ダークネット解説:脅威から守る未使用のIPアドレス

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 未使用のIPアドレスのこと
  • IP取得の起源
  • 不正アクセスの特徴調査に利用

ダークネットとは、未使用IPアドレスです。

概要説明

ダークネットとは未使用のIPアドレスのことである。 なぜならば、新たなIPアドレスを取得するときは、ここから取る。

例えば、新たなウェブサイトを開設するときだ。そして、ここには普通は接続がない。つまり、ここへの接続は不正アクセスの兆候である。

だから、ダークネットは不正アクセスの特徴を調査し、ネット犯罪を防ぐ役割を果たしている。

職業職種

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、ダークネットを使用する。なぜなら、新たなIPアドレスを割り当てる際に、ダークネットから取得するからだ。例えば、新たなウェブサイトを設定する時だ。

サイバーセキュリティ専門家

サイバーセキュリティ専門家は、ダークネットを調査する。なぜなら、不正アクセスの兆候を探すためだ。例えば、異常な通信が確認された時だ。

犯罪捜査官

犯罪捜査官もダークネットを活用する。なぜなら、ネット犯罪の特徴を調査し、犯罪者を追跡するのに役立つからだ。例えば、サイバー攻撃が発生した時だ。

ダークネット(darknet)は、英語に直訳すると、「暗いネット」、「闇のネット」です。

代表例

インターネットサービスプロバイダ(ISP)

ISPは、ユーザーがインターネットに接続できるようにする会社だ。そのためには、ISPがダークネットからIPアドレスを取得して、それをユーザーに配る必要がある。

セキュリティリサーチャー

セキュリティリサーチャーは、コンピュータのセキュリティについて研究する人々だ。ダークネットの未使用のIPアドレスが、ウイルスの攻撃を受けたとき、それを研究して新たなウイルスの特徴を発見することもある。

サイバー犯罪者

サイバー犯罪者は、ダークネットのIPアドレスを使って不正行為をすることがある。しかし、その活動はセキュリティリサーチャーによって監視され、発見されることが多い。

手順例

ダークネットからIPアドレスを取得する手順です。

ISPにサービスを申し込む

最初に、インターネットサービスプロバイダにサービスを申し込む。このプロバイダはダークネットからIPアドレスを取得してくれる。

インターネット接続設定をする

プロバイダから指示された手順に従って、コンピュータやスマートフォンの設定を行う。これにより、インターネットに接続できるようになる。

インターネットを使用する

接続設定が完了したら、インターネットを自由に使えるようになる。使用中はダークネットから取得したIPアドレスが自動的に使用される。

類似語

ダークウェブ

ダークウェブは、通常のインターネット検索エンジンで見つけることのできない、隠された部分のインターネットを指す。ダークネットとは違うが、混同されることが多い。

IPアドレス

IPアドレスは、インターネット上のデバイスを特定するための番号だ。ダークネットは未使用のIPアドレスのことを指す。

サイバーセキュリティ

サイバーセキュリティは、インターネット上の不正行為や攻撃からデバイスを守るための対策全体を指す。ダークネットのIPアドレスは、これらの対策を研究するために使われることがある。

反対語

クリアネット

クリアネットは、インターネットの公開された部分である。なぜなら、誰でもアクセスでき、見つけることが可能なからだ。例えばGoogleやFacebook。

ホワイトネット

ホワイトネットは、管理され、許可されたユーザーだけがアクセスできるネットワークである。なぜなら、これらのネットワークは管理者によって制御されているからだ。例えば学校や企業の内部ネットワーク。

サーフェスウェブ

サーフェスウェブは、普通のインターネットの見える部分である。なぜなら、一般的なウェブブラウザで見つけることができる情報がここにあるからだ。例えばWikipediaやニュースサイト。

会話例

ダークネットとインターネット

「ダークネットって何だよ?それって普通のインターネットと何が違うの?」
「ダークネットは未使用のIPアドレスのことで、普通のネットとは違い、特殊なソフトウェアがないとアクセスできないよ。」

ダークネットの危険性

「ダークネットって危険なの?」
「そうだよ。悪用する人もいるから、安全に使うためには十分な知識が必要だよ。」

ダークネットのセキュリティ

「でもダークネットって全部悪いことに使われてるの?」
「そうではないよ。不正アクセスの特徴を調べるためなど、セキュリティ対策にも使われるんだ。」

注意点

ダークネットを使用する時の注意点はプライバシーの保護である。なぜならば一部の人々が悪いことに使うからだ。

例えば個人情報を盗んだり、ウイルスを広めたりする。そして、知らないうちに法を犯す可能性もある。だから、ダークネットを利用する前には十分な知識と準備が必要だ。

ダークネットとディープウェブのは、間違えやすいので注意しましょう。

ダークネットは未使用のIPアドレスの領域です。

一方、ディープウェブはインターネットの非公開部分で、通常の検索エンジンでは探し出せない情報があります。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました