スケールインでコストカット!知っておきたいIT用語

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

スケールインとは、余った処理能力を抑え、コストを削減することです。

概要説明

スケールインとは、処理能力が余っているシステムのコスト削減策である。なぜならば、余った処理能力をそのまま放置すると無駄なコストがかかってしまうからだ。

例えば、一台のサーバーが十分に稼働できるにも関わらず、複数台を動かしてしまうというケースがある。そして、この余分なコストを抑えるためにスケールインを行う。

つまり、必要な処理能力だけを持つ適切な規模にシステムを縮小することである。だから、スケールインは経費削減に役立つ。

職業職種

システムエンジニア

システムエンジニアは、スケールインをよく使う。なぜなら、システムのパフォーマンスとコストのバランスを常に考えているからだ。例えば、システムの運用中に余剰なリソースを見つけたとき、スケールインを行う。

ITマネージャー

ITマネージャーも、スケールインを用いる。なぜなら、IT資源の効率的な利用とコスト管理がその役割だからだ。例えば、予算内で最適なシステム運用を実現するためにスケールインを選択することがある。

データセンター運用者

データセンター運用者は、スケールインを行う。なぜなら、大量のサーバーを管理し、効率的な運用が求められるからだ。例えば、負荷の低下したサーバーに対してスケールインを適用し、エネルギー消費を抑える。

スケールインは、英語の”scale”(規模)と”in”(内側へ)を組み合わせです。その名の通りシステムを適切な規模に縮小する行為を指します。

代表例

Amazon

Amazonは、スケールインの先駆者である。なぜなら、彼らのクラウドサービス「AWS」はスケールインとスケールアウトの両方を柔軟に対応しているからだ。例えば、ユーザーが一時的に大量のリソースを必要とする場合、スケールアウトを行い、その後不要になったときはスケールインすることで、コストを最小限に抑えている。

Google

Googleは、スケールインの利点を最大限に活用している。なぜなら、自社の大規模データセンターを効率的に運用するために、スケールインとスケールアウトのバランスを取っているからだ。例えば、ピーク時のデータ需要に対応するためにスケールアウトし、それが終わると余分なリソースを減らすためにスケールインしている。

Netflix

Netflixは、スケールインとスケールアウトを巧みに利用している。なぜなら、夜間や休日など視聴率が高い時間帯にはスケールアウトを行い、それ以外の時間帯にはスケールインを行って、リソースを効率的に使用しているからだ。例えば、新作のリリース時にはリソースを増やし、それが終わったらスケールインしてコストを抑えている。

手順例

リソースの監視

リソースを監視し、不要なリソースを見つける。なぜなら、スケールインを行う前にどのリソースが不要なのかを知る必要があるからだ。例えば、CPUやメモリの使用率が低いサーバを見つける。

スケールインの決定

不要なリソースを見つけたら、それらを減らすかどうかを決定する。なぜなら、全てのリソースを一度に減らすとシステムに影響を与える可能性があるからだ。例えば、低い使用率のサーバから順にスケールインを行う。

スケールインの実行

スケールインを実行する。なぜなら、これがコストを抑える主要なステップだからだ。例えば、クラウドサービスの管理画面から、不要なサーバを削除する。

類似語

リソースの縮小

リソースの縮小は、スケールインと同じ意味だ。なぜなら、両者ともに不要なリソースを削減することを指すからだ。例えば、サーバの数を減らす行為を指す。

ダウンサイジング

ダウンサイジングは、スケールインに似ている。なぜなら、両者ともにシステムの規模を小さくすることを意味するからだ。例えば、企業が経費削減のために部門や人員を縮小する場合にも使われる。

シュリンク

シュリンクもスケールインの類似語だ。なぜなら、両者ともに何かを小さくするという意味があるからだ。例えば、ITの世界では、データベースを小さくする行為をシュリンクとも言う。

反対語

スケールアウト

スケールアウトは、スケールインの反対語である。なぜなら、スケールアウトはシステムの処理能力を増やすために新たな機器を追加する行為だから。例えば、サイトへのアクセスが増えて処理が追いつかないときに行う。

会話例

  1. ビジネスミーティングでの会話
    Q.「このサーバー、処理能力に余裕あるけど、もっと安く運用できない?」
    A.「それならスケールインを考えてみては?システムの処理能力を適切に調整すれば、無駄なコストをカットできるよ。」

注意点

スケールインをする時の注意点は予期せぬ増加トラフィックである。なぜならば急にユーザーが増えた場合、処理能力が足りなくなり、システムがダウンしてしまう可能性があるからだ。

例えば、特売日や大型イベントで予想以上のアクセスがあった場合である。そして、こうしたリスクを避けるためには、定期的にシステムのパフォーマンスを監視し、必要に応じてスケールアウトすることも考えるべきだ。

スケールインとダウンサイジングは、間違えやすいので注意しましょう。

スケールインはシステムの処理能力を調整する行為で、一方、ダウンサイジングは業務や機能を削減することです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました