ITSSとは?IT業界で必須のスキル標準を解説

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとITSSとは

  • IT業界のスキルや能力を測定・評価
  • 技術レベルや業務遂行能力を可視化
  • 適切な人材配置や育成を実現

ITSSとは、ITスキルを測定し人材を適切に配置・育成する標準です。

概要説明

ITSSとはIT業界のスキルや能力を測定・評価する標準である。なぜならば、技術が進化する中で人材の質を確保する必要があるから。例えば、プログラミングのスキルレベルを測るテストがある。そして、その結果をもとに人材を適切なポジションに配置する。つまり、ITSSは人材の質を高め、企業の競争力を強化する。だから、ITSSは今後ますます重要になる。

職業職種

人事担当者

人事担当者は、採用の際にITSSを活用する。なぜなら、応募者のスキルレベルを正確に把握するため。例えば、面接前のスキルテスト。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの進行中にITSSを使う。なぜなら、チームメンバーの適性を確認し、効率的な業務遂行を目指すため。例えば、スキルセットに基づいた役割分担。

エンジニア

エンジニアは、自分自身のスキル向上のためにITSSを利用する。なぜなら、自分のスキルレベルを知り、必要な研修や教育を受けるため。例えば、年次の自己評価や目標設定。

ITSSの名前の由来は、”Information Technology Skill Standards”の頭文字を取ったものです。

ITSSの代表例

NTTデータ

NTTデータは、ITSSで有名である。なぜなら、同社はIT人材のスキルマッピングにITSSを活用しているから。例えば、社内研修や人材配置にITSSが使われている。

リクルートキャリア

リクルートキャリアは、ITSSで名高い存在である。なぜなら、ITSSを用いた人材評価サービスを提供しているから。例えば、求人サイト「Rikunabi」でのスキルマッチングにITSSが活用されている。

IPA(情報処理推進機構)

IPAは、ITSSで世間に知られている。なぜなら、ITSSの普及と認知度向上に努力しているから。例えば、ITSSに基づいた資格制度や研修プログラムを提供している。

手順例

以下は、ITSSを活用した人材評価の手順です。

スキルインベントリの作成

スキルインベントリの作成は、第一歩である。なぜなら、何を評価するのか明確にする必要があるから。例えば、プログラミング言語やフレームワークの知識。

評価基準の設定

評価基準の設定は、次に重要である。なぜなら、ITSSに基づいて具体的な基準を決める必要があるから。例えば、初級、中級、上級といったレベル設定。

スキルテストの実施

スキルテストの実施は、評価の核心である。なぜなら、実際にスキルを測定する段階であるから。例えば、オンラインでのテストやプロジェクト課題。

結果の分析

結果の分析は、改善点を見つける工程である。なぜなら、テスト結果をもとに何が足りないのかを考える必要があるから。例えば、スキルギャップの特定。

フィードバックと改善

フィードバックと改善は、最終的なステップである。なぜなら、評価は一回きりではなく継続的に行うべきだから。例えば、定期的なレビューとスキルアッププランの設定。

類似語

スキルマトリックス

スキルマトリックスは、ITSSの類似語である。なぜなら、両者ともにITスキルを可視化し評価する目的があるから。例えば、スキルレベルをマトリックス形式で表示する。

コンピテンシーモデル

コンピテンシーモデルは、ITSSの類似語である。なぜなら、スキルだけでなく、態度や知識も評価する点で似ているから。例えば、ビジネススキルやコミュニケーション能力も考慮する。

キャリアパス

キャリアパスは、ITSSの類似語である。なぜなら、どちらも個々の成長と目標設定に関連しているから。例えば、将来の役割や目標に応じたスキルの必要性を明示する。

反対語

無計画

無計画は、ITSSの反対語である。なぜなら、ITSSはスキルや能力を計画的に評価するものだから。例えば、ITSSがあれば、どのスキルが必要かが明確になる。

主観評価

主観評価は、ITSSの反対語である。なぜなら、ITSSは客観的な基準で評価するため。例えば、主観評価では人それぞれの意見が入ってしまう。

不透明性

不透明性は、ITSSの反対語である。なぜなら、ITSSはスキルや能力を可視化する目的があるから。例えば、不透明性があると、何が評価されているのかわからない。

ITSSの注意点

ITSSを使用する時の注意点は、過度な依存である。なぜならば、ITSSはあくまで一つの基準であり、全てを網羅しているわけではないからだ。例えば、コミュニケーション能力や創造性はITSSでは評価しきれない。そして、これらも重要なスキルである。だから、ITSSは他の評価方法と併用することが大切。

ITSSとスキルマトリックスは、間違えやすいので注意しましょう。

ITSSは、IT業界に特化したスキルや能力の測定・評価の標準です。

一方、スキルマトリックスは、業界を問わず、スキルと人材をマッピングするツールです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました