ローリングアップデートとは?ダウンタイムなしで安全に更新

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとローリングアップデート

  • システムを止めずに更新
  • 一台ずつ順番に更新
  • 新旧システムが混在するリスク

ローリングアップデートとは、システムを完全に停止させずに更新方法です。

概要説明

ローリングアップデートとは、システムを完全に停止させずに更新する方法である。 なぜならば、ダウンタイムを防ぐため。

例えば、ウェブサイトやアプリのサービスが途切れることなく続けられる。そして、一台ずつ順番に更新する。

つまり、全体のシステムが稼働し続ける。だから、効率的だが新旧の混在に注意が必要。

ローリングアップデートの目的

ローリングアップデートは、ソフトウェアやシステムの更新手法の一つで、以下の目的で使用されます。

サービスの中断を最小限に抑える

アップデートを段階的に実施し、システム全体を一度にダウンさせることなく更新を行うため、ユーザーへのサービス中断を最小限に抑える。

更新のリスク管理

更新が段階的に行われるため、新しいバージョンに問題があった場合、影響を受ける範囲を制限し、迅速な対処が可能。

安定したデプロイメントの実現

段階的なアップデートにより、システムの安定性を保ちながら新機能を導入したり、パフォーマンスの改善を図ったりすることができる。

ローリングアップデートのメリット

サービス中断の削減

システム全体を一度に停止させることなく、継続的なサービス提供が可能。

フィードバックに基づいた改善

少数のユーザーに対する初期のロールアウトからフィードバックを受け取り、全体へのデプロイメント前に改善を行うことができる。

安全性の向上

新しいバージョンに問題がある場合、その影響を早期に特定し、迅速に対処することが可能。

リソースの効率的な利用

アップデートの際に必要なリソースの量を制御し、過負荷を防ぐことができる。

ローリングアップデートのデメリット

複雑性の増加

段階的なデプロイメントは、単一のアップデートよりも計画と実行が複雑になる可能性がある。

更新プロセスの長期化

全ユーザーへのアップデートが段階的に行われるため、全体のアップデート完了までの時間が長くなることがある。

異なるバージョンの管理

アップデートが進行中は、システム内で複数のバージョンが同時に稼働することになり、これを管理する必要がある。

テストと検証の複雑化

異なる環境でのアップデートを段階的に行うと、テストや検証のプロセスがより複雑になる可能性がある。

一貫性の問題

アップデートが完了するまでの期間、システムの一部には新機能が利用可能であり、一部には利用できないという状況が発生する可能性がある。

ローリングアップデートは、特に大規模なシステムや、サービス中断が許容できないシステムにおいて、効果的な更新手法です。この手法は、サービスの可用性と更新プロセスの安全性を両立させるために設計されていますが、その実装と管理には慎重な計画と十分なリソースが必要です。

職業職種

システム管理者

ローリングアップデートは、システムの安全性と効率を高める手法である。なぜなら、ダウンタイムを防ぐから。例えば、オンラインストアの運営。

デベロッパー

ローリングアップデートは、新機能の導入やバグ修正に便利である。なぜなら、テストと本番環境を同時に管理できるから。例えば、アプリの新バージョンリリース。

プロジェクトマネージャー

ローリングアップデートは、プロジェクトの進行をスムーズにする。なぜなら、リソースの効率的な使用が可能だから。例えば、タイムラインの管理。

ローリングアップデートは、名前の由来は「rolling」(転がる、続けざまに)と「update」(更新)の組み合わせです。一台ずつ順番に更新する様子を表しています。

ローリングアップデートの代表例

LINE Corporation

LINE Corporationは、ローリングアップデートで有名である。なぜなら、大量のユーザーがいるにも関わらず、サービスを止めずにアップデートを行うから。例えば、LINEメッセンジャーアプリの頻繁な機能追加。

Rakuten, Inc.

Rakutenは、ローリングアップデートで名高い存在である。なぜなら、多くのサービスを提供しており、それぞれをスムーズにアップデートする必要があるから。例えば、楽天市場のショッピングプラットフォーム。

CyberAgent, Inc.

CyberAgentは、ローリングアップデートで世間に知られている。なぜなら、ゲームや広告など多角的なビジネスを行っており、それぞれのシステムを効率よく更新する必要があるから。例えば、ゲーム「グランブルーファンタジー」のアップデート。

手順例

以下は、ローリングアップデートの基本的な手順です。

計画を立てる

最初に、どのコンピュータをいつ更新するのか計画を立てる。なぜなら、全体の流れを把握するため。例えば、更新スケジュールの作成。

バックアップを取る

次に、更新前に必ずバックアップを取る。なぜなら、何か問題が起きた場合に備えるため。例えば、データのコピー。

一台目の更新

一台目のコンピュータを更新する。なぜなら、問題がないか確認するため。例えば、新バージョンのインストール

動作確認

更新したコンピュータの動作を確認する。なぜなら、問題がないかチェックするため。例えば、テスト環境での検証。

次の更新

問題がなければ、次のコンピュータを更新する。なぜなら、全体を順番に更新していくため。例えば、二台目のコンピュータの更新。

類似語

フェーズドロールアウト

フェーズドロールアウトは、ローリングアップデートの類似語である。なぜなら、少しずつユーザーに新機能やアップデートを提供する手法だから。例えば、新機能を一部のユーザーだけに先に提供する。

カナリアリリース

カナリアリリースは、ローリングアップデートの類似語である。なぜなら、少数のユーザーで新バージョンのテストを行う手法だから。例えば、新バージョンを1%のユーザーに提供してテストする。

ブルーグリーンデプロイメント

ブルーグリーンデプロイメントは、ローリングアップデートの類似語である。なぜなら、新旧の環境を切り替えることでアップデートを行う手法だから。例えば、新しい環境(グリーン)を用意して、問題がなければ旧環境(ブルー)と入れ替える。

反対語

一斉アップデート

一斉アップデートは、ローリングアップデートの反対語である。なぜなら、全てのコンピュータを同時に更新するから。例えば、オフィスの全PCを同時に更新する場合。

手動アップデート

手動アップデートは、ローリングアップデートの反対語である。なぜなら、自動ではなく人が介入して一台ずつ更新するから。例えば、IT担当者が各コンピュータに手動でアップデートを適用する場合。

オフラインアップデート

オフラインアップデートは、ローリングアップデートの反対語である。なぜなら、システムを停止してから更新するから。例えば、深夜にシステムを停止してアップデートを行う場合。

ローリングアップデートの注意点

ローリングアップデートを使用する時の注意点は整合性の管理である。なぜならば新旧のシステムが混在する可能性があるからだ。

例えば、データベースのバージョンが異なる場合。そして、その整合性が取れないと、データの不整合やエラーが起きる可能性がある。だから、事前のテストが必要。

ローリングアップデートとフェーズドロールアウトは、間違えやすいので注意しましょう。

ローリングアップデートは、一台ずつ順番にシステムを更新する方法です。

一方、フェーズドロールアウトは、新機能を段階的にユーザーに提供する方法です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました