、どの企業を買収するかが成功の鍵だからだ。例えば、市場調査をして最適な企業を見つける。

アクイジションの名前の由来は、ラテン語の “acquirere” から来ています。この言葉は「獲得する」という意味です。

アクイジションの代表例

ソフトバンク

ソフトバンクは、アクイジションで有名である。なぜなら、多くのスタートアップ企業や大企業を買収してビジネスを拡大しているから。例えば、ARM Holdingsの買収。

楽天

楽天は、アクイジションで名高い存在である。なぜなら、国内外で多くの企業を買収し、多角化しているから。例えば、アメリカのBuy.com(現Rakuten.com)の買収。

LINE

LINEは、アクイジションで世間に知られている。なぜなら、他のテクノロジー企業を買収してサービスを拡充しているから。例えば、FIVE Inc.の買収。

手順例

以下は、アクイジションの基本手順です。

目標設定

目標設定は、アクイジションの第一歩である。なぜなら、何を達成したいのか明確にする必要があるから。例えば、新しい市場への進出。

対象企業の選定

対象企業の選定は、重要なステップである。なぜなら、買収する企業が目標に合っているか確認する必要があるから。例えば、財務状況や技術力の調査。

交渉

交渉は、実際に買収を進めるフェーズである。なぜなら、価格や条件を決める大事なステップだから。例えば、買収価格の合意。

契約

契約は、交渉が成功した後のステップである。なぜなら、正式に買収を決定する瞬間だから。例えば、買収契約の締結。

統合

統合は、買収後の作業である。なぜなら、買収した企業をスムーズに自社に取り込む必要があるから。例えば、システムや人員の統合。

類似語

合併(Merger)

合併は、アクイジションの類似語である。なぜなら、両方とも企業が他の企業と一体化する手段だから。例えば、二つの企業が一つになるケース。

買い取り(Takeover)

買い取りは、アクイジションの類似語である。なぜなら、企業が他の企業を所有する行為だから。例えば、株式の過半数を取得するケース。

ジョイントベンチャー(Joint Venture)

ジョイントベンチャーは、アクイジションの類似語である。なぜなら、二つ以上の企業が協力して新しい事業を始める手段だから。例えば、新しい市場での共同事業。

反対語

分割

分割は、アクイジションの反対語である。なぜなら、企業が他の企業を買うのではなく、自分自身を小さくするから。例えば、企業が子会社を売るケース。

撤退

撤退は、アクイジションの反対語である。なぜなら、新しい市場に進出するのではなく、市場から去るから。例えば、海外市場から撤退するケース。

独立

独立は、アクイジションの反対語である。なぜなら、他の企業に買われるのではなく、自立するから。例えば、子会社が親会社から独立するケース。

アクイジションの注意点

アクイジションを行う時の注意点は、買収先の評価である。なぜならば、適切な評価をしないと失敗する可能性が高いからだ。例えば、財務状況や技術力のチェックである。そして、文化の違いも考慮する必要がある。だから、しっかりと評価と調査をする。

アクイジションと合併(Merger)は、間違えやすいので注意しましょう。

アクイジションは、一方の企業が他方の企業を買うことです。

一方、合併は、二つの企業が等しく一つになることです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました