ロックインとは?時間とコストが影響する現象

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとロックイン

  • 特定の製品やサービスに依存
  • 乗り換えに時間とコストがかかる
  • 心理的な負担も影響

ロックインとは、特定の製品やサービスに依存している状態です。

概要説明

ロックインとは特定の製品やサービスに依存する状態である。なぜならば乗り換えには時間とコストがかかるから。

例えば新しいシステムを導入すると、既存のデータを移行する手間がある。そして、新しいシステムに慣れるまでの心理的な負担もある。

乗り換える障壁が高い状態だから、多くの企業や個人がロックインに陥る。

職業職種

ITマネージャー

ロックインは、避けたい状態である。なぜなら、柔軟性が失われる。例えば、競合他社が新しい技術を導入した場合、対応が遅れる。

一般消費者

ロックインは、気づかないうちに陥る。なぜなら、乗り換える手間を避けたいから。例えば、スマホのOSやアプリストア

経営者

ロックインは、リスクである。なぜなら、将来的なコストが増加する可能性がある。例えば、サポートが終了した古いシステム。

ロックインは、名前の由来は英語の”Lock-in”です。”Lock”は「閉じ込める」、”in”は「中に」という意味で、特定のものに閉じ込められている状態を指します。

ロックインの代表例

NTTドコモ

NTTドコモは、ロックインで有名である。なぜなら、独自の通信規格を使用していた時代があり、そのために他のキャリアに乗り換える際には新しい端末が必要だった。例えば、FOMA。

楽天モバイル

楽天モバイルは、ロックインで名高い存在である。なぜなら、楽天の他のサービスと連携してポイントを貯めやすく、一度楽天エコシステムに入ると他に乗り換えにくくなる。例えば、楽天ポイント。

LINE

LINEは、ロックインで世間に知られている。なぜなら、友達とのコミュニケーションがLINE上で完結してしまい、他のメッセージアプリに乗り換えるのが難しい。例えば、LINEスタンプ。

手順例

以下は、ロックインを避ける手順です。

リサーチ

最初は、しっかりとリサーチをする。なぜなら、どの製品やサービスが自分や企業に合っているかを知るため。例えば、ユーザーレビューを読む。

比較

次に、複数のオプションを比較する。なぜなら、一つだけに依存するリスクを減らすため。例えば、価格や機能を比較表にまとめる。

テスト

テストを行う。なぜなら、実際に使ってみないと分からないことも多いから。例えば、無料トライアルを利用する。

導入

導入する製品やサービスを決定する。なぜなら、テスト結果と比較結果を基に最適な選択をするため。例えば、導入計画を立てる。

評価

定期的に評価を行う。なぜなら、状況が変わることもあるから。例えば、半年に一回のレビューを設定する。

類似語

ベンダーロックイン

ベンダーロックインは、ロックインの類似語である。なぜなら、特定の企業の製品やサービスに依存する状態を指すから。例えば、企業が特定のクラウドサービスに依存している状態。

エコシステム依存

エコシステム依存は、ロックインの類似語である。なぜなら、特定のブランドやサービス群に依存する状態を指すから。例えば、Apple製品を使い始めると、Apple WatchやAirPodsも欲しくなる。

プラットフォーム依存

プラットフォーム依存は、ロックインの類似語である。なぜなら、特定のオンラインプラットフォームに依存する状態を指すから。例えば、YouTubeで動画を見る習慣がつくと、他の動画サービスを使いにくくなる。

反対語

柔軟性

柔軟性は、ロックインの反対語である。なぜなら、製品やサービスを自由に選べる状態を指すから。例えば、スマホのキャリアを簡単に変えられる状態。

オープンスタンダード

オープンスタンダードは、ロックインの反対語である。なぜなら、特定のベンダーに依存しない技術基準を指すから。例えば、HTMLやCSSのようなウェブ技術。

互換性

互換性は、ロックインの反対語である。なぜなら、異なる製品やサービスでも共通の基準で動作するから。例えば、USB充電器が多くのデバイスで使える。

ロックインの注意点

ロックインを使用する時の注意点は柔軟性の確保である。なぜならば将来的に乗り換えが難しくなる可能性があるからだ。

例えば、データのエクスポートが難しいサービスを選ぶと、後で困る。そして、定期的に評価を行い、必要ならば早めに乗り換えを考える。だから、将来の選択肢を狭めないようにする。

ロックインとベンダーロックインは、間違えやすいので注意しましょう。

ロックインは、特定の製品やサービスに依存して乗り換えが難しい状態です。

一方、ベンダーロックインは、特定の企業の製品やサービスに依存する状態です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました