ローミングとは?通信キャリアが提供する便利なサービス解説

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとローミング

  • 通信キャリアの地域を超えて通信
  • グループ会社や提携によるサービス
  • データローミングができる端末・通信契約必要

ローミングとは、地域を超えて通信できるサービスです。

概要説明

ローミングとは地域を超えて通信できるサービスである。なぜならば通信キャリアが提供する地域外でもインターネットが使えるから。

例えば、日本のキャリアでアメリカでもネットが使える。そして、これは通信キャリアやグループ会社同士の提携による。つまり、通信の自由度が高くなる。だから、海外旅行や出張時に便利。

ローミングの目的

ネットワークの連続性の提供

ローミングは、ユーザーが自分のホームネットワークエリア外にいるときでも、通信サービス(音声通話、SMS、データ接続など)を利用できるようにすることを目的としている。

移動性の向上

ユーザーが異なる地理的エリアに移動しても、継続して通信サービスを利用できるようにし、移動性を向上させる。

アクセシビリティの確保

ローミングを通じて、ユーザーは国内外を問わず、通信ネットワークに容易にアクセスできる。

ローミングのメリット

利便性

ユーザーは、異なる地域や国にいても、自身の携帯電話番号やデバイスをそのまま使い続けられる。

広範なカバレッジ

ローミングにより、ユーザーは広範囲の地域で通信サービスにアクセスでき、自国のネットワークカバレッジ外でも連絡が取れる。

緊急時の通信保証

旅行先や出張先での緊急時にも、通信サービスを利用して連絡を取ることが可能。

ローミングのデメリット

高い料金

国際ローミングの料金は非常に高額になることがあり、特にデータ使用料が高くつくことが一般的。

速度の低下

ローミング時には、ホームネットワークよりも低速の通信が提供される場合がある。

接続の不安定さ

異なるネットワーク間でのローミング中には、接続が不安定になることがある。

海外ローミングとは?

海外ローミングは、自国外で携帯電話やスマートフォンの通信サービス(通話、SMS、データ通信)を利用すること。 料金は通常、国内での使用に比べて高額であり、特にデータローミングは高額な料金が発生しやすい。 多くの携帯電話会社は、海外ローミング用の特別プランを提供しており、これを利用することでコストを抑えることが可能。

職業職種

ビジネスマン

ビジネスマンは、出張である。なぜなら、海外での仕事が多く、通信が必要だから。例えば、メールやビデオ会議。

観光客

観光客は、旅行である。なぜなら、観光地での情報収集や連絡が必要だから。例えば、地図アプリやSNS

学生

学生は、留学である。なぜなら、海外での生活や学習にインターネットが必要だから。例えば、リサーチや連絡。

ローミングは、名前の由来は英語の “roam” から来ています。”Roam” は「歩き回る」や「放浪する」という意味です。

ローミングの代表例

NTTドコモ

NTTドコモは、ローミングで有名である。なぜなら、多くの国と提携していて、海外でも安心して使えるから。例えば、WORLD WINGというサービスがある。

ソフトバンク

ソフトバンクは、ローミングで名高い存在である。なぜなら、自社のグループ会社が多く、それによって多くの地域でサービスが提供されているから。例えば、海外で使えるプランが多い。

KDDI(au)

KDDI(au)は、ローミングで世間に知られている。なぜなら、手軽に設定できるプランが多く、利用者にとって便利だから。例えば、グローバルパスというサービスがある。

手順例

以下は、ローミングを使用する手順です。

通信契約の確認

通信契約の確認は、最初のステップである。なぜなら、ローミングが利用できるかどうか確認する必要があるから。例えば、キャリアのホームページで確認する。

端末設定

端末設定は、次に行う。なぜなら、データローミングをオンにする必要があるから。例えば、設定メニューからデータローミングをオンにする。

料金プランの選択

料金プランの選択は、重要である。なぜなら、コストを抑えるために適切なプランを選ぶ必要があるから。例えば、短期間の利用なら日割りプランを選ぶ。

現地でのテスト

現地でのテストは、確認作業である。なぜなら、実際にローミングが機能しているか確認する必要があるから。例えば、インターネットに接続してみる。

利用後の料金確認

利用後の料金確認は、最後のステップである。なぜなら、予想以上の料金がかかることを防ぐためだから。例えば、帰国後に料金明細を確認する。

類似語

データローミング

データローミングは、ローミングの類似語である。なぜなら、ローミングサービスを利用する際にデータ通信ができる状態を指すから。例えば、スマホの設定で「データローミングを許可」にする。

国際ローミング

国際ローミングは、ローミングの類似語である。なぜなら、特に国境を越えてローミングサービスを利用する場合に使われるから。例えば、日本から海外へ行くときに利用する。

キャリアローミング

キャリアローミングは、ローミングの類似語である。なぜなら、同じ通信キャリアが提供する異なる地域でのローミングを指すから。例えば、東京と大阪で同じキャリアのサービスを利用する。

反対語

ローカル通信

ローカル通信は、ローミングの反対語である。なぜなら、特定の地域内だけで通信ができるから。例えば、学校や会社のWi-Fi。

非接続

非接続は、ローミングの反対語である。なぜなら、インターネットに接続していない状態を指すから。例えば、飛行機モード。

固定回線

固定回線は、ローミングの反対語である。なぜなら、特定の場所でしか使えないインターネット接続を指すから。例えば、家のWi-Fi。

ローミングの注意点

ローミングを使用する時の注意点は料金である。なぜならば、通常よりも高額な料金がかかる可能性があるからだ。例えば、データ使用量によっては数万円にもなる。そして、オプションプランの加入が有用。だから、事前に料金プランを確認する。

ローミングとテザリングは、間違えやすいので注意しましょう。

ローミングは、異なる地域でのインターネット接続です。

一方、テザリングは、一つのデバイスが他のデバイスにインターネット接続を提供することです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました