O2Oとは?オンラインとオフラインが融合する新時代のマーケティング

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとO2O

  • デジタルとリアルを融合させる新時代のマーケティング手法
  • オンラインの情報をオフラインの行動につなげる
  • 店舗の来訪を増やすための戦略

O2O (Online To Offline)= オンラインからオフラインへ

O2Oとは、オンラインの情報をオフラインの実際の行動へとつなげることです。

O2Oとは

O2Oとは、オンラインの世界からオフラインの世界へとつなげる方法である。 なぜならば、デジタルの情報を利用して、実際の行動を促進するからだ。

例えば、オンラインで商品を見つけ、その情報を元に実店舗へ訪れるといったケースがある。 そして、その結果、店舗の集客力を高め、ビジネスの活性化を図る。

つまり、デジタルとリアルを有機的に結びつけることで新たな価値を生み出す戦略だ。 だから、O2Oは新時代のマーケティングともいえる。

使用する職種

マーケティングマネージャー

O2Oは、店舗集客の新しい戦略である。なぜなら、オンラインの情報を利用してオフラインの来訪を促進できるからだ。例えば、クーポンをオンラインで配布し、それを使って店舗に来てもらうという方法がある。

店舗オーナー

O2Oは、ビジネス活性化の一助となる。なぜなら、デジタルとリアルの連携を通じて、顧客とのつながりを強化できるからだ。例えば、オンラインで商品を紹介し、顧客に店舗での体験を提供するといった方法がある。

消費者

O2Oは、購入体験の一部となる。なぜなら、オンラインの情報をもとに実際の店舗訪問や商品の購入が行えるからだ。例えば、オンラインでクーポンを取得し、それを店舗で使って購入するという体験ができる。

O2Oは、新規顧客の集客や既存顧客との深い関係を築くのに最適です。

有名な企業や製品、サービス

Amazon

Amazonは、オンラインでの商品検索や購入から、Amazon Goなどの実店舗でのショッピング体験へとつなげるO2Oの好例である。なぜなら、オンラインとオフラインの世界をシームレスにつなげているからだ。例えば、Amazon Goではオンラインで見た商品を実際に手に取って購入する体験ができる。

Uber

Uberは、モバイルアプリから実際の乗車体験へとつなげるO2Oサービスの代表例である。なぜなら、オンラインでタクシーを呼び、実際に乗車する体験を提供しているからだ。例えば、アプリで目的地を設定し、それに基づいて最適な車両が配車される。

Alibaba

Alibabaは、オンラインマーケットプレイスから実店舗でのショッピング体験へとつなげるO2Oとの独自の取り組みで有名だ。なぜなら、同社の”New Retail”戦略はオンラインの便利さとオフラインの体験を結びつけているからだ。例えば、Hema Supermarketという実店舗では、オンラインで注文した商品を店内で受け取ることができる。

Uber

Uberは、O2Oサービスの一例として世界的に知られている。なぜなら、ユーザーがアプリを使ってリアルタイムでタクシーを呼び出すことができるからだ。例えば、アプリで送迎を依頼し、リアルタイムでドライバーの位置を確認しながら待つことができる。

Meituan Dianping

Meituan Dianpingは、中国最大のO2Oプラットフォームの一つだ。なぜなら、レストラン予約から映画チケットの購入、フードデリバリーサービスまで幅広い業界をカバーしているからだ。例えば、アプリ内でレストランを検索し、予約と同時に割引クーポンを得ることが可能だ。

大まかな手順

情報収集

O2Oの始め方は、まず必要な情報を収集することだ。なぜなら、どんなサービスを利用すればいいのかを知るためだ。例えば、レストラン予約ならOpenTable、タクシー配車ならUberを調べる。

アプリのダウンロード

次に、選んだサービスのアプリをダウンロードする。なぜなら、そのアプリを使ってオンラインでサービスを利用するからだ。例えば、スマホのアプリストアからUberアプリをダウンロードする。

アカウント作成

アプリをダウンロードしたら、アカウントを作成する。なぜなら、そのアカウントでサービスを利用するからだ。例えば、メールアドレスや電話番号を入力してアカウントを作る。

サービスの利用

アカウントを作ったら、サービスを利用する。なぜなら、それがO2Oの目的だからだ。例えば、Uberアプリで目的地を入力し、車を呼ぶ。

実店舗での利用

最後に、オンラインで注文したサービスを実店舗で受ける。なぜなら、それがO2Oの最終目標だからだ。例えば、Uberで呼んだ車に乗る。

類似語

B2B2C

B2B2Cは、O2Oと類似したビジネスモデルだ。なぜなら、両者ともにオンラインとオフラインの世界をつなげるからだ。例えば、製造業者が販売業者を通じて最終消費者に商品を届けるB2B2Cと同じく、O2Oもオンラインの情報を利用してオフラインのサービスを利用する。

Click and Mortar

Click and Mortarは、O2Oと似た概念だ。なぜなら、両者ともにオンラインとオフラインのビジネスを統合するからだ。例えば、オンラインで注文し、実店舗で商品を受け取るビジネスモデルを指す。

Phygital

Phygitalは、O2Oと近い意味を持つ新語だ。なぜなら、物理的な世界とデジタルな世界を融合させることを意味するからだ。例えば、店頭で商品を見て、オンラインで購入するという行為もPhygitalに含まれる。

反対語

Online Only

Online Onlyは、O2Oの反対語だ。なぜなら、これはすべてのビジネスがオンライン上で完結することを意味するからだ。例えば、デジタル商品のダウンロードやオンライン上でのサービス提供などがこれに該当する。

Brick and Mortar

Brick and Mortarは、O2Oの反対語ともいえる。なぜなら、これは純粋な物理店舗での商売を指すからだ。例えば、一般のスーパーマーケットや衣料品店などがこれに該当する。これらのビジネスでは、全ての取引と顧客のインタラクションが店内で行われる。

Offline Only

Offline OnlyもO2Oの反対語と考えられる。なぜなら、これは全てのビジネスがオフライン、つまり物理的な世界で行われることを指すからだ。例えば、ストリートマーケットや路上の食品スタンドなどがこれに該当する。これらのビジネスでは、デジタル技術を一切使用せず、全ての取引が直接、対面で行われる。

会話の例文

  1. 友人が新たなビジネスを計画する中でO2Oの可能性について尋ねる場面
    Q.「僕の新しいカフェ、O2Oって使えるかな?」
    A.「もちろんだよ。例えば、カフェのユーザーがオンラインで商品を予約し、その後店舗で受け取るといったサービスが考えられるね。」

  2. ビジネスパートナーとO2Oの戦略を検討する場面
    Q.「我々のビジネスモデルにO2Oの戦略を組み込むべきだと思う?」
    A.「絶対にそうだよ。それにより、お客様がオンラインとオフラインの両方でシームレスな体験を得られるようになるからだ。」

  3. 顧客が店舗でO2Oについての質問をする場面
    Q.「この店でオンラインで商品を注文して、店頭で受け取ることができるの?」
    A.「はい、その通りです。それがまさにO2Oと呼ばれるシステムです。オンラインで便利に注文して、店頭で直接商品を受け取ることができますよ。」

使用時の注意点

O2Oを使用する時の注意点はデータの管理である。 なぜならば、オンラインとオフラインの間で顧客データを適切に共有することが重要だからだ。

例えば、顧客がオンラインで購入した商品を店頭で受け取る際、その情報をリアルタイムで共有する必要がある。

そして、そのデータの管理やプライバシーの保護も重要な課題となる。 だからO2Oを実装する際には、これらの点に十分注意を払う必要がある。

O2Oで新しいビジネスの可能性。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました