ロングテールとは?売れ筋商品よりもニッチな商品が重要な理由

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとロングテール

  • 売れ筋よりニッチ商品が多い
  • 商品陳列に制限がない
  • 主力商品がなくても経営安定

ロングテールとは、ニッチ商品の合計がメイン商品より売れる現象です。

概要説明

ロングテールとは、売れ筋商品よりもニッチな商品の売り上げ合計が上回る現象である。なぜならば、ECサイトでは商品を陳列する数に制限がないからだ。例えば、Amazonや楽天で見られる。そして、主力商品が売り切れても、ニッチ商品で利益を上げられる。つまり、多様な商品で経営が安定する。だから、多くのECサイトで採用されている。

ロングテールの目的

ロングテールの概念は、主にマーケティングや製品戦略において重要で、以下の目的を持っています。

ニッチ市場の活用

多様なニーズを持つ小規模な市場セグメントに対応し、それらの累積的な需要を捉える。

製品多様性の提供

多様な製品やサービスを提供することで、より広範な顧客層にアプローチし、総合的な売上を向上させる。

競争圧力の軽減

主流市場の高い競争を避け、特定のニッチな領域でのビジネス機会を探求する。

ロングテールの売上の割合

ロングテール商品の売上が全体に対して無視できない割合。例えば、オンライン小売業やデジタルコンテンツ市場では、多数のニッチ商品が全体の売上の相当な部分を占めることがある。AmazonやNetflixのような企業では、ロングテール商品の売上が全体の売上の半分以上を占めることもある。

ロングテールのメリット

市場の広がり

ニッチな製品やサービスを提供することで、より多様な顧客ニーズに応えることができる。

競争の低減

主流の製品と比べて競争が少ないニッチ市場をターゲットにすることで、より効果的に市場を開拓できる。

顧客満足度の向上

顧客の特定のニーズに合わせた製品やサービスを提供することで、顧客満足度を高めることができる。

売上の安定性

一つの製品に依存しない多様な製品ポートフォリオを持つことで、市場変動へのリスクを分散できる。

ロングテールのデメリット

在庫管理の複雑化

多様な製品を扱うことで、在庫管理が複雑になり、特に物理的な商品を扱う場合、保管コストが増加する可能性がある。

需要予測の困難さ

ニッチな製品の需要予測は困難であり、過剰在庫や品切れのリスクが高まる。

マーケティング効率の低下

個々の製品ごとに特化したマーケティング戦略が必要になるため、全体的なマーケティング効率が低下する可能性がある。

利益率の問題

ロングテール製品は一般的に低価格であることが多く、一単位あたりの利益率が低いことがある。

ロングテールキーワードとは?

ロングテールキーワードは、一般的に、特定かつ特化されたフレーズで構成される検索クエリのことを指す。これらは通常、短いキーワード(ヘッドキーワード)に比べて検索頻度は低いものの、より具体的で、特定のニーズや意図を持つユーザーを対象にしている。

ロングテールキーワードの例

  • メンズランニング用スニーカー軽量

  • ベストバジェットラップトップ2023学生用

  • エスプレッソとカプチーノが作れるコーヒーメーカー

職業職種

ECサイトオーナー

ロングテールは、経営戦略である。なぜなら、多様な商品で利益を上げられるからだ。例えば、Amazon。

マーケティング担当者

ロングテールは、広告戦略である。なぜなら、ニッチな商品でも集客できるからだ。例えば、SEO対策。

在庫管理者

ロングテールは、在庫戦略である。なぜなら、主力商品がなくても経営が安定するからだ。例えば、多様な商品の在庫を持つ。

ロングテールは、名前の由来は「長い尾」です。売れ筋商品が「頭」で、それ以外の多くのニッチな商品が「長い尾」を形作るからこの名前がつきました。

ロングテールの代表例

楽天

楽天は、ロングテールで有名である。なぜなら、多種多様な商品を取り扱っていて、ニッチな商品も多く売れるからだ。例えば、レアな古本や特定の趣味に特化した商品も見つかる。

ヤフオク!

ヤフオク!は、ロングテールで名高い存在である。なぜなら、一点ものや中古品、趣味の特定のアイテムまで幅広く取り扱っているからだ。例えば、廃盤になったCDや限定版のフィギュアも売買されている。

メルカリ

メルカリは、ロングテールで世間に知られている。なぜなら、個人が手軽に多種多様な商品を出品できるからだ。例えば、自宅にある不要なものから、手作りのアート作品まで販売されている。

手順例

以下は、ロングテール商品の生み出す手順です。

市場調査

市場調査は、最初のステップである。なぜなら、どのようなニッチな商品が求められているかを知る必要があるからだ。例えば、アンケートやインタビューを行う。

商品選定

商品選定は、次に重要である。なぜなら、市場調査で得た情報を基に、どの商品を取り扱うか決める必要があるからだ。例えば、特定の趣味や職業に特化した商品を選ぶ。

在庫管理

在庫管理は、運営に必須である。なぜなら、売れ筋商品とニッチな商品のバランスを取る必要があるからだ。例えば、在庫数を調整する。

マーケティング

マーケティングは、売上を伸ばすために重要である。なぜなら、ニッチな商品もしっかりと宣伝する必要があるからだ。例えば、SNSやブログでの紹介。

分析と改善

分析と改善は、継続的な成長のために必要である。なぜなら、何がうまくいって何がダメだったのかを理解し、次に生かす必要があるからだ。例えば、売上データやアクセス解析を行う。

類似語

ニッチマーケット

ニッチマーケットは、ロングテールの類似語である。なぜなら、特定の需要に特化した市場を指す言葉で、ロングテール戦略と密接に関連しているからだ。例えば、特定の趣味に特化したオンラインショップ。

多様性

多様性は、ロングテールの類似語である。なぜなら、多種多様な商品やサービスが存在する状態を指し、ロングテール戦略の一環とも言えるからだ。例えば、食品から家電まで取り扱う大型スーパー。

テールエンド

テールエンドは、ロングテールの類似語である。なぜなら、売上の下位に位置する商品やサービスを指す業界用語で、ロングテール戦略で重要になるからだ。例えば、あまり一般的でない専門書やレアな商品。

反対語

ヒット主義

ヒット主義は、ロングテールの反対語である。なぜなら、主力商品だけを強調し、それ以外の商品はあまり重視しないからだ。例えば、大手書店でベストセラーだけが目立つレイアウト。

マスマーケット

マスマーケットは、ロングテールの反対語である。なぜなら、広く一般の人々を対象とした商品やサービスを提供するからだ。例えば、大量生産された一般的な食品。

一点集中

一点集中は、ロングテールの反対語である。なぜなら、特定の商品やサービスにリソースを集中させる戦略から来ているからだ。例えば、一つの大きなイベントにすべての広告予算を使う会社。

ロングテールの注意点

ロングテールを使用する時の注意点は在庫管理である。なぜならば、ニッチな商品が多いと在庫コストがかかるからだ。例えば、売れ残りが多くなる可能性がある。そして、需要の予測も難しい。だから、しっかりとした分析が必要。

ロングテールとニッチマーケットは、間違えやすいので注意しましょう。

ロングテールは、多くの種類の商品を少量ずつ販売する戦略です。

一方、ニッチマーケットは、特定の小さい市場に特化した販売をすることです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました