ロールフォワードとは?データベースの安全な戻し方

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとロールフォワード

  • データベースの不具合対策
  • バックアップデータを使う
  • データを復旧する方法

ロールフォワードとは、バックアップデータを使って、不具合が発生する前の状態に戻すことです。

概要説明

ロールフォワードとは、データベースで発生した不具合を修正する方法である。 なぜならば、過去のバックアップデータを使って、不具合が発生する前の状態に戻すから。

例えば、システムがクラッシュした後である。そして、これによってデータの整合性を保つ。つまり、データを安全に復旧する方法である。だから、データベース管理において重要。

ロールフォワードの目的

ロールフォワードは、データベースやシステムにおいて、障害発生後の回復プロセスの一部として用いられるテクニックです。その主な目的は以下の通りです。

データの回復と完全性の維持

データベースやシステムが障害により停止した場合、ロールフォワードは、最後のバックアップ以降に行われたすべてのトランザクションや変更を再現し、データを最新の状態に戻すことを目指す。

障害からの迅速な復旧

障害発生時にデータベースやシステムをできるだけ迅速に正常な状態に戻し、サービスの中断時間を最小限に抑えることを目的とする。

データ損失の最小化

トランザクションログや変更履歴を使用して、障害発生時に未コミットのデータを可能な限り回復し、データ損失を最小化する。

ロールフォワードのメリット

データの整合性の保持

ロールフォワードを使用することで、システム障害時にもデータの整合性を維持し、正確なデータを確保できる。

運用の継続性の確保

障害後にシステムを迅速に復旧させることで、ビジネスの運用継続性を確保する。

信頼性の向上

システムの信頼性が向上し、ユーザーや顧客の信頼を維持することができる。

障害時のデータ損失リスクの軽減

最新のデータ状態に戻すことで、重要なデータ損失のリスクを軽減する。

ロールフォワードのデメリット

リソースの消費

ロールフォワードプロセスはリソースを消費するため、大規模な障害の場合、復旧に時間とシステムリソースが必要になることがある。

複雑性の増加

ロールフォワードプロセスは、システムの設定や管理において複雑性を増加させる可能性がある。

復旧時間の長さ

大量のトランザクションデータがある場合、ロールフォワードによる復旧には長い時間がかかることがある。

トランザクションログの管理

効果的なロールフォワードを行うためには、トランザクションログを適切に管理し続ける必要があり、これが追加の管理負担となることがある。

ロールフォワードは、特にデータの整合性と正確性が重要なシステムにおいて、障害発生時の復旧手段として非常に有用です。

職業職種

データベース管理者

データベース管理者は、ロールフォワードを頻繁に使用する。なぜなら、データベースの安全と整合性を保つ役割があるから。例えば、システム障害時。

システムエンジニア

システムエンジニアは、ロールフォワードを時々使用する。なぜなら、データベースと連携するアプリケーションの安全を確保するため。例えば、新しい機能のテスト後。

ITコンサルタント

ITコンサルタントは、ロールフォワードについてアドバイスする。なぜなら、企業のデータ戦略に影響を与える可能性があるから。例えば、セキュリティ監査時。

ロールフォワードは、名前の由来は英語の “Roll”(動かす)と “Forward”(前へ)から来ています。これは、データを前の状態に「動かす」ことを意味します。

ロールフォワードの代表例

Oracle Corporation

Oracle Corporationは、ロールフォワードで有名である。なぜなら、Oracle Databaseが高度なロールフォワード機能を提供しているから。例えば、Oracle Flashback Technology。

IBM

IBMは、ロールフォワードで名高い存在である。なぜなら、DB2というデータベースソフトウェアがロールフォワードをサポートしているから。例えば、DB2のデータリカバリ機能。

Microsoft

Microsoftは、ロールフォワードで世間に知られている。なぜなら、SQL Serverがロールフォワード機能を持っているから。例えば、SQL Serverのポイントインタイムリカバリ。

手順例

以下は、ロールフォワードの基本手順です。

バックアップの確認

バックアップの確認は、最初のステップである。なぜなら、適切なバックアップがないとロールフォワードはできないから。例えば、最後に取ったバックアップの日時を確認する。

不具合の特定

不具合の特定は、次のステップである。なぜなら、何が問題か知る必要があるから。例えば、エラーログをチェックする。

ロールフォワードの実行

ロールフォワードの実行は、主要なステップである。なぜなら、これでデータを復旧するから。例えば、バックアップデータを使ってデータベースを復元する。

確認作業

確認作業は、重要なステップである。なぜなら、データが正しく復旧されたか確認する必要があるから。例えば、データベースの状態をチェックする。

ドキュメントの更新

ドキュメントの更新は、最後のステップである。なぜなら、次回のために何が起きたか記録しておく必要があるから。例えば、ロールフォワードの詳細を文書化する。

類似語

ロールバック

ロールバックは、ロールフォワードの類似語である。なぜなら、両方ともデータベースの復旧に関する用語だから。例えば、ロールバックは不具合発生後にデータを前の状態に戻す。

データリカバリ

データリカバリは、ロールフォワードの類似語である。なぜなら、データを復旧する全般的なプロセスを指すから。例えば、バックアップからデータを復元する行為全体。

ポイントインタイムリカバリ

ポイントインタイムリカバリは、ロールフォワードの類似語である。なぜなら、特定の時点にデータベースを戻す方法の一つだから。例えば、特定の時刻のスナップショットを使ってデータを復旧する。

反対語

ロールバック

ロールバックは、ロールフォワードの反対語である。なぜなら、ロールフォワードがデータを前の状態に進めるのに対し、ロールバックはデータを前の状態に戻すから。例えば、トランザクションの取り消し。

アンドゥ

アンドゥは、ロールフォワードの反対語である。なぜなら、アンドゥは行った操作を取り消す行為だから。例えば、テキストエディタでの編集操作の取り消し。

データ削除

データ削除は、ロールフォワードの反対語である。なぜなら、ロールフォワードがデータを復元するのに対し、データ削除はデータを消去するから。例えば、データベースから情報を完全に消す。

データロス

データロスは、ロールフォワードの反対語である。なぜなら、ロールフォワードがデータを保存するのに対し、データロスはデータが失われるから。例えば、ハードドライブの故障でデータが消える。

データ復元

データ復元は、ロールフォワードの反対語とは言えないが、関連する言葉である。なぜなら、両方ともデータを復旧するための方法だが、アプローチが異なるから。例えば、バックアップからのデータのリストア

ロールフォワードの注意点

ロールフォワードを使用する時の注意点は、最新のバックアップデータを使うことである。なぜならば、古いデータを使うと最新の情報が失われる可能性があるからだ。

例えば、昨日のバックアップを使うと、今日のデータが消えるかもしれない。そして、ロールフォワードの前には必ず現在のデータのバックアップを取ること。だから、データの損失を防ぐためには注意が必要。

ロールフォワードとロールバックは、間違えやすいので注意しましょう。

ロールフォワードは、不具合の発生前の状態にデータを進めることです。

一方、ロールバックは、不具合の発生前の状態にデータを戻すことです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました